« イチロー、3000安打まであと46本だが | トップページ | 雪隠便所が、公衆便所に嗤われる! »

『火の鳥ニッポン』、オランダを破りアジアN0.1に!

2016年05月23日
(『火の鳥ニッポン』、オランダを破りアジアN0.1に!)


http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160523/k00/00m/050/059000c


・いやぁ、女子バレーは『東洋の魔女』以来のフアンなので、もう半世紀も応援している。カメラ技術が発達し、受信機も高精細画面になり、スローモーション画像も「チャレンジ」制度など、「コンピュータグラフィックス」なども導入され、面白さは格別だ。


・しかもここまで「個々の選手」の大アップ画面を放映してくれれば、選手冥利にも尽きる。日本は世界有数の女子バレー視聴率だそうだが、これも頷ける。ただ、今回は「熱戦・奮戦」なので、こちとらも連日、ガックリ疲れた!


・最終戦のオランダは、「ヨーロッパのサウスコリア」と言われる「反日国」である。理由は簡単、大東亜戦争で日本が攻め込んだインドネシアが、オランダの植民地だったからだ。当然多くのオランダ兵は戦死し、現地に居たオランダ女子も日本軍の慰安婦にされた。戦争の宿命である。


・しっかしま、日本の1945年の敗戦をチャンスとして、オランダは再びの植民地化を狙い、2回もインドネシアに攻め込んでいる。スカルノをテッペンとするインドネシア解放戦線もよく戦ったが、陣頭指揮したのは「残留日本兵約5000人」である。彼らの奮戦と作戦指導で、インドネシアは1949年12月、ホントの独立を勝ち取っている。


・日本は江戸の鎖国時代、オランダにだけ長崎を開港して通商を許していたし、皇太子ご一家がオランダの皇族と親交を続けているので、日本人の多くは「親日国」と錯覚しているようだが、どっこい、筋金入りの「反日国」なのである。


・選手同士は情も有り、イタリアが2,3セットを奪ってリオ行きを決めたあと、4セット目を日本に与えたのは、我らほどの歳になれば「ありがとうね」の見方にもなるが、サウスコリアと同様の反日国のオランダは、最後まで日本に牙を剥いて挑んで来た。


・今大会の最終戦、このオランダをフルセットで破り、サウスコリアを抜いて「アジアの女王・第1位」としてリオに向かえるというのは、何という快挙だろう。ご苦労様『火の鳥ニッポン』!そしてリオ五輪では頑張れ!


・毎日新聞、昨夜遅くの記事から以下。.


・「【バレー女子 日本、オランダ破り3位 五輪世界最終予選】毎日新聞 2016年5月22日 22時54分(最終更新 5月22日 23時48分)」


・「バレーボール女子のリオデジャネイロ五輪世界最終予選兼アジア大陸予選は最終日の22日、東京体育館で行われ、21日に五輪出場権を獲得した日本はオランダをフルセットの末に降し、通算5勝2敗で勝ち点を14とした」


・「オランダと勝敗で並んだが、勝ち点で及ばず、3位で終えた。既に五輪出場権を獲得していた上位4チームは最終的に1位がイタリア、2位がオランダ、4位が韓国となった」


・「日本はセッターに今大会初めて田代佳奈美(東レ)を起用。粘りで第4、第5セットを連取して逆転した。男子は28日に開幕し、日本は2大会ぶりの五輪切符獲得を目指す」

・「★セッター・田代、トスリズム良く・・・4大会連続の五輪出場を21日のイタリア戦で決めていた日本。主将の木村が『自分たちは、すごくもろい。五輪までに一回り強くなるために勝ちたい∴と臨んだ最終日のオランダ戦で、進境を示したのは強化ポイントのセッターだ」

・「宮下に代わり、セッターで起用されたのは25歳の田代。序盤は荒木、島村の移動攻撃を見透かされ、得点につなげられない。だが、木村の強打で第2セットを奪うと、田代のトスはテンポが良くなった。長岡のミドルを多用して得点を重ね、試合を引っ繰り返した」

・「日本は2012年ロンドン五輪で28年ぶりに銅メダルを獲得した。その道のりで荒木、木村ら攻撃陣を巧みなゲームメーキングで導き、成長を促したのはセッターの竹下だ。13年に竹下が引退し、真鍋監督は『ロンドンまでは竹下たちがスパイカーを育てた。今度はスパイカーがセッターを育てる番』と言う」

・「今大会で正セッターを務めた21歳の宮下は正確なトスが光るが、攻撃はサイドに偏りがちだった。なかなか出場機会を与えられなかった田代は『最初からセンターの打数を増やすことを意識した。アタッカーが決めてくれて、自分も頑張ろうと思った』と差別化を図っていた」


・「各国が温存してきた戦術を披露する五輪では試合中の修正能力が勝敗を分ける。2大会連続の表彰台に向けて、司令塔のセッターが競い合い、成長していくことは欠かせない。【大谷津統一】」・・・

« イチロー、3000安打まであと46本だが | トップページ | 雪隠便所が、公衆便所に嗤われる! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『火の鳥ニッポン』、オランダを破りアジアN0.1に!:

« イチロー、3000安打まであと46本だが | トップページ | 雪隠便所が、公衆便所に嗤われる! »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト