« 明24日は愛知県がんセンター | トップページ | 昨24日は、歌神・美空ひばりの26回目祥月命日:りんご忌 »

胃を取らないという選択!

2015年06月25日
(胃を取らないという選択!)

・昨日は予定より早く新大阪に着き、新幹線・名古屋地下鉄・最終のTAXIと乗り継いで、午前10時10分には『愛知県がんセンター』に到着していた。昨夜9時から何も食っていないので腹ペコである。


・胃カメラは「知らないドクター」(入院時の藤田ドクターは研修を終えたのだろうか?)で、「オエオエ」しながら済ませた。先ずは放射線診断科の山浦ドクターの外来である。私の肝臓は、現在『国立がん研究センター・中央病院長』の荒井保明ドクターの、「肝動注」でセットされているコイル以外は全てOKだった。(コイルは宿命的なもので、このコイルを超えて「肝臓がん」が蔓延ったら、それでオシマイということだ)。胃の摘出を伝えると、「データ的には『??』ですが、そうされますか?」の返事。


・続いて田近ドクターの消化器内科ドクターの外来に。「さっきの胃カメラの結果は、きれいに治ってますよ」と、例のEIZO画面を診ながらお互いに確認。「悪運も尽きていると思うので、やっぱ胃の摘出を」と伝えると、「動物的〔勘〕で決められましたか」という淡々とした返事。「胃の残る部分はどれほどか?」の問いに、「外科の判断です。今回の胃がんが上部ですから、『上部だけ切除』も考えられますが、上部だけ=全摘と同じダメージかも」と。


・私を元気付けるためか、「真ん中だけ摘出し、胃を長いカタチで残すことも」と、胃がん手術の多様性を説明される。続いて伊藤ドクターの消化器外科外来で待っていると、事務の女の子が「伊藤先生は今の患者さんに手間取っておられる。食事を先に済まされたら?との伝言です」と伝えられる。


・愛知県庁の入札で、長い「アマノ時代」から、「ファミリーマート時代」に変わった食堂に行ってみる。〔きつねうどん〕を頼んでみたが、「熱さが通常なのか冷やしなのか」、生ぬるい〔きつねうどん〕は「吐きそうになる」代物だった。消化器外科事務方に、「食って来たよ」の報告に添えて「途中で舌噛んで、死のうと思った」と言ったら、中からベテラン看護師が「私もそう思います。是非署名運動を!」と言っていたから、「ファミリーマート」も大概にせんとイケン!


・そして伊藤ドクターの外来。「医者の立場からは言い難いが」の前提が数十回出たが、1.初めての開腹手術の人に比べ、手術死のリスクは高い、2.通常は3時間だが、5時間くらいになるだろ?、3.勿論「切れ」と言われれば、私はヤリマス、4.私がここに来て6年弱だが、「切除必要の患者さんの胃リンパ」からも10%も転移は無い、5.貴方は大腸、肝臓部分切除と胆嚢切除など経験されていますが、「胃」は別です。今快適な暮らしをされていると思いますが、それが一変します・・・などなど外来は40分にも及んだ。


・生涯を「営業一筋」に託した身には、伊藤ドクターが「切るな!敢えて火中に飛び込むな!」と仰っているのが忖度(そんたく)出来る。「ま、胃のリンパ節転移が、〔上〕に上がっても『その時はその時』だ。73歳の今の生活を、極端に変えることも無いし、その折にはまた、『最新の治療法』も出来てるだろ?」と早々に腹を括る。


・となれば、やっぱ主治医は「放射線診断科」の山浦ドクターである。伊藤ドクターが別れ際に、「よろしく。でも出来るだけ会いたくないですね」と言った言葉を餞(はなむけ)に、また山浦ドクターを訪ねる。「では当面、胃中心のCTと肝臓中心のMRIを『年4回』としましょう。勿論結果外来の日は、『胃カメラ』と」・・・で本日の〆である。私も納得の「経過観察案」だった。


・久々の大須、「勲章オバサン」は来てくれた。高校マブダチの原クンは、何度も携帯に電話くれたらしいが、私のバッグ内で聞こえず、結局会えず。真面目な「勲章オバサン」は5時過ぎに帰り、ワケのワカラン「反韓アンチャン」の相槌を打っているうちに9時を回る。大阪の塒(ねぐら)に戻ったのは、ジャスト11時だった。


・それにしても伊藤ドクターの、「医者としては言えない」という度重なる説諭には感動した。私の【生還へのフォアボール】の読後感も伝えられていただけに、余計「親身」が感じられた。良いではないか、73歳にもなって「先楽後憂」ではないが、これほど一所懸命のドクターの説諭が裏に嵌って、「厄介な部位のがん転移」が有っても仕方が無い。「先楽後憂」の人生観を貫こう!と思う。

« 明24日は愛知県がんセンター | トップページ | 昨24日は、歌神・美空ひばりの26回目祥月命日:りんご忌 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

昨日は、酒幕ご来店ありがとうございました。

経過観察、なにごともなく良い日々を過ごされることを祈っております。
どうぞお体を大切に、ご自愛ください。

         竜子

竜子ママ、

昨日はお付き合いありがと。私が初めて縄暖簾をくぐったのが45歳の時だったから、お店もかれこれ28年持っているのだ、立派立派!しっかしま、多くは死んじまったけんど、昔の客はノリが良かったよね。昨夜の偏屈アンチャンには疲れたわ。小山クンのご冥福を祈ります。恵子ママにお力落としに無いように。

今度のCTが10月16日(金)、外来が21日(水)だから、冨野や佐久間が都合の良い方で顔出しするわね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃を取らないという選択!:

« 明24日は愛知県がんセンター | トップページ | 昨24日は、歌神・美空ひばりの26回目祥月命日:りんご忌 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト