« アホらしいが、これが真相か?:「北」のドタキャン | トップページ | 前産経ソウル支局長裁判:米・国際法学者の見解 »

流行歌は昭和で終わっている:歌詞パクリ騒動

2015年12月15日
(流行歌は昭和で終わっている:歌詞パクリ騒動)

http://www.sankei.com/column/news/151215/clm1512150003-n1.html


・昨夜深酒して、「そうだ、〔ビング・クロスビー〕の『ホワイトクリスマス』を唄うシーズンだ」と気付いて唄った。もう彼が逝ってからでも38年、この歌が生まれたのは1941年(私の生年の1年前)というから、私なんざもう、カラオケが出来た遥か昔から唄っていたので、所謂「堂に入っていた」筈だ。


・普段「ド演歌の新曲をいくつ知っているか?」で競っている客はみんな茫然自失、大年増のママでさえ「初めて聴いた」感だった。大阪の、淀川を北に越えた辺地では、当然だったかも知れないが、クリスマスソングの定番にも触れずにやって来られた皆さんの人生が、逆に羨ましかったものだ。


・故・森繁久彌翁が名言を残されている。「歌は語れ 台詞は歌え」と。トーシローながら、私はそれを守って唄っている積もりだ。今のクソガキらは日本語で唄っているのに、何語なのか判らない。「喉声」「口先唄い」「マイクの近付け過ぎ」で、我らのクソガキの頃には「音楽の教師に叱られ、廊下に立たされた」禁じられた歌唱法なのである。


・テレビのワイドショーで何度もやっていたが、これは作詞家オバサンの『ミスチル』からの「完璧なパクリ」で(このオバサンも、誰か下請けを使ったのかも知れないが)、唄ってCDにまでした『平浩二』は被害者だろう。


・「歌詞の聴き比べ」で、何度も『ミスチル』と『平浩二』の歌のパートパートが流されたが、何と歌唱力の違うことか?『ミスチル』フアンには悪いが、「単に怒鳴って、がなっているだけ」ではないか?それに比べて『平浩二』の歌は、確実にこっちの心に届いていた。流行歌(はやりうた)は、確実に昭和で終焉している。


・産経ニュース・[産経抄]から、記事を以下。

・「【流行歌が聞こえない 誰一人気づかなかった演歌の歌詞盗作疑惑 12月15日】産経ニュース・[産経抄] 2015.12.15 05:04」
 

・「現地の人が、日本の古い童謡を口ずさむ。小紙のシンガポール支局長などを務めた千野境子(けいこ)さんが、東南アジア各国で、しばしば目にした光景である。それでも昨年8月、マレーシアで開かれた夕食会での出来事には、驚いた」


・「▼そろそろお開きに近づいたころ、テーブルの一角から、戦前の名曲『支那の夜』(解説:作詞=西條八十の名曲)が聞こえてきた。完璧な日本語で歌っていたのは、80歳を過ぎたインド系の元判事だった。日本の占領下だった少年時代に、教わったのだろう。同席者もハミングを始めた。『東南アジアの、ある年代以上の人々にとって、『日本』とはこのような形で存在している』と実感したという(『日本はASEANとどう付き合うか』草思社)」


・「▼今の日本で、『支那の夜』を歌える人がどれくらいいるだろう。同じ時代を生きた者同士、誰もが親しみを感じる。そんな歌が、失われて久しい。今年1年を振り返っても、世代を超えて受け入れられた大ヒット曲は、皆無だった。流行語は次々に生まれても、流行歌は聞こえてこない」


・「▼大みそか恒例の『NHK紅白歌合戦』の出場者について、最近批判の声が絶えないのも、同じ理由だろう。中高年にとって、アルファベットやカタカナ名の歌手やグループ、若者にとって演歌は、縁遠い存在である」


・「▼ある演歌歌手が巻き込まれた歌詞の盗作疑惑について、昨日のワイドショーが大きく取り上げていた。作詞家は疑惑を否定しているものの、確かに別の人気グループのヒット曲に、そっくりである。今年5月のCD発売から、今月インターネットで指摘されるまで、関係者の誰一人気づかなかったのが不思議なくらいだ」


・「▼歌が人々に共有されなくなった時代ならではの、珍事かもしれない」・・・

« アホらしいが、これが真相か?:「北」のドタキャン | トップページ | 前産経ソウル支局長裁判:米・国際法学者の見解 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流行歌は昭和で終わっている:歌詞パクリ騒動:

« アホらしいが、これが真相か?:「北」のドタキャン | トップページ | 前産経ソウル支局長裁判:米・国際法学者の見解 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト