« 舛添知事釈明会見再び(7)完 | トップページ | 90分200万円の講演料 »

『火の鳥ニッポン』奮戦続く:対ドミニカ戦

2016年05月21日
(『火の鳥ニッポン』奮戦続く:対ドミニカ戦)


http://www.asahi.com/articles/ASJ5N435XJ5NUTQP00R.html


・対「タイ戦」の1セット目、その前の「韓国戦」で小指を負傷した〔木村沙織主将〕をベンチスタートさせたもんだから、思わぬ苦戦を強いられた日本は、今回1セット目から主将を出場させた。しっかしま、世界中強くなっている。特にドミニカの201cmの選手は未だ19歳というから末恐ろしい。


・「タイ戦」で2セットも落としているので「勝点」が減少。どうしても今回の「ドミニカ戦」では3-0で勝つ必要が有ったが、日本がエースとして期待して来た〔古賀〕選手の出場は、今回も無かった。予定通り勝つには勝ったが、はて、今日の「イタリア戦」、どうなるのだろうか?頑張れ『火の鳥ニッポン』!


・GOOGLEニュースから、朝日新聞デジタルの記事を以下。


・「【バレー女子、五輪に王手 ドミニカ共和国破る 最終予選】朝日新聞デジタル 2016年5月20日21時55分」


・「バレーボール女子のリオデジャネイロ五輪最終予選は20日、アジア大陸予選を兼ねて第5日が東京体育館であり、日本(世界ランキング5位)は、ドミニカ共和国(同7位)を3―0で破って通算4勝1敗となり、五輪出場に王手をかけた」


・「イタリア(同8位)がオランダ(14位)に敗れ、全勝は消えた。現在4位の日本は21日のイタリア戦に勝てば、五輪出場権獲得。試合前に5位タイと6位ペルーの両方が敗れた場合にも、日本の4大会連続の五輪出場が決まる」


・「★イタリア、3位に後退・・・21日に日本が対戦するイタリアはリオ切符目前で足踏みした。勝てば出場8チームで五輪出場権獲得一番乗りとなるはずだったが、強力なサーブで攻めてきたオランダにストレートで敗れ、1位から3位に後退」


・「デルコーレ主将は、14―25と大差がついた第3セットについて、『ギブアップしたような試合になった。日本は守備が堅く、長い試合になると思うけど、じっくり落ち着いて頑張る』」



・「タイ(2勝3敗)3―0カザフスタン(5敗)、韓国(4勝1敗)3―1ペルー(2勝3敗)、オランダ(4勝1敗)3―0イタリア(4勝1敗)」

« 舛添知事釈明会見再び(7)完 | トップページ | 90分200万円の講演料 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『火の鳥ニッポン』奮戦続く:対ドミニカ戦:

« 舛添知事釈明会見再び(7)完 | トップページ | 90分200万円の講演料 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト