« チャイニーズの大甘子育て事情 | トップページ | 五輪スポンサー企業は組織委に圧力をかけろ! »

ウサイン・ボルト強い!:世界陸上男子100m

2015年08月24日
(ウサイン・ボルト強い!:世界陸上男子100m)

http://www.sankei.com/sports/photos/150823/spo1508230066-p3.html


・大体が、「陸上競技」と言うと「日本人は惨敗、せめて持久走のマラソンくらいか?」と先ず思ってしまう。その「世界陸上」の初日、日本男子は惨敗だったため、甚だ「盛り上げ」に欠ける。


・しっかしま、「世界陸上の花=男子100m決勝」には、誰もが注目する。〔ウサイン・ボルト〕なのか?〔ジャスティン・ガトリン〕なのか?これはガトリンが若く、さらに「陸上王国アメリカの復活」という、アメリカ国民の悲願が乗っかっていただけに、この73歳・片手松葉杖の爺でさえ固唾を飲んだ。


・結果はレース上手の〔ウサイン・ボルト〕:ジャマイカの勝ちだった。見事である。産経ニュース・[世界陸上]から、記事を以下。

・「【ボルトが男子100メートルを連覇、ガトリンは2位】産経ニュース・[世界陸上] 2015.8.23 22:24」(写真:男子100メートル決勝 優勝したウサイン・ボルト=北京(共同))


Boruto


・「【北京=宝田将志】陸上の世界選手権は23日、北京で第2日を行い、男子100メートル決勝は世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が9秒79で2大会連続3度目の優勝を果たした。ジャスティン・ガトリン(米国)が9秒80で2位だった」


・「男子20キロ競歩は世界記録保持者の鈴木雄介(富士通)が11キロ付近で途中棄権。藤沢勇(ALSOK)は13位、高橋英輝(富士通)は47位に終わり、日本勢は3大会連続の8位入賞を逃した。ミゲルアンヘル・ロペス(スペイン)が初優勝」


・「女子100メートル予選では福島千里(北海道ハイテクAC)が11秒23で7組3着となり、2大会ぶりに準決勝に進んだ」


・「男子400メートル障害準決勝で、松下祐樹(チームミズノ)は51秒10の3組8着、同400メートル予選の金丸祐三(大塚製薬)は45秒65の3組6着でともに落選した」・・・

« チャイニーズの大甘子育て事情 | トップページ | 五輪スポンサー企業は組織委に圧力をかけろ! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウサイン・ボルト強い!:世界陸上男子100m:

« チャイニーズの大甘子育て事情 | トップページ | 五輪スポンサー企業は組織委に圧力をかけろ! »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト