« チャイナは自らの手で人工島を爆沈せよ | トップページ | 『気概』なき国は滅ぶ:これは同感である »

チャイナは悪あがきしないことだ!

2015年11月13日
(チャイナは悪あがきしないことだ!)

http://www.sankei.com/world/news/151113/wor1511130019-n1.html


・日本の横須賀を母港としている米太平洋艦隊原子力空母『ロナルド・レーガン』は、1.艦載機90機、2.兵員3200人、3.航空要員2480人という、世界最大級の「海に浮かぶ基地」である。出動する時は、周辺をイージス巡洋艦やイージス駆逐艦、攻撃型原子力潜水艦などで護衛する「艦隊様式」を採る。


・グアム基地から飛ばす戦略爆撃機:B-52は、当然空母の艦載機が十重二十重と護衛する。そんな中で、ドカン!ドカン!と、南シナ海にチャイナが作り上げた7個の人工島(7隻の不沈空母)を重爆するのだ。チャイナも悪あがきせずに、自らの手で「ヤリスギ」を認め、人工島を全て爆沈して海の藻屑にした方が、「意外に出処進退が潔いじゃん?」と世界中から見方を変えられると思うよ。


・増長して迎撃でもすれば、チャイナは艦船も乗員も、戦闘機もパイロットも甚大な被害を蒙り、『南シナ海局地戦大敗北』という歴史書に1ページが増えることになろう。呉々も悪あがきしないことだ。産経ニュースから、記事を以下。

・「【米B52爆撃機、南シナ海の中国人工島周辺空域飛行 中国側『われわれの島から退去せよ』と通告】産経ニュース 2015.11.13 10:46」(写真:GOOGLE画像から、B-52戦略爆撃機の雄姿)


Photo_2


・「【ワシントン=青木伸行】米国防総省のクック報道官は12日の記者会見で、米軍のB52戦略爆撃機が、中国が建設を進める南シナ海の人工島の周辺空域を飛行したことを明らかにした」


・「米海軍は10月27日(現地時間)に、人工島の12カイリ(約22キロ)内をイージス駆逐艦『ラッセン』が航行した『航行の自由作戦』を実施しており、空からの新たな示威行動とみられる。国防総省によると、B52は2機で、8日にグアム基地を飛び立ち人工島の周辺空域を飛行した後、9日に同基地に帰還した」


・「クック報道官は『中国の管制官が当該機(B52)に交信を試みたが、機はそのまま任務を継続した』と説明した。また『B52は一帯の国際空域を常に飛行している』と述べ、国際法に合致した行動であることを強調するとともに、人工島周辺を『領海、領空』とする中国の主張を暗に退けた」


・「ただ、B52は人工島の12カイリ内の上空は通過せず、15カイリの外側を飛行した(解説:遠慮したか、護衛の戦闘機を従えてなかったので紛争を避けたか)。米政治専門誌『ザ・ヒル』(電子版)は米政府当局者の話として、中国側は『われわれの島から退去せよ』と通告したと報じた。また、今回の飛行は航行の自由作戦の一環として行われたとしている」


・「米軍は2013年11月、中国が防空識別圏の設定を宣言した東シナ海上空に、グアム基地から2機のB52を急派している。ラッセンが航行した後の今月初めに、マレーシアで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)の拡大国防相会議では、航行の自由をめぐり米中が鋭く対立し、共同宣言の採択が見送られる事態となった。その後も米政府は、作戦の継続を表明していた」・・・

« チャイナは自らの手で人工島を爆沈せよ | トップページ | 『気概』なき国は滅ぶ:これは同感である »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイナは悪あがきしないことだ!:

« チャイナは自らの手で人工島を爆沈せよ | トップページ | 『気概』なき国は滅ぶ:これは同感である »

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト