« 日米同盟が消える日(上) | トップページ | 米軍撤収もご勝手に!日本の開き直り論 »

助っ人出場でイチロー頑張る!

2016年05月24日
(助っ人出場でイチロー頑張る!)


http://news.livedoor.com/topics/detail/11557568/


・毎回のスタメン出場と違って、怪我人が出た場合の助っ人出場は過酷だ。我がイチローが、いかに毎日正確なトレーニングを続け、心に張りを漲らせているかが解る「3戦連続マルチ安打」である。


・『3000本安打クラブ入り』は「来シーズンで!」とキッパリ決めておいた方が、リキまずに良い仕事が出来る筈。ところが日本のアホマスコミは、またまた「日米通算安打」を持ち出している。


・解りやすく例えれば、我が日本球界でも「台湾選手が『台日通算安打』と主張しても誰も採り合わない」のとオンナジで、「また日米通算4238本とし、最多安打のピート・ローズの4256本まで『18』とした」などの空しいカウントは止めた方がいい。


・ライブドアトピックスから、フルカウントの記事を以下。


・「【イチローまた4安打で驚異の打率.417 3戦連続マルチで3000安打まで『40』】フルカウント 2016年5月24日 11時27分」


・「★チームを勝利に導く活躍、ここ3試合13打数10安打で打率4割超え・・・マーリンズのイチロー外野手が23日(日本時間24日)の本拠地レイズ戦で今季初めて3試合連続でスタメン出場し、またも4安打を放った。ここ3試合連続マルチ安打で、13打数10安打。打率は驚異の.417となった」


・「1試合4安打以上は現役最多の53度目で、メジャー通算2960安打とし、3000安打まで残り40本。また日米通算4238本とし、最多安打のピート・ローズの4256本まで『18』とした。マーリンズはイチローの活躍もあり、7-6で競り勝った」


・「イチローが止まらない。この日も背中を痛めたイエリッチに代わり、『1番・レフト』でスタメン出場。その第1打席。相手先発の左腕ムーアから中前打を放つと、プラドのレフトオーバーの二塁打で生還。さらに同点の2回1死走者なしの第2打席では左前打。1点を勝ち越した後の4回2死三塁の第3打席では右前適時打に放った」


・「6回2死一塁の第4打席では2番手右腕ラミレスに一ゴロに打ち取られたが、同点に追いついた直後の8回1死一塁の第5打席では左腕ロメロからライトへこの日4本目のヒットをマーク。一、三塁とチャンスを広げると、マーリンズはプラドの投ゴロの間に勝ち越しに成功した」


・「イチローはここ3試合で10安打を放ち、3000安打に一気に40本と迫った。同一シーズンの3試合連続複数安打はヤンキース時代の2012年9月19日から22日の5試合連続以来、4年ぶり。21日(同22日)のナショナルズ戦でも4安打を放っており、この日も5打数4安打1打点1得点の活躍。イチローのバットは絶好調だ」・・・

« 日米同盟が消える日(上) | トップページ | 米軍撤収もご勝手に!日本の開き直り論 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 助っ人出場でイチロー頑張る!:

« 日米同盟が消える日(上) | トップページ | 米軍撤収もご勝手に!日本の開き直り論 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト