« 今日は畏友:岩佐三朗氏の4回目の祥月命日 | トップページ | 都知事になって貰いたい1位=誰も居ない! »

へぇ、こんな立派なアメリカ人も居るんだ?:イチロー賞賛

2016年06月15日
(へぇ、こんな立派なアメリカ人も居るんだ?:イチロー賞賛)


http://news.livedoor.com/topics/detail/11643798/


・トランプの暴言に自分を重ねて、ウカレポンチしている輩が多いと思っていたら、「先頭に立ってイチローを祝おう」という米辛口記者が居ると言う。日米通算は参考記録ではあるだろうが、「野球好きの国=日本がお祝いムードで盛り上がっているのに、水を差すことは無い!」という大人の対応だ。


・元々開幕前の春キャンプで、「1人黙々と練習するイチローに『モーツァルトのよう』と感嘆したことが始まりらしいが、日本では「日米通算の世界記録!」、アメリカでは「参考記録ながら偉大な記録!」と褒められるに越したことはない。


・ライブドアトピックスから、フルカウントの記事を以下。


・「【[米国はこう見ている]米辛口記者がローズに呼び掛け『先頭に立ってイチローを祝おう』】フルカウント 2016年6月15日 11時0分」


・「★キャンプで1人黙々と練習するイチローに『モーツァルトのよう』と感嘆・・・13日(日本時間14日)パドレス戦で3安打したマーリンズのイチロー外野手が日米通算安打数を4255本とし、ピート・ローズの持つ歴代最多安打記録4256本までマジック1となったことで、アメリカでは日米通算記録の捉え方についての議論が噴出している」


・「13日の米全国紙『USAトゥデー』電子版では、祝福ムードに沸く日本に対して『彼らは(安打王の)自分をヒットクイーンにしようとしている』と嫌悪感を示すローズの様子を伝えていた」


・「頑ななまでに『日米合算記録は認めない。日本の野球はメジャーより劣る』と主張しているローズ氏に対して、舌鋒鋭いことで知られるニューヨークのジョエル・シャーマン記者が『NYポスト』電子版で『ピート・ローズの嫌みにイチローの記念すべき瞬間を台無しにさせるな』と題したコラムで、ローズ本人に『寛大になろう』と呼び掛けている」


・「イチローがヤンキースに在籍した2014年の春、オープン戦遠征メンバーに入らず、球団キャンプ施設に残って練習するイチローの姿を偶然見掛けたシャーマン記者は、『45分間も、イチロー・スズキは本塁に立って、打席で素振りしてから全力でベースを走る練習をしていた。』と当時の様子を振り返っている」


・「遠征に同行しないのはベテラン選手の特権で、早めに練習を切り上げて家族との時間を楽しむ人が多い。だが、単打からの本塁生還、二塁打からの本塁生還、最後はランニングホームランで締めくくる走塁練習を一人黙々とこなすイチローの姿に感嘆したという」


・「翌日イチローに練習の話を聞くと、『試合のあらゆる可能性に対応できるようにしておきたい』という答えが返ってきたそうだ。『人類最高の俊敏な運動能力とハンド・アイ・コーディネーションを持った男でも『正確で無駄ない動きに磨きが掛かったのは、私が見たような練習を何百時間と繰り返したから』と陰の努力を称え、『自分の技術を無駄にしない天才。モーツァルトも一人でピアノを弾き続けた』と不朽の天才音楽家を引き合いに出して絶賛している」


・「★ローズとイチローの共通点『体の芯と魂は野球と孤独な練習時間で満たされている』・・・ニューヨークのブルックリン育ちながら、幼少期はピート・ローズが大好きで、近所では一人でシンシナティ・レッズのファンだったというシャーマン記者は、USAトゥデーに掲載されたローズのコメントを引用」


・「『現役を終えてからのローズは残念としか言いようがない。日本の野球がメジャーほどでないことは、熱心なファンなら分かっていること。ローズが一言添える必要はない』とバッサリと切り、『永久追放の一件もあり、ローズは自己防衛をするために、野球に対する愛情で自分をがんじがらめにしてしまっている。どうして我々の国民的スポーツに魅了された野球好きの国(=日本)の大切な瞬間を台無しにするのか?』と嘆いている」


・「★最後には幼少期の英雄、ローズへの愛情もにじませながら、こう綴っている・・・『スズキの功績達成で、ローズが見劣りするようなことはない。逆に、彼がいかに素晴らしい選手だったかを思い出させてくれる。4256安打、まったくもってワオッというしかない数字だ」


・「2人のプレースタイルは違う。ローズは泥臭さと狂気な一面を持つ一方で、スズキはバリシニコフ(露バレエダンサー)の優雅さを持つ。だが、2人の共通することは、体の芯と魂には野球、そして完璧を求めるために費やした何千時間という孤独な練習時間で満たされている。ローズこそ、春キャンプで1人ランニングホームランの練習をする仲間(=イチロー)を祝福する先頭に立つべきだ』」


・「数は大小や優劣を決めるかもしれないが、4000安打という異次元な空間に達した2人の努力と功績には誰も優劣をつけることはできないのだろう」・・・

« 今日は畏友:岩佐三朗氏の4回目の祥月命日 | トップページ | 都知事になって貰いたい1位=誰も居ない! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: へぇ、こんな立派なアメリカ人も居るんだ?:イチロー賞賛:

« 今日は畏友:岩佐三朗氏の4回目の祥月命日 | トップページ | 都知事になって貰いたい1位=誰も居ない! »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト