« Li-Fiの時代は来るのか? | トップページ | 人民解放軍が上陸して来る日 »

古舘伊知郎:『報ステ』降板

2015年12月24日
(古舘伊知郎:『報ステ』降板)

http://news.livedoor.com/topics/detail/10990998/


・考えてみれば、〔久米宏〕の『ニュースステーション』が1985~2004まで約19年間(4795回)というから、日本人への「マッカーサーの自虐史観」の擦り込みがいかに成功して来たかが知れる。そしてその後をついでの〔古舘伊知郎〕の『報道ステーション』が12年、左派・左巻きの連中にとっては、30余年もの『お花畑』が展開されて来たことになる。


・これをいい機会に、日曜朝からの〔関口宏〕の『サンデーモーニング』や、〔膳場貴子〕の『NEWS23』も、当然NHKも一度、「サヨク報道オンパレード」の姿勢を見直した方が良かろう。日本は今、『お花畑』で転寝して「憲法9条を守れ!」などの空理空論に酔い痴れている時ではないことは、少なくとも中学生のクソガキでも分かっていることだ。


・古舘伊知郎如きの降板に、「ご苦労様でした」とは絶対言わない。贈る言葉は「ザマミサラセ!」である。ライブドアトピックスから、スポニチアネックスの記事を以下。

・「【古舘伊知郎キャスター『報ステ』降板へ 来年3月いっぱいで】スポニチアネックス 2015年12月24日 9時12分」(写真:「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスター)


Photo


・「テレビ朝日『報道ステーション』(月~金曜後9・54)の古舘伊知郎キャスター(61)が、来年3月いっぱいで降板することが分かった。きょうにも同局から発表される」


・「『報道ステーション』は2004年4月、『ニュースステーション』の後番組としてスタート。古舘キャスターは番組開始当初からメーンキャスターを務め、12年間に渡ってテレビ朝日の“夜の顔”を務めた」


・「今年8月21日には2年ぶりの20%超えとなる平均視聴率22・5%を記録するなど、長年に渡って好視聴率をキープ。その反面、3月にはコメンテーターとして番組に出演した元経済産業省官僚の古賀茂明氏が自身の降板をめぐって菅義偉官房長官や官邸などを批判し、後日、古舘キャスターが『テレビ朝日としても(発言を)防げなかったことを、重ねておわびしなければいけません』と謝罪する騒動もあった」


・「古舘キャスターは次のステップへ向けて意欲を示している模様。本人が会見して現在の心境や今後の方向性について明かす可能性もある」・・・

« Li-Fiの時代は来るのか? | トップページ | 人民解放軍が上陸して来る日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古舘伊知郎:『報ステ』降板:

« Li-Fiの時代は来るのか? | トップページ | 人民解放軍が上陸して来る日 »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト