« 中国危機、ギリシャより深刻 | トップページ | チャイナの腐れ仏教 »

アメリカに勝ったら、全員に@1000万円の褒美を出せ!

2015年07月03日
(アメリカに勝ったら、全員に@1000万円の褒美を出せ!)

http://news.livedoor.com/topics/detail/10303507/


・女子サッカー:日本とアメリカの戦いは実に30回。対戦成績は日本から見て、1勝23敗6引分なのである。褌担ぎと横綱の対戦と同じだと思えばよい。ただその1勝が、「1911年ドイツ大会」、つまり3.11〔東北大震災〕の直後だったから、そこには「神がかり」めいた〔なでしこジャパン〕の気迫が感じられた。


・〔なでしこ〕で裕福な選手は皆無だろう。大半はアルバイト無しでは食えない筈だ。窓口は文科省だと思うが、新国立競技場建設くらいでイラク人のデザイナーやら安藤忠雄に振り回されていないで、「アメリカに勝ち、未踏のW杯2連覇を達成したら、出場選手選手・控え選手(勿論怪我の安藤選手も含め)・監督・コーチ・スタッフ全員に、@1000万円の報奨金を出す!」と安倍ちゃんのケツを突っつけ!


・なぁに50人に払ったって、たった5億円だ。沖縄に強請られて、毎年3000億円も溝(どぶ)に捨てるような交付金を払い続けている愚を考えれば、どれだけ日本の子供だけでない、国民に勇気を与えてくれるのやら。正に「活きゼニ」である。今日明日中に、安倍ちゃんの口から発表し、士気を鼓舞せよ!


・ライブドアニュースから、スポニチアネックスの「下馬評記事」を以下。

・「【決勝は米国優位?英ブックメーカー 米国1・44倍、日本2・62倍】スポニチアネックス 2015年7月3日 6時44分」(写真:美人なだけでなく、要警戒のモーガン選手:GOOGLE画像から拝借)


Photo
 

・「英国系ブックメーカーの『ウィリアムヒル』は女子W杯決勝戦のオッズを米国1・44倍、日本2・62倍に設定。『bet365』、『コーラル』、『ラドブロークス』といった他の大手ブックメーカーでも米国が1・35~1・44倍に対し、日本は2・75~3・20倍とアンダードッグ(格下)扱いとなった」


・「また米スポーツ専門局の『ESPN』は優勝チームを米国67%に対して、日本は33%と予想。いずれも米国の“圧倒的優位”を打ち出している」・・・

« 中国危機、ギリシャより深刻 | トップページ | チャイナの腐れ仏教 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

織伊友作から

へぇ知らんかった。2011のドイツW杯決勝は、PK戦による勝利だったから、カウント上は「引分」に入るんですって。なでしこの1勝ってのは、2012年アルガルベ杯だけでした。訂正させて戴きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカに勝ったら、全員に@1000万円の褒美を出せ!:

« 中国危機、ギリシャより深刻 | トップページ | チャイナの腐れ仏教 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト