« お蔭様で、序の口・序二段の闘いはセーフ! | トップページ | チャイナ反スパイ法で、益々孤立化か? »

チャイナ版『豊田商事』事件

2015年10月22日
(チャイナ版『豊田商事』事件)

http://www.sankei.com/west/news/151021/wst1510210001-n1.html


・そうか、『豊田商事』などとハナからインチキ臭い名前で、主に独居老人を「金地金ペーパー商法」で騙して2000億円もの詐欺を行った〔永野一男〕が、正義の味方を装った2人組にマスコミが取り巻く中、自宅内(今ならマンションと言うのだろうが、粗末なアパートの一室だった)で、旧陸軍の銃剣で頭部を割られて全身を滅多刺しにされて殺されてから、もう30年が経つのだ。あの衝撃事件は1985年06月18日だったとのことだ。


・〔永野一男〕が生きて証言台に立ったらヤバイ連中の、差し金だったろうことは国民の誰にでもピンと来たことだが、何故か検察も深追いせずマスコミも沈黙したままでチャンチャン!となってしまった。日本の抱える「奥深い闇」を思い出させる今回のチャイナの「似通った」事件である。(写真:GOOGLE画像から、30年前の新聞見出し)


Photo


・産経WEST・[経済裏読み]から、記事を以下。

・「【まさに中国版“豊田商事事件”…レアメタル市場破綻『金返せ』の大合唱、政府“お墨付き”に激怒】産経WEST・[経済裏読み] 2015.10.21 11:00」(写真:中国の国営中央テレビ前でシュプレヒコールを上げる投資家ら=北京(共同))


Photo_2


・「中国にある世界最大級のレアメタル(希少金属)取引所で投資商品が換金ができなくなり、投資家の怒りが爆発した。中国政府お墨付きの高利回り商品だと信じて、資金を投じた人が多く、顧客は22万人、投資額は430億元(8100億円)に及ぶ可能性がある」


・「取引所は機能不全に陥り、投資家にいくら資金が手元に戻ってくるかも判然としない。損失リスクを隠して元本保証をうたえば、それだけで日本なら違法行為。レアメタルの取引問題に対して各地で抗議活動が起きており、中国版『豊田商事事件』を彷彿させる」(解説:日本でも泣き寝入りだった。チャイナならアタリマエダだろう)

 
・「★中国経済減速、代替技術で需要低迷・・・中国雲南省にある泛亜有色金属交易所は イリジウムやタングステンといった14種類のレアメタルの現物取引を行っている。取引所の会員が購入したレアメタルは倉庫に保管。共同通信によると、液晶パネルに使われるインジウムの中国の国内需要は年間100トンに満たないが、取引所の在庫量は3600トンあるとされる」


・「レアメタルは、ハイブリット車や携帯電話などの工業製品に不可欠な素材で、経済成長に伴う所得の増加によって、大きく需要が伸びるとの見込みから、取引が膨らんだ。ところが、中国の景気減速が鮮明になったばかりか、先進国ではレアメタルの使用量を減らす代替技術も進歩。需要の先細りが懸念されるようになっている」


・(解説):鄧小平が「中東に原油有り。わが国にはレアメタル有り」と豪語していたのは有名な話。チャイナの景気減速などではなく、「日本や先進国に打撃を与えるためレアメタルの輸出を制限し、困った日本や先進国が『代替技術』を開発せざるを得なかったというのが、事実であろう。

 
・「★『ノーリスク』のうたい文句・・・昨年末ごろから投資家離れが加速。春ごろから扱っていた財テク商品の払い戻しが不能になり、ロイター通信によると、7月に交易所は、看板商品の『日金宝』の元本償還ができなくなったと発表した」


・「日金宝には、約8万人が369億元を投資したという。『ノーリスク』『二桁利回り』。こんな儲け話を掲げていた同取引所は、政府の監督下にあり、国家統計局に協力している企業であることもアピール。国営テレビで盛んに宣伝されていたため、政府の後押しがあると思ってた投資家が多かったようだ。そうした人にとって、元本割れや換金不能は、まさかの事態だった」

 
・「★異議申し立ては却下・・・怒りがおさまらないのは投資家だ。抗議活動が各地で頻発。9月下旬には、投資家ら数百人が、北京の国営中央テレビ前で元本の返還などを求める抗議を展開し、『詐欺師!』『金返せ!』と訴えた」


・「騒動の責任は誰にあるのか。もっぱらその矛先は政府に向かっているが、ロイターによると雲南省当局は、異議の申し立てを却下。訴訟を起しても資金を取り戻せる可能性は低い。投資家は交易所代表を捕まえて、警察に突き出したが、代表は釈放されたという。政府が取引の運営を監督していたなら、責任は免れないはずだが、当局はほっかむりなのだろうか」・・・


・(解説):日本の『豊田商事』の詐欺は、トヨタグループの『豊田通商』を連想させることから始まっていた。会社名からして詐欺グループと分かっていた筈だが、行も司法も何もしなかった。挙句は「いかにも口封じ」の虐殺である。
 

・「★国の責任はなし?・・・巨額の悪徳商法をめぐっては、日本では昭和60年の豊田商事事件が記憶に残る。地金を購入する契約を結んだ客に対して、現物の代わりに、預かり証券だけを客に渡す『現物まがい商法』で約2万9000人にのぼる被害者を出した」


・「平成13年に経営破綻した大和都市管財グループによる詐欺事件では、近畿財務局は同社の債務超過を把握。業務改善命令を出しながらも、抵当証券業の登録・更新を認めていたとし、被害者側が国家賠償請求訴訟を起こした。大阪高裁は『詐欺的商法の疑いがあったのに、漫然と登録・更新を続けた』とし、国に賠償責任を命じた」


・「中国のレアメタル取引には現物担保があるはずなので、ペーパー商法とは異なるかもしれないが、『騙された』との消費者の深い嘆きは同じ。元本保証の確約が仮になかったとしても、そう信じ込ませる商品を野放しにした責任は中国当局にまったくなかったのか。政府を信じた中国人の方が悪いとなれば、とても投資家保護が図られた健全な市場とはいえない」・・・

« お蔭様で、序の口・序二段の闘いはセーフ! | トップページ | チャイナ反スパイ法で、益々孤立化か? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイナ版『豊田商事』事件:

« お蔭様で、序の口・序二段の闘いはセーフ! | トップページ | チャイナ反スパイ法で、益々孤立化か? »

最近のトラックバック

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ
フォト