« 私の5次がんバトル:4/27養生開始5日目 | トップページ | この売国・捏造の元朝日記者め! »

インドネシア独立宣言書に日本の皇紀が!

2015年05月09日
(インドネシア独立宣言書に日本の皇紀が!)

http://www.sankei.com/column/news/150509/clm1505090007-n1.html


・日本の皇紀の数え方は簡単で、「西暦に660年を加える」だけである。今年は西暦2015年だから、それに660年を加えれば、皇紀2675年である。因みに昭和生まれの我らは、「今年は昭和90年」と覚えれば、記憶がスッキリ整理出来る。


・日蘭関係は、一言で言えば紆余曲折の極みである。徳川幕府の鎖国時代でも、オランダだけは通商が許され、幕末に至るまで「洋学は蘭学」であった。しっかしま、オランダは東インド諸島(今のインドネシア諸島)に350年間君臨し続け、愚民化政策の下、東インドの富を搾取し続けていたのだ。


・アメリカの〔フランクリン・ルーズベルト〕は、米英中蘭、つまりABCD(America・Britain・China・Dutch)包囲網を布き、日本の「干(ひ)殺し」を図った。堪らず日本は、唯一日本にだけ宣戦布告をしていたオランダ領・東インドに「資源を求めて」攻め入ったのだ。


・一旦は日本によって追い出されたオランダは、日本の敗戦を機に、再び東インドに攻め入る。しかも英国の援軍も得てであった。日本は占領中に、1.教育だけでなく、2.練兵にも力を注ぎ、記事にあるように約4万人の東インドの青年を鍛えていたのが役に立った。しかも「敗戦した祖国・日本には帰らず」「この練兵らと共に戦った日本兵」は、600人とも2000人とも言われ、詳細は不明のままだ。


・初代大統領として「インドネシアの独立」を勝ち取ったスカルノは、その日本への感謝の気持ちを込めて「17/8/05」と、日本の皇紀2605年を独立宣言書に書いたのだろ? ただオランダの反日感情は厳しく、日本との真の友好が生まれたのは、近年になってからだ。(つい昨年も、国賓として来日した新国王が、またその当時の恨み言を述べていたが・・・)私が好きではない国のひとつである。


・産経ニュース・[一筆多論]から、記事を以下。

・「【語られないあの戦いの『理想』:榊原智】産経ニュース・[一筆多論] 2015.5.9 13:00」(写真:インドネシア建国の父・スカルノ=これでフルネーム。GOOGLE画像から拝借)


1_2  
 

・「【17/8/05】 これは、ジャカルタの独立記念塔に収められたインドネシア独立宣言書の日付である。『05年8月17日』を意味する。05年とは、日本紀元(皇紀)2605年のことだ。昭和20年、西暦1945年である」


・「宣言書に署名したのは独立運動のリーダーで、インドネシア共和国の初代大統領と副大統領になったスカルノとハッタの2人だ。日本が大東亜戦争に敗れた翌日、スカルノら建国準備委員会はジャカルタ在勤の海軍武官、前田精(ただし)海軍少将の公邸に集まり、インドネシア人だけで17日未明までかけて宣言書を起草した。前田は後に、インドネシア共和国建国功労章を授与された」


・「スカルノらが、強制されていないのに、敗戦直後の日本の紀元を独立宣言書に用いた意味は重い。西暦は植民地支配への反発から避けたようで、辛亥革命後の中華民国暦のように建国を元年にすることもできたが、そうしなかったのである」


・「大東亜戦争で日本は、インドネシアを350年もの間、植民地支配してきたオランダを駆逐し、軍政を敷いた。愚民化政策をとったオランダとの違いは、日本が官吏育成学校、医科大学、師範学校、商業学校など、国づくりに必要な教育を推進したことだ」


・「特に、祖国(郷土)防衛義勇軍(略称PETA)をつくり、3万8千人ものインドネシアの青年に訓練を施した意義は大きかった。彼らが、植民地支配に戻ってきたオランダ軍や援軍となったイギリス軍との間で、独立戦争を戦う中心となった。80万人の犠牲を払って独立を勝ち取ったのである」


・「日本へ引き揚げず、インドネシア独立戦争に身を投じた日本軍将兵は1千人から2千人もいたとされる。相当数が戦死し、ジャカルタ郊外のカリバタ国立英雄墓地に葬られた人もいる」


・「インドネシアでのアジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議に出席した安倍晋三首相は先月22日、カリバタ英雄墓地を訪ね、祈りをささげた。その際、首相は英雄墓地に葬られた残留日本兵の墓前に献花した。第1回バンドン会議(1955年)では、日本代表団は、アジア独立を掲げて戦ったことを感謝され、歓迎された経緯がある」


・「今回のバンドン会議での演説で、安倍首相は第1回会議の逸話にも、日本がアジア独立を掲げて大東亜戦争を戦ったことが有色人種の国々の独立につながったことにも触れてはいない。そこには日本流の謙虚さがあるし、当時は敵国で今は盟邦となったアメリカや友好関係にある西欧諸国への外交上の配慮がある」


・「首相がカリバタ英雄墓地に詣でたことは、日本人がアジア独立に貢献したことを、言葉でなく行動で伝える機会だったが、日本ではほとんど報じられなかった」


・「いつの時代でも戦争は避けるべき悲劇だ。それでも、日本が国を挙げて戦った戦争に、当時の日本人がどんな理想や意義を見いだしていたのか。外交場裏では語れなくても、後進の私たちは覚えておきたい。それがバランスのとれた歴史観につながる。(論説委員)」・・・

« 私の5次がんバトル:4/27養生開始5日目 | トップページ | この売国・捏造の元朝日記者め! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア独立宣言書に日本の皇紀が!:

« 私の5次がんバトル:4/27養生開始5日目 | トップページ | この売国・捏造の元朝日記者め! »

最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト