« 今日は『愛知県がんセンター』です | トップページ | 新国立競技場 »

流石に近鉄往復は疲れました!

2015年12月19日
(流石に近鉄往復は疲れました!)


・昨18日は早起きし、阪急やら近鉄やらタクシーを乗り継いで、『愛知県がんセンター』の1.血液検査と、2.MRI検査に行って参りました。これで「胃の3/4を取る」手段を逃れ、「先楽後憂?」の「経過観察」に逃れた4つ目の検査です。(写真:GOOGLE画像から、愛知県がんセンター全景)


Imgres_2


・年の瀬なので病院は閑散としていましたが、2基あるCTの1基が不調のようで、CT検査の方々の所は混雑していました。私はMRIだからと地下に降りましたら、MRIの方も「念入りに診なければならない」患者さんが多かったようで、20分ほど待たされました。


・2000年から、もう15年もMRIをやっているので「そうか、かれこれ30回なんだなぁ」と感慨。両腕万歳のカタチが正しいけれど、毎回腕を上方に押し潰され、肩が壊れてしまったのは「こ奴のせいだ!」と、丸い穴の上方にセットされたスライダーを恨む。今回は1.シェー!のポーズやら、2.両手で自分の首絞めポーズやらテストするも、全部腕が天井にぶつかって肩がズキンと痛くてダメ。


・「もうこうなりゃ、東海林太郎しか無いわな」と言っても、技師さんも女医さんもポカン。「直立不動、キヲツケ!の姿勢だよ」と説明し、ちょっと写りを心配しながらもそれで行きました。何せ2000年から15年間、同じ技師さんが診てくれているのが、何よりの信頼です。若しかして、彼こそが私の命の見守り役なのでは?などと感謝しながら、長い長いMRI撮影を終えました。


・4時頃に大須の居酒屋に到着したら、私が現役社長の頃、修理された製品を清掃し梱包・出荷するために働いてくださっていたパートさん4人の中の、別嬪さん1人がポツネンと待っていてくれました。何と「14年ぶりの再会」でした。中学、高校の同窓生3人(内1人は『勲章オバサン』)も来てくれ、その上に病状が回復している『ギターの社長』までが、7月の折の約束を守ってヒョッコリと、長身・端正な顔を出してくれました。


・お蔭様で客が立て込んで来る夕方の暫しの間、巧みなアコースティックギターの演奏で、懐かしいフォークソングを何曲も唄うことができました。神の思し召しなのか、ホントにありがたや!こんな私に素晴らしい忘年会のセットがされていました。


・帰りも近鉄で帰阪しましたが、基本的に私の住処は大阪市の北部です。近鉄は皆様ご存知の難波・上本町・鶴橋の南都ですから、ヘトヘトで帰阪したあとにまた、住処まで舞い戻る難行が待っています。名古屋9時最終のアーバンライナーに乗りましたが、上本町から鈍行で1区間の日本橋まで行き、そこから阪急で住処近くの駅まで。そこからまたタクシーです。部屋に舞い戻ったのは深夜12時でした。


・来年1月6日は、1.消化器内科の胃カメラ、2.今回のMRIの結果外来で放射線診断部、そして3.消化器外科にも。朝も早いので新幹線の早得キップを入手しておいてそれにせざるを得ませんが、どうなんでしょう、近鉄利用が果たして安いのか?疲労度も含めての疑問です。


・大阪~名古屋間など〔こだま〕で十分なのですが、早得は〔のぞみ自由席〕なのです。私は「LCCがどんどん発展して新幹線を食い、JRも〔こだま格安〕に本腰を入れる時が来い!」と切望していますが、うぅん?私の寿命が尽きるのとどっちが早いのだろう??

« 今日は『愛知県がんセンター』です | トップページ | 新国立競技場 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流石に近鉄往復は疲れました!:

« 今日は『愛知県がんセンター』です | トップページ | 新国立競技場 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト