« 金殿玉楼に住んでいても不動産屋は不動産屋 | トップページ | 私の住まい前の名物トイレ »

イチロー、頑張れ!

2015年02月01日
(イチロー、頑張れ!)

http://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A2RACFEt6M1UkDAAkQgEnf57/RV=2/RE=1422866861/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=O2xZTsnPOdkYMgesb45OxMUjSBM-/RU=aHR0cDovL2J1enoubmV3cy55YWhvby5jby5qcC9hcnRpY2xlLzViOGM2NzhiZjgwYmI2OTQyNjhjY2FhZDQ1YzEwYzJjNzYwYzc0NTgvAA--/RK=0/RS=bTjasn3uqig7R752htWchm3Uk5o-


・一言で言えば「サムライの佇まい」、大袈裟に言えば「東洋の神秘」をイチローのオーラは感じさせてくれる。オリックス時代の振り子打法で、ポコン、ポコンとヒットを量産していた坊やの頃と違い、今は「風格」が滲み出ている。マイアミ・マーリンズで、是非MLB・3000本安打を達成して欲しいものだ。


・この「イチローに心酔している」ヤンキース番記者も、一言も「日米通算4000本安打」などとは言ってない。「27歳でMLBに来て、3000本安打記録を目前にしているのは信じられないことだ」と言っている。日本のブン屋も、日米通算など、アメリカ人が認めない記録をウダウダ言ってないで、この際「MLB・3000本安打」一色にした方がエエぞ!


・YAHOOニュースから、Full-Count の記事を以下。

・「【〔MLB〕NY記者がイチローに感謝 『間近で見ていてすごく魅力的な選手だった』】Full-Count  2月1日(日)15時30分配信」(写真:ヤンキースでは「31」を背負ったイチロー〔写真:田口有史〕)

Photo_4


・「★イチローに魅了されたニューヨークの地元紙記者・・・マーリンズに移籍の決まったイチロー外野手が2年半プレーしたヤンキースの番記者から感謝の言葉を捧げられている。地元紙『ジャーナル・ニュース』の『嫌な年齢になったなと感じています』との記事の中でチャド・ジェニングス記者が綴っている」


・「★ヤンキース番記者のジェニングス氏は日本の誇る安打製造機に魅せられていた人間の一人だった・・・『2年半の間、イチロー・スズキは間近で見ていてすごく魅力的な選手だった。ヤンキースは彼をキャリアの終盤で獲得し、もはや10年間に渡って彼を驚嘆すべきスーパースターにさせたレベルではなかったが、少しばかり衰えたバージョンのイチローでも、ワクワクさせてくれる存在だった。彼の独特な準備と試合に対するアプローチもその理由なのかもしれない』」


・「イチローは2012年7月23日にダニー・ファーカーとDJミッチェル両投手との2対1のトレードでマリナーズからヤンキースに移籍した。トレードマークだった背番号「51」から「31」へと変えたイチローはポストシーズンの舞台でも躍動し、オフに2年契約を結び直した」


・「ヤンキースでは360試合に出場。通算311安打という成績を残し、イチローはピンストライプのユニフォームを脱いだが、そのプロフェッショナルの塊のようなストレッチ、ウォーミングアップなど周到な準備は他のトッププレイヤーと比べても際立った印象を残したようだ」


・「★正直、彼のような選手を取材したことはなかった・・・『私は正直、彼のような選手を取材したことはなかった。私よりも彼をよく知る複数の日本人記者も、彼らが今まで会った中でもっとも興味深い人間だと話していた。彼は27歳にメジャーにやってきて、通算3000本安打を達成する本当のチャンスが存在する。まったくもって信じられないことだ。そこにたどり着くことを祈っている』」


・「『イチローはマーリンズと契約した。彼は4番目の外野手と予定されているけれど、昨年、彼はヤンキースのライトで多くの出場機会を手にするまでは、5番手の外野手となると思われていた』」


・「クラブハウスで垣間見せるイチローの謎めいた表情、独特な哲学などに心酔していた様子のジェニングス記者はイチローの金字塔達成に心からエールを送っている」


・「新天地マーリンズはマルセル・オズナ、クリスチャン・イエリッチ、そして、若きスラッガー、ジャンカルロ・スタントンという平均年齢24歳にしてメジャー最強と呼び声高い外野のレギュラー陣を擁している。マーリンズも4番手の外野手としてイチローを獲得し、本人もその位置づけを認めていたが、ジェニングス氏は昨年ヤンキースでの開幕前の状況を思い出している」


・「大型契約で加入したジャコビー・エルズベリー、同じくFAで加入したカルロス・ベルトラン、生え抜きで契約延長したばかりのブレット・ガードナー、そして、指名打者のレギュラーで4番手の外野手とされていたラファエル・ソリアーノに続く5番手という低い評価でイチローはシーズンイン」


・「だが代走、守備固め、代打などの限定的な起用法ながらクオリティの高いプレーを披露し、評価を覆した。385打席に立ち、オリックス時代から21年連続となるシーズン100安打を達成している」


・「イチローは現在最強マーリンズ外野陣にあっても4番手の枠にとどまらない活躍を見せてくれるかもしれない。ニューヨークの記者も期待を込めて今季の41歳の活躍を見守ることだろう」・・・

« 金殿玉楼に住んでいても不動産屋は不動産屋 | トップページ | 私の住まい前の名物トイレ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチロー、頑張れ!:

« 金殿玉楼に住んでいても不動産屋は不動産屋 | トップページ | 私の住まい前の名物トイレ »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト