« この暑いのに〔琉球王国復古〕の集会だと | トップページ | アカ・東京新聞の必死のパックネ肩持ち »

灼熱の激闘:なでしこVs.豪州戦

2015年06月30日
(灼熱の激闘:なでしこVs.豪州戦)

http://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A2RiGdEoZ5FVOGYA1tQEnf57/RV=2/RE=1435678888/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=O2xZTsnPOdkYMgesb45OxMUjSBM-/RU=aHR0cDovL2RhaWx5bmV3cy55YWhvby5jby5qcC9mYy9zcG9ydHMvbmFkZXNoaWtvX2phcGFuLz9pZD02MTY1Mjg5AA--/RK=0/RS=VUR9RPLNqIQpTj83csJsxBC1clg-


・何紙も読んだが、この記事が一番リアルなようだ。テレビのリポーターが、「一度席を離れて戻ってみると、もう座れないほど椅子が熱い!」と言っていた。26度とは嘘だろう。30度は遥かに超えた人工芝のグランド。選手の体感温度は35度も超え、「サウナの中の激闘状態」だったのではないか?


・大娘の多い豪州も、バテバテの様子だった。小柄ななでしこに、この馬鹿なグラウンドが幸いしたのか、最後まで緊張を切らさずよく戦った。次のイングランド戦もこの会場らしいから、なでしこも大変だが「ヨッシ!」の気合が入っていることだろ。絶対勝って、決勝に臨んでくれろ!


・YAHOOニュースから、webスポルティーバの記事を以下。

・「【なでしこW杯で覚醒。オーストラリア戦で証明した勝負力】webスポルティーバ  6月29日(月)18時30分配信」(写真:岩渕のゴール直後の歓喜)


Photo


・「★なでしこW杯で覚醒。オーストラリア戦で証明した勝負力・・・女子ワールドカップ準々決勝。オランダ戦と同じ顔触れで臨んだ日本は、ほとんどの主導権を握り、攻め込まれる苦しい時間帯を耐え、1-0でオーストラリアを下した。それは、『勝ち切りたいという想いが一番の勝負どころ』だと指揮官が予想していた通りの激闘だった」


・「★泣いた大儀見優季、4年間の成長。『不満も怒りもエネルギー』・・・オーストラリアはDF裏のスペースを狙ってFWを走らせるが、折り込み済みの日本は最初のサイモンの抜け出しに岩清水梓(日テレ・ベレーザ)が、続くゴリーの仕掛けには有吉佐織(日テレ・ベレーザ)が体を張り、エース・デバンナへのパスは鮫島彩(INAC神戸)がクリアするなど、連係の取れた守備を見せ、カウンターを徹底して封じた」


・「人を入れ替えながら突破してくるターゲットと1対1の局面になった際には、カバーリングと飛び込むタイミングを合わせて奪いきる強さも見せた。押し込まれる時間帯を耐え抜く力も発揮。ボランチを含めた守備陣が互いのポジションなどを細かく修正しながら掴んだ完封だった」


・「攻撃では、大野忍(INAC神戸)が引き気味でボールを受け、左右に散らす形は前試合と同様に攻撃にスパイスを効かせる。大会当初から変わらず好調な右サイドバックの有吉のオーバーラップは確実にチャンスに結びつくまでに精度を上げた」


・「後半には、大野からボールを受けた川澄がペナルティエリア付近でキープしながら、駆け上がる有吉へ、そこからすばやく中へ送ったボールに宮間あや(湯郷ベル)がヒールで合わせ、ビッグチャンスを生み出した。また大儀見優季(ヴォルフスブルク)と宮間が揃って右サイドへスライドしながら中央・大野へのクロスボールへ展開するなど、攻撃のイメージはどんどん湧き出てきているようだ」


・「それは、なでしこの見せ場のひとつであるセットプレイにも表れていた。相手のマークがつきにくいゴール前での”タテ並び待ち”は今大会の定番となった。研究されているセットプレイ。それでも、待ちに待った残り3分での決勝点はやはりセットプレイからだった」(解説:なでしこトレイン=電車ゴッコと言われているらしい)


・宮間の左CKを熊谷紗希(オリンピック・リヨン)が競り、セカンドボールを宇津木瑠美(モンペリエHSC)がシュート。こぼれたところにツメた岩清水が、GKの弾き球に再び食らいつき、懸命に蹴り出した先にいたのは途中交代の岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン)」(解説:岩清水は「何とかなれ!と思って蹴った」と笑っていた。その先に、小さい岩渕が居たのだ!)


・「『みんながこぼれを頑張ってつないでくれたおかげ……感慨深いです。この1点であと2試合戦える』(岩渕)・・・若くして注目を浴びてきた岩渕。2010年に代表初選出されてからこれまで、ドイツワールドカップ、ロンドンオリンピック――幾度となく佐々木監督からチャンスを与えられてきたが、結果を出せずにいた。自分に課せられたゴールを奪うという重責を今ようやく果たした」


・「右膝のケガ込みで最終メンバーに選出されて期待を感じない日はなかった。初戦のケガで安藤梢(フランクフルト)がチームを離脱。代わってスタメンに入った菅澤優衣香(ジェフ市原千葉)も負傷。攻撃陣の相次ぐケガでチームが厳しい戦いを余儀なくされている中、岩渕の焦りはピークに達していた。このゴールは岩渕自身だけでなく、チームにとっても大きなゴールとなったに違いない」


・「攻守にチームを安定させたボランチコンビが、阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)と宇津木だ。阪口が攻撃に積極的に加わる一方で、宇津木は1対1の強さを発揮。幾度となく中央ゾーンでのインターセプトでピンチを摘み、チャンスを生み出した」


・「3月のアルガルベカップで主力組へ割って入り、その貢献を称えられても『それでもフル出場はできてないんですよね……』と、手応えと伸びしろの狭間で揺れていたレフティ。ワールドカップ本大会が始まってからも、宇津木の指定席はなかった」


・「開幕当初、指揮官はボランチでは阪口のほか、澤穂希(INAC神戸)と川村優理(ベガルタ仙台L)を枠とし、宇津木に関して佐々木則夫監督は『ボランチの控えとしておくよりも……』と、初戦と第2戦は左サイドバックで起用した。久しぶりのボランチ起用となったラウンド16のオランダ戦でしっかりと仕事を果たすと、ベスト4入りをかけたこの大一番でスタメンボランチを勝ち取った」


・「『落ち着いたメンタル状態だった』と冷静に中盤を手中におさめた宇津木。決勝ゴールを挙げた岩渕ではなく、宇津木がプレイヤーオブザマッチを獲得したとのアナウンスが流れた際、ピッチ上でチームメイトから暖かい拍手を送られたことからも、その信頼の厚さを感じ取ることができる。彼女もまた、この大会で成長を見せる選手の一人となった」


・「一方で、オーストラリアのガス欠も主導権を握れた大きな要因だ。それもそのはず、日本の両サイドのビルドアップにマンツーマンのようにはりついて繰り返しアップダウンをさせられたのだ。スタミナは限界だったはずだ。加えて天候の問題もあった。気温26℃との発表ではあったが、その数字は信じがたい。暑いのではなく、もはや“痛い”日差しは、ワンプレイごと選手たちに肩で息をつかせるほどエネルギーを消耗させた」


・「灼熱の人工芝は選手たちのスタミナはもちろん、技術の精度をも奪う。立ち上がりから、なでしこたちの繰り出すパスはイメージよりも短かく、思うようにボールを運ぶことができなかったのも仕方のないこと。士気を高めるためにしきりに声を掛け合っていたが、声を張り上げるにもパワーが必要な状況だった」


・「この試合開始時間は両者からベストパフォーマンスを奪うもので、エドモントンの気候をわかっていながら、なぜこの環境がベスト8の舞台に選ばれたのか大いなる疑問である。ハーフタイムに選手たちが足を氷で冷やさなければならない環境など適しているはずがない」(解説:馬鹿がゼニ貰って決めたんだろ?)


・「そんな中で、90分集中を切らさず走り切ったこと、精度は落ちながらも自分たちのサッカーを表現し続けたことには、感服させられる。戦術云々ではなく、絶対に相手よりも先に足を止めてなるものかという、なでしこらしい強い意志を感じる試合だった」※早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko・・・

« この暑いのに〔琉球王国復古〕の集会だと | トップページ | アカ・東京新聞の必死のパックネ肩持ち »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 灼熱の激闘:なでしこVs.豪州戦:

« この暑いのに〔琉球王国復古〕の集会だと | トップページ | アカ・東京新聞の必死のパックネ肩持ち »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト