« 中国人民が、習主席を「暗君」と気づく時 | トップページ | ブログ初め »

似非でも民主国家なのか、野蛮国なのか?

2015年12月31日
(似非でも民主国家なのか、野蛮国なのか?)

http://news.livedoor.com/topics/detail/11016221/


・「政権が変われば、今回の韓日合意は『無かったことにする』」と野党(親北派)が言っていることが、この国が「大統領が変わるたび、コロコロと反日に転じて来た、全く信用出来ない野蛮国」であること(日本側は、「ゴールポストが移動される」と言って来た)を証明しているのだが、それは破線以下に述べることとして、パックネ政権としては1.日本のマスコミに「煽ること」を自粛するよう要請したり、国民にアナウンスしたりと躍起だ。


・先ずは、ライブドアトピックスから、中央日報の記事を以下。

・「【<韓日慰安婦交渉妥結>青瓦台『慰安婦合意、原点に戻せば24年前に』】中央日報 2015年12月31日 15時0分」
 

・「青瓦台(チョンワデ、大統領府)は31日、韓日慰安婦交渉問題に関連し、『政府の合意を受け入れられず、苦労して解決した慰安婦問題を再び原点に戻そうとすれば、この問題は24年前の原点に戻ることになり、政府ももう被害者の生前に何とかする余地がなくなるだろう』と明らかにした」(解説:そりゃ、日本からの10億円と言えば、敵さんでは「100億円勝ち取った!」ことになるもんなぁ)


・「金聲宇(キム・ソンウ)広報首席秘書官はこの日、『国民への言葉』を通じて、『国民の皆さんと被害者が大乗的次元で理解してほしい。今年だけで9人も被害者女性が亡くなった状況で、政府は慰安婦に対する日本政府の責任認定と公式的な反省、謝罪を受けるためにあらゆる努力をした』とし、このように述べた」


・「金首席秘書官は『可能な範囲で十分な進展を遂げたという判断で合意したとし『今から重要なのは、日本軍慰安婦被害者のための財団を早期に設立し、被害者の名誉と尊厳を回復し、生活の基盤を築く具体的な措置を取るはず』と強調した」


・「また『民間団体の批判も聞いているが、政府は銃声なき戦場のような外交現場で我々の国益を守るために、崖っぷちに立った心情で臨んできた』とし『政府が最善を尽くした結果に対して無効と受け入れ不可ばかり主張すれば、今後どの政府もこうした難しい問題には手をつけられないだろう』と述べた」(解説:思いっ切り脅しているが、その通りだろ?)


・「また『民間団体や一部の反対する方々の主張通りに合意を引き出すのは容易でない』とし『にもかかわらず、あたかも政府が交渉に失敗したかのように世論を作っていくのは、あまり残っていない慰安婦被害者の生涯に決してプラスにならない』と指摘した」・・・


・(解説)その通りだ。あとは「銃声なき戦場」のように、『挺対協』を分解し、一人ずつ獄へぶち込んで黙らせることが肝要。では破線以下に、『野党=親北派』の野蛮人発言を。でも何だか日本の沖縄でも、オンナジことが起こっているような気がするが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2015年12月31日
(国家間条約締結など、屁の河童なコリアンの原点が此処に在る!)

http://news.livedoor.com/topics/detail/11015251/


・同じライブドアットピックスから、今度は朝鮮日報の記事を以下。

・「【慰安婦合意:韓国最大野党『政権執ったら『なかったこと』にする』朝鮮日報 2015年12月31日 8時40分」
 

・「野党が韓日両国の慰安婦合意に対し、本格的に反対する動きを見せ始めていることから、新たな政治争点になりそうだ。しかも、韓国最大野党の『共に民主党』(旧名称:新政治民主連合)は30日、慰安婦合意の無効を宣言し、政府に再交渉を要求した」


・「同党の文在寅(ムン・ジェイン)代表はこの日の党最高委員会議で、『今回の合意は、国民の権利を放棄する条約や協定に該当するため、国会の同意を得なければならない』『我々はこの合意に反対する。国会の同意がなかったため、無効であることを宣言する』と述べた」


・「同代表はまた、『日本は(拠出するとした)10億円は賠償でないとクギを刺した。政府はそのカネを受け取ってはならない』『元慰安婦の女性たちのための財団を設立するなら、全額韓国の資金で設立せよ』とも言った」(解説:或る意味、正論だ!)


・「さらに、少女像問題については、『日本が撤去を要求したのは厚かましい行為だ。そのような不当な要求に引っ張り回される政府も恥ずかしいのは同じだ』と語った。田炳憲(チョン・ビョンホン)最高委員も『10億円を手にしたが、これは我々にとって侮辱的で恥ずべきカネだ』と言った」


・「同党の李鐘杰(イ・ジョンゴル)院内代表はこの日、韓国プレスセンターで国内外メディアの記者と会見し、『合意を受け入れることはできない。原点から再交渉しなければならない』『わが党は今回の交渉について、現在はもちろん、今後、政権を執ることになったら、なかったことにする』と言った」


・「同党は合意に対する糾弾決議案と尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部(省に相当)長官の解任建議を提出することにした」・・・


・(解説)別に日本にとっては、「所詮はチャイナの属国に奔る敵国」なのだ。ならば、元々デッチアゲの『従軍慰安婦』問題も、婆たちの「死ぬまで待とう 不如帰」かいな?

« 中国人民が、習主席を「暗君」と気づく時 | トップページ | ブログ初め »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 似非でも民主国家なのか、野蛮国なのか?:

« 中国人民が、習主席を「暗君」と気づく時 | トップページ | ブログ初め »

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト