« 『気概』なき国は滅ぶ:これは同感である | トップページ | 温暖化による理論が破綻“南極の氷増加” »

挺対協は「神」なのか?:サウスコリア

2015年11月14日
(挺対協は「神」なのか?:サウスコリア)

http://www.sankei.com/column/news/151114/clm1511140004-n1.html


・韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)とは、今や「反日闘争団体」というだけでなく「親北活動団体」であることは有名ではないか?サウスコリア内の「有力圧力団体」と言うより、これこそサウスコリアの「獅子身中の蟲」ではないのか?


・こ奴らが毎週水曜だったかに「反日デモ」で日本大使館に押しかけている。挺対協が設立された1990年11月からの25年間は、1.ノ・テウ、2.キム・ヨンサム、3.キム・デジュン、4.ノ・ムヒョン、5.イ・ミョンバク、6.パク・クネという6代に亘る大統領が「放ったらかし」ってか、「或る意味都合よく」こ奴らを生かして利用して来たと言える。


・しっかしま、ミャンマー(ビルマ)のアウンサン・スーチーではないが、抜け抜けと「大統領以上の存在になる」と「国母気取り」でいる以上、あの国もシッシャカメッチャカになって、また「軍部によるクーデター」が起こるのが目に見えているので、私なんざブログにも取り上げないが、サウスコリアとてオンナジである。この「反日闘争団体」だけでなく「親北活動団体」である挺対協をのさばらせていては、日本との良好な未来は絶対やって来ないのだ。


・パックネに挺対協を無力化する不退転の決意が有るか?否、有りはしない。ってことは、日本も徹底してサウスコリアからの要求をシカトすれば良い。間も無く存命47人という淫売婆らも寿命が尽きてしまうだろうし、担ぐお御輿が無くなれば挺対協もシュンタローになるしかない。案外パックネも、次と言われているパン・ギムン(現・国連事務総長)も、結構ズッコクて、「それ待ち」しているのかもなぁ。


・産経ニュース・[産経抄]から、記事を以下。

・「【韓国はなぜ『政治的な罪』を繰り返すのか 『納得できる解決策』はどこにもない 11月14日】産経ニュース・[産経抄] 2015.11.14 08:30」


・「ドイツの社会学者、ウェーバーは、解決不可能で不毛な過去の責任問題追及に明け暮れる態度を『政治的な罪』と呼んだ。そしてこう訴えた。『政治家にとって大切なのは将来と将来に対する責任である』(『職業としての政治』)」


・「▼韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は13日までに共同通信などの書面インタビューで慰安婦問題について、被害者が受け入れ、韓国国民が納得できる解決策の提示を日本政府に要求した。相変わらず視線は過去に固定されている」


・「▼日本側にも言いたいことは山ほどある。11日の日韓外務省局長級協議では、日本側がソウルの在韓日本大使館前の少女の慰安婦像の撤去を求めた。像は外国公館の威厳の侵害防止を定めたウィーン条約に抵触するが、韓国側は『民間団体が設置したもので関与できない』と拒んだ。韓国外務省報道官も『解決策を日本が先に提示すべきで、順序が違う』とにべもない」


・「▼像を建てた反日団体、韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)は、『政府の政策について最終的な拒否権を持つ』(元韓国外務省幹部)という有力圧力団体だ。日本政府には、責任者の処罰や国家賠償など『法令上できない要求をしており、事実上、妥結する気はない』(東京基督教大の西岡力教授)とみられる」


・「▼結局、朴氏が言う『納得できる解決策』はどこにもないのではないか。たとえ日韓両政府が歩み寄ろうと、挺対協が否を言えば振り出しに戻る。挺対協は、慰安婦像の撤去にも応じないだろう」


・「▼朴氏はこれまで日本に繰り返し『誠意ある行動』を要求してきたが、その具体的中身には言及しない。実現可能なことを口にすると挺対協の反発を買うからかもしれないが、げたを預けられた日本にとっては難儀な話である」・・・

« 『気概』なき国は滅ぶ:これは同感である | トップページ | 温暖化による理論が破綻“南極の氷増加” »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 挺対協は「神」なのか?:サウスコリア:

« 『気概』なき国は滅ぶ:これは同感である | トップページ | 温暖化による理論が破綻“南極の氷増加” »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト