« はい、1年もちませんでした大阪府警 | トップページ | 低迷・東芝の裏に、『忘れ去られた英雄』 »

高野連は、どこを目指しているのか?

2015年09月07日
(高野連は、どこを目指しているのか?)

http://news.livedoor.com/topics/detail/10560583/


・昨夜は、「女子バレーW杯・チャイナ戦」と「U-18決勝・アメリカ戦」の2局を、チャンネルを変え変え観戦していたが、「2つとも日本が負け」になっちまってアッタマ来た。「女子バレーW杯・チャイナ戦」は位負けの感じはしたが、「U-18決勝・アメリカ戦」の日本の敗戦は予想外だった。しかも1-2なのである。全く「打てなかった!」の印象が強い。


・破線内に、この8/22に元・大打者:清原和博氏が言ったアドバイスの省略版を先ず載せる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年08月22日
(「俺みたいになるなよ」かと思った:清原アドバイス)

http://news.livedoor.com/topics/detail/10498691/?_clicked=straight_news


・つい大見出しの『清原氏 清宮へ1つだけアドバイス』を見て、この73歳のヒネクレ爺は「1つだけ。俺みたいになるなよ」を期待して取り上げたが、内容は「大真面目」なものだった。四国八十八箇所の「歩き巡礼」で、「大ワル」の清原も真人間になったのか?それとも「食わんがため」のパフォーマンスか?(中略)


・「◇清原氏インタビュー2・・・強豪・PL学園の4番を1年夏から務めて、5季連続で甲子園出場を果たした清原和博氏(48)が“怪童”早実・清宮幸太郎(1年)にアドバイスできる点は何か。考え抜いた末に『一つだけ…』と言って続けた」


・「『最近の金属バットは異常な飛距離が出る。試合以外は木製バットで練習する。プロに入っても順応しやすい。僕も1年からそうだった。金属バットの芯、ホームランになる部分はヘッドから20センチあるとしたら、木ではその10分の1しかない』」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・で記事に行こう。ライブドアトピックスから、THE PAGE の記事を以下。

・「【<野球>日本の最強U-18は、なぜ世界一を逃したか】THE PAGE 2015年9月7日 13時0分」(写真:甲子園では快音を放った清宮のバットだったが(写真:アフロ))


Photo_4


・「今秋ドラフトでプロからの指名が予想されるプロ予備軍を10人以上も揃えて臨んだU-18が6日、甲子園で行われた決勝戦でアメリカに1-2で敗れ、悲願の世界一はならなかった。最強U-18の戦いには、一体、何が足りなかったのか」


・「北京五輪代表チームのスコアラーを務め、国際野球にも詳しい、現、岡山商科大野球部の特別コーチの三宅博氏は、『ミスが命取りになるのが国際試合。でも、勝負には負けたが内容では勝っていた。まだ海外チームが本来持つパワーを発揮できないこの年代においては、スピード、技術、試合運びなど、すべてにおいて日本は、世界最高のレベルにあることを示した。だが、審判への対応も含めて、国際野球への適応力には欠けていた。日本の高校生が、どこを目指すのかという高野連のビジョンにも問題があるのではないか』とシビアな意見を言う」
 

・「★三宅氏が指摘した敗因のひとつが審判への対応だ。2点を追う5回、先頭打者だった関東第一のオコエ瑠偉が中前打で出塁。その足で掻き回すことに期待されたが、アメリカの先発左腕、パレットのけん制につり出され、二塁ベース手前で憤死した。オコエが『え?』と、思わず塁審の顔を見たのも無理はない」


・「パレットの右足は、一塁方向に正しく踏み出されておらず、日本のルールならば、完全にボーク。同じようなケースは8回にも。一死二塁からアメリカ3番手の長身右腕のジェファーソン・ローソンが、セカンドへの偽投を試みたが、これも日本の審判なら間違いなくボークを宣告するような動きだったが、そのまま試合は流された。またキューバ人の球審のストライクゾーンも明らかに広かった。特に低めと外のボールを甘く見るため、落差のある変化球で揺さぶってくるアメリカの左腕、パレットにとっては有利な判定が続き、日本のバッターには戸惑いも見えた」


・「だが、三宅氏は『国際試合でのボークの判定と、ストライクゾーンが極端に日本のそれと違うのは常識。それに対する準備と、頭の切り替えが重要になってくる。ストライクゾーンに関しては、日本では、“ボールを振らない”ことを教えられるので、簡単には切り替えは難しいが、決勝までに試合数をこなしたのだから、その中で、切り替え、適応していくことは可能だったし、できているようにも見えた。決勝戦のような緊迫した試合の中では、本当の意味での準備と適応ができていたかどうかが、出てきてしまうもの』と苦言を呈した」」


・「第1回のWBCで世界一を経験している里崎智也氏は、金属バットから木製バットへの適応ができていなかったことを指摘した。『逆方向を意識してバッティングをしていた平沢や津田あたりは、木製バットに適応していたが、清宮らは、最後まで木製バットへの適応ができなかった。打球が飛ばないので、ポイントを前にして振ろうとしていたが、詰まることを嫌がるため、ポイントがどんどん前へ出ていったため、チェンジアップなどの変化球を見極めることができずにバットに当たらなくなった』」


・「『僕は高校時代、試合と夏の大会の1週間くらい前くらいしか金属バットを使わせてもらえず竹バットで打っていたので、大学へ進んでも違和感はなかったけれど、清宮は、芯を外しても簡単に飛んでいく金属バットでプレーしてきた弊害がモロに出たと思う』」(解説:清原氏のアドバイス通りだった!)


・「清宮は、この日、『4番・DH』で先発出場したが、2回先頭で迎えた第1打席、4回二死二塁のチャンスで迎えた第2打席は、いずれも縦に割れる大きな変化球のまったくタイミングが合わずに連続三振。6回二死一、二塁で巡ってきた第3打席も、変化球をひっかけてのボテボテのゴロ。グラウンド状態が悪く、あまりに打球が力弱かったため、内野安打となったが、快音は聞かれなかった」


・「左膝を痛めたことなども手伝って、大会を通じて成績は8試合27打数6安打で、打率.222、本塁打はゼロ。木製バットに対応するために、グリップの位置を変えたり、右足の上げ方を工夫したりしていたが、結果につながらなかった。大会終了後、『チームに貢献できなかった。足を引っ張ってしまった』と、反省を口にした。まだ成長途上の1年生だが、将来的にプロで成功するためには、早くも体に染み込みつつある“金属バット病”を払拭しておかねばならないだろう」


・「三宅氏は、世界一を逃した大会の総括として、こんな提言をした。『高野連がどこを目指すのかということでしょう。世界で通用する野球、戦いを考えているのならば、甲子園でのストライクゾーンも、国際規格に変えていく必要があるし、バットにしても、反発の低い金属バットをメーカーに作らせて、義務つけるような工夫もいるでしょう。それとも、高校野球とU-18のワールドカップは、別のものなのか。今大会の位置付についても、非常に曖昧な気がします』」
 

・「国際大会で敗れる度に繰り返される国際基準の野球とは何かという議論。そもそもプロ野球の統一球の導入の大前提も、その理念がスタートだったはずなのだ……。2020年の東京五輪で野球・ソフトボールが復活するのならば、国際基準の野球というものを、この世代の選手から意識して取り組んでおかねばなないだろう」・・・

« はい、1年もちませんでした大阪府警 | トップページ | 低迷・東芝の裏に、『忘れ去られた英雄』 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高野連は、どこを目指しているのか?:

« はい、1年もちませんでした大阪府警 | トップページ | 低迷・東芝の裏に、『忘れ去られた英雄』 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト