« チャイナ軍艦尖閣侵入にダンマリ:翁長知事 | トップページ | 対チャイナ尖閣局地戦の開戦か? »

『韓民族こそ歴史の加害者である』石平著

2016年06月11日
(『韓民族こそ歴史の加害者である』石平著)


http://www.sankei.com/life/news/160611/lif1606110015-n1.html


・我らの周りにも、必ず居るではないか?「騒動屋」、今で言うと「トラブルメーカー」という輩。「心が平らかでない」ってか、「丸くない」ってか、兎に角「トゲトゲ」「カウカク」していて、どうでもいいことでも必ず「一言申し上げたい」と手を挙げる奴。日本人にも結構居るから、「訳の分からん市民団体」も多い。


・私は昨年『G4(爺4)』というサークルを作ったが、大学新卒で入った伊太利亜・国策企業的コンピュータメーカーの日本法人(今は転々と変わって名称も残ってない)の2期生・3期生・4期生・5期生の4人組である。2期生は広島から、3期生は京都から、4期生は大阪南部の岬町からだから、5期生の私の住処が集まりやすい。年3~4回の集いだが、みんなその年までビジネスの最前線を走って来た経験が豊富だから、「人を見る目」だけは厳しい。


・厳しいから、「波長が合わない人間」は排除する。これから『G4+1』とか『G4+2』とか、未だ現役の後輩は加えて行くが、『G20』のような馬鹿はやらない。「波長が合う人間」だけの集まりだからだ。


・私は「1.馬鹿な安倍ちゃんが始め『秋波』を送っていたことと、2.女性だからということと、3.親日:パク・チョンヒ元大統領の娘さん」ということで、パックネ政権の間はこれまでの路線で仕方がないが、ポスト・パックネは〔パン・ギムン〕に決まっているのだから、今から「国交断絶の用意」だけはどんどん進めておくべきだと主張している。「波長が合わない」ってより、「不倶戴天の敵」のような民族と付き合うことはないし、〔パン・ギムン〕こそ、その象徴のような輩だからだ。


・北京大卒・日本帰化人の〔石平〕氏が、良い本を書いてくれた。産経ニュース・[編集者のおすすめ]から、記事を以下。


・「【外国軍巻き込む悪癖に警鐘 『韓民族こそ歴史の加害者である』石平著】産経ニュース・[編集者のおすすめ] 2016.6.11 11:30更新」


・「2013年3月、朴槿恵(パククネ)大統領の『(われわれは)千年不変の被害者』発言に疑問をもった人は多かったようです。著者もその一人で、3年をかけて朝鮮史の専門書を読破」


・「『韓民族はその長い歴史において、たびたび外国からの侵略を受けてきたと主張しているが、それは一概に真実とはいえない。大半の場合、むしろ韓民族自身が、外国に嘆願するような形で、外からの侵略軍を半島内に招き入れてきた』との結論に達したのです」


・「古代の三国統一戦争で唐に頼って百済と高句麗を滅ぼした新羅の行動。さらには高麗が日本侵略を元に提案し、そのお先棒を担いだ理由。有力者が日清露の間を揺れ動いたために日清・日露戦争が起きたこと」


・「米中の若者に多大な流血を強いた朝鮮戦争のいずれも、『外国軍を半島内の勢力争いや内輪もめに巻き込んで、その力を利用する』悪癖の結果だと断じるのです」


・「1500年の歴史の教訓は、半島の内紛に巻き込まれた外国はいつも多大な犠牲を払うということ。今日の北朝鮮の言動も『トラブルメーカー』の変わらぬ本質が表れたものと指摘、関係国に警鐘を鳴らします」


・「よく誤解されますが、本書は日本の責任を全否定する内容ではありません。日韓の不幸な過去に起因する感情論に陥りがちな日本人に、『半島の歴史の実態は、一方は単なる加害者で、他方は単なる被害者であるという単純な図式で片づけられるものだったのか』という冷静な議論の材料を提供しているのです。(飛鳥新社・1389円+税:飛鳥新社出版部 工藤博海)」・・・

« チャイナ軍艦尖閣侵入にダンマリ:翁長知事 | トップページ | 対チャイナ尖閣局地戦の開戦か? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『韓民族こそ歴史の加害者である』石平著:

« チャイナ軍艦尖閣侵入にダンマリ:翁長知事 | トップページ | 対チャイナ尖閣局地戦の開戦か? »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト