« かくして日本の原発は全廃される! | トップページ | 熊本城復元は急務! »

明日22日から、胃がん経過観察の第2クール

2016年04月21日
(明日22日から、胃がん経過観察の第2クール)


・ちょっと前までは、「胃がん」と言えば開腹・切除手術で、「胃がどれだけ残せるか?」の話がアタリマエダだった世界だ。しっかしま、日本発の「内視鏡的胃粘膜下層剥離手術」は、これを劇的に変えた。早期胃がんは開腹・切除手術ではなく、「内視鏡的胃粘膜下層剥離手術」が可能になったのだ。


・私は2008年5月14日(水)に「第4次バトル」としてこれをやった。「胃がんが、胃の5層構造の、1層目に留まっていること」が大前提で、私は2cm×4cmの、結構大きかった胃がんを剥離した。剥離痕は4cm×6cm程の「人工胃潰瘍」になって後遺症に苦しんだが、何とか酒も呑めるようになり、体重も100kgに戻せた。


・しっかしま、2015年4月21日の「第5次バトル」は大変だった。2008年の胃がんは、大きくても「分化型胃がん」だったが、2015年のそれは、性質(たち)の悪い「未分化型胃がん」だったのだ。1.胃の1層目に居て、2.大きさも2cm以下だったが、3.潰瘍性が認められてしまったのだ。


・教科書通りなら、消化器外科に転科して入院・開腹切除手術だったのだ。胃は3/4取られる。私は迷いに迷ったが、1.1/4になった胃を抱え、2.一人暮らしで、3.殺人的に暑い大阪の夏を越えるのは困難と判断し、敵前逃亡にはなるが「約1年の経過観察の道」を選んだのだ。


・1.血液検査と胃周辺のCT、2.血液検査と肝臓中心のMRI,3.胃カメラで1クール。今年正月早々の1月6日(水)に3.を終えた。1.も2.も3.も、〔放射線診断部・山浦ドクター外来〕と〔消化器外科・伊藤ドクター〕の、翌週・巡礼外来が有る。それでも何とか、1クール目はクリア出来た。


・明日4月22日(金)は、2クール目の1.である。何故か今度の「巡礼外来」は27日(水)である。そんなことでブログが疎かになりますが、ご勘弁くだされ。『愛知県がんセンター・中央病院(名古屋)まで、行って参ります!

« かくして日本の原発は全廃される! | トップページ | 熊本城復元は急務! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日22日から、胃がん経過観察の第2クール:

« かくして日本の原発は全廃される! | トップページ | 熊本城復元は急務! »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト