« 今のご時勢に「よいではないか」「アレーッ」かえ? | トップページ | 村山爺が「侵略」を口にし、土下座外交をしでかした! »

人権とは、会館展示するものかえ?

2015年07月08日
(人権とは、会館展示するものかえ?)

http://www.sankei.com/west/news/150707/wst1507070058-n1.html


・流石に今は「経費削減」でだろう、無くなったが、大阪市バスに乗ると「無くそう!就職差別!」とかその系統のタダの団扇が満載してあって驚いた。「固まれば既得権、放っておけば世代交代で消えて行くのになぁ」と正直思った。


・しっかしま、「人権派弁護士」に代表されるように、「人権」は集って騒いで、コレデモカと展示拠点を作らないと気がすまないものなのか?日本が潰れるより大阪が潰れるのが先だと思っているが、こんな無駄なハコモノこそ、一刻も早くサラ地にして、有効活用すべきだ。


・ただ大阪の有効活用ってのは「パチンコ屋に二束三文で払い下げ」が定番になっているので気に入らん。気の利いた図書館など、少しでも大阪人のレベルが上がる方向へ向かってくれろ!


・産経WESTから、記事を以下。

・「【橋下氏も展示を疑問視『リバティおおさか』 大阪市が立ち退き求め提訴へ】産経WEST 2015.7.7 17:32」(写真:リニューアルした展示を視察する松井一郎大阪府知事(右)と橋下徹大阪市長=平成24年4月、大阪人権博物館)


Photo_2


・「大阪市は7日、浪速区の市有地(約7千平方メートル)から立ち退くよう求めていた大阪人権博物館(通称・リバティおおさか)をめぐり、運営する公益財団法人に土地の明け渡しを求め、近く大阪地裁に提訴する方針を明らかにした。財団側は争う構えという」


・「市によると、昭和60年の開館以来、市有地を無償貸与していたが、大阪府知事時代から展示内容を疑問視してきた橋下徹市長が昨年10月、賃料を求める意向を示した」


・「これを受け、市は賃料を年間2700万円程度と試算し、10年間の事業用定期借地契約を結ぶよう要求。財団側は、財源がないとして無償貸与の継続か減額を求めたが折り合わず、無償貸与期間は今年3月で終わっていた。市などは同館の運営費を補助していたが、平成21年度から削減し、24年度に全廃した」・・・

« 今のご時勢に「よいではないか」「アレーッ」かえ? | トップページ | 村山爺が「侵略」を口にし、土下座外交をしでかした! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人権とは、会館展示するものかえ?:

« 今のご時勢に「よいではないか」「アレーッ」かえ? | トップページ | 村山爺が「侵略」を口にし、土下座外交をしでかした! »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト