« 危うしピョンチャン!又も呆れニュース | トップページ | チャイナに移住しろ!:翁長カツラ知事 »

そうだよ、何も変わらんよ

2016年04月13日
(そうだよ、何も変わらんよ)


・今投稿した記事で、『高校同級(山岳部)・〔鶴見増男〕クン=60歳で早世』のことが懐かしく偲ばれたので、ココログの記事一覧にその名を入れてみたら、ココログを始めた2010年4月早々の投稿記事が見つかった。下線以下にその記事を。以下。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2010年4月27日
(50年前と同じ風が)


・陸上競技場には、やっぱり風が吹いていた。50年前と同じ風。私は18歳で、映画【ベン・ハー】の〔メッサラ〕の格好をしていた。そう、ローマ甲冑も凛々しいあの姿だ。竹刀競技時代のみっともない防具を土台に、ビニールの椅子カバー素材を山ほど縫い付けて作った。兜は真鍮ナベを加工した。鎧下のドレスは、嫂が作ってくれた。


・60歳で逝ってしまった鶴見に〔ベン・ハー〕を譲った。二人で大応援旗を振った。調子に乗って数人の下級生にリヤカーを曳かせ、二人で乗って競技場を一周した。待っていたのは、信頼してその運動会の実行委員長を私に任せた金田先生の鉄拳だった。鍋の兜が思いっ切りへこんだ。


・昨日『愛知県がんセンター』で定例のMRIのほか、胸のレントゲンと採血をやった。しかし夕方5時、中学同窓の冨野と佐久間と呑む時間までには未だ2時間半もある。いつものように地下鉄を乗り継いで、鶴舞公園の中央図書館へ行ったら『月曜休館!』だった。仕方なくトボトボと行った陸上競技場。大正2年に作られたそこは、何も変わらない佇まいを見せてくれていた。


・スタンドに腰掛け、懐かしくて高校友人の木下に電話した。「何にも変わってないなぁ」と言うと、彼は「そうだよ、何も変わらんよ」と言った。激変した私の人生を乗せて言った言葉だったが、木下は解っていたのか知らぬふりをしたのか?はたまた「何も変わらんよ」と励ましてくれたのか??


・陸上競技場に吹く風は、ホントあの日のままだった。「あの一角が我らの陣地だった」「あそこで鶴見と大団旗を振ったんだ」「あの指令台で河村が下手なファンファーレを吹いたなぁ」「あの辺りで金田に殴られた」「入り口にはマスゲームを演じる3年女子が待機していたのに、リヤカーの競技場一周でストップさせてしまったわ」・・・もう初夏を感じさせる風は、思いっ切り優しく老残の私を包んでくれていた。

« 危うしピョンチャン!又も呆れニュース | トップページ | チャイナに移住しろ!:翁長カツラ知事 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そうだよ、何も変わらんよ:

« 危うしピョンチャン!又も呆れニュース | トップページ | チャイナに移住しろ!:翁長カツラ知事 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト