« へぇ?そんなことでも逮捕されるんだ? | トップページ | 日本死ね 共産支持層87%共感 »

白鵬衰えたか?駄目押し・顔面ひじ打ち

2016年03月21日
(白鵬衰えたか?駄目押し・顔面ひじ打ち)

http://www.sankei.com/sports/news/160321/spo1603210025-n1.html


・私は「日本大相撲の屋台骨」を支えて来てくれたのはモンゴル人力士らだと思っているし、「古今無双の大横綱」だった大鵬の優勝記録を破った白鵬には、「モンゴル籍のまま、一代年寄を認可」してあげてもいいという思いも変わらない。


・それにしても今場所の白鵬の相撲は荒い。「駄目押し」だけでなく、左張り手のあとの右「かち上げ」は、「かち上げ」ではなく完全に「顔面ひじ打ち」である。とても横綱相撲ではない。エジプト人力士の大砂嵐が一時やり捲っていたが、裏で親方が注意されたのだろう、最近この「卑怯技」は止んだ。


・しっかしま、今日も白鵬は栃煌山に対してこれをやった。栃煌山にしてみれば、先場所は「顔面右手出し」、先々場所は「猫だまし」、そして今場所の今日は「左から張られ、右ひじで顔面打ち」である。脳震盪を起こして為すすべもなく敗れたが、心の中は「何だ!あんなのが大横綱かよ!」という思いで一杯だろう。


・双葉山を崇拝し、「少年相撲・白鵬杯」も、もう4年(5年だったか?)やってくれている白鵬だ。こんな「無様な勝ち方」を続けなくても、協会は早く「一代年寄の栄誉」を与えるべきだ。でないと、「白鵬の荒い相撲」で、相撲人生どころか親方人生まで棒に振る連中が続出するぞ。


・産経ニュース・[大相撲]から、記事を以下。


・「【伊勢ケ浜審判部長 白鵬の駄目押しを注意】産経ニュース・[大相撲] 2016.3.21 20:25更新」


・「日本相撲協会の伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)は21日、春場所8日目(20日)の関脇嘉風戦で、勝負が付いた後に相手の足を抱え土俵下へ駄目押しをした横綱白鵬を注意した」


・「落ちてきた嘉風と激突し、土俵下の井筒審判部副部長(元関脇逆鉾)が左脚を骨折。白鵬は『申し訳ない。(井筒親方に)何でもしたいという気持ちでいっぱい』と語った」


・「21日の取組後、審判部に白鵬を呼び出して注意。白鵬は4日目にも隠岐の海を押し出した後にもう一押ししており、伊勢ケ浜部長は『駄目押しは危険なんだとしっかり意識してもらわないと』と厳しく指摘した」・・・

« へぇ?そんなことでも逮捕されるんだ? | トップページ | 日本死ね 共産支持層87%共感 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鵬衰えたか?駄目押し・顔面ひじ打ち:

« へぇ?そんなことでも逮捕されるんだ? | トップページ | 日本死ね 共産支持層87%共感 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト