« 田原・鳥越・岸井は、ジャーナリストか? | トップページ | ミスターの深い悲しみ:分かるなぁ »

アメリカよ、一発かませろ!:南シナ海

2016年03月05日
(アメリカよ、一発かませろ!:南シナ海)

http://www.sankei.com/world/news/160305/wor1603050028-n1.html


・チャイナもポンコツ空母『遼寧(りょうねい)』を出して来られないってことは、やっぱりどうしようもないポンコツだからだろう。今どこかの造船所で2隻だったか3隻だったかの空母を造成中だと言うが、テスト航海も間に合っていないので話にならない。


・アメリカはその気にさえなれば、グアムからB-52戦略爆撃機を飛ばして来なくても、空母『ジョン・C・ステニス』の甲板の上から、爆撃艦載機を繰り返し飛ばせば、チャイナの南沙諸島基地のミサイルなんざ、数時間で壊滅するだろう。


・睨みを利かせているだけでは、いつか「睨み」の意味が消える。先ずは火蓋を切ることだ。チャイナ・チャイニーズを震え上がらせてやらねばならぬ。

・産経ニュース・[緊迫・南シナ海]から、記事を以下。


・「【米海軍の大艦隊が中朝と対峙 『見たことのないほど多く』の中国軍艦艇が接近監視】産経ニュース・[緊迫・南シナ海] 2016.3.5 10:25更新」


・「【ワシントン=青木伸行】米国防総省は4日、原子力空母『ジョン・C・ステニス』を旗艦とする空母打撃群が、南シナ海で警戒・監視活動を行っていることを明らかにした」


・「南シナ海の軍事拠点化を急ピッチで進める中国を、強く牽制(けんせい)するものだ。ただ、ステニスの幹部は『艦隊の周囲には、これまで見たことのないほど多くの中国人民軍の艦船が集まっている』と伝えている」


・「ステニスにはイージス駆逐艦の『ストックデール』と『チャン・フー』、ミサイル巡洋艦『モービル・ベイ』が随伴している。米軍横須賀基地(神奈川県)に配備されているイージス巡洋艦『アンティータム』も警戒・監視に当たっており、第7艦隊の旗艦『ブルー・リッジ』はフィリピンのマニラに寄港している」


・「ステニスは1月中旬に米ワシントン州を出港し、2月4日に西太平洋に入った後、北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射への警戒に当たったとみられている」


・「南シナ海での空母打撃群の展開について、国防総省は『昨年秋に空母『セオドア・ルーズベルト』が行ったのと同様に、通常の活動で国際法に合致している』(報道官)と強調した」


・「ステニスは7日から開始される米韓合同軍事演習に参加する予定で、中国と北朝鮮の双方を牽制する任務を帯びているもようだ」・・・

« 田原・鳥越・岸井は、ジャーナリストか? | トップページ | ミスターの深い悲しみ:分かるなぁ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカよ、一発かませろ!:南シナ海:

« 田原・鳥越・岸井は、ジャーナリストか? | トップページ | ミスターの深い悲しみ:分かるなぁ »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト