« ケンチャナヨで平昌五輪危機 | トップページ | 入らん子:「生活のー」NHK『日曜討論』に呼ばれず »

大阪で『たかじん偲ぶ会』合戦

2015年02月04日
(大阪で『たかじん偲ぶ会』合戦)

http://news.livedoor.com/topics/detail/9747802/


・たかじんが「がん」で逝って1年、予想通りシッチャカメッチャッカの遺産争奪戦である。一番「馬鹿丸出し」なのは、売れっ子作家の〔百田尚樹〕テッカン坊主ではないか?


・『純愛』とでもしておけば良かったものを『殉愛』:つまり「愛に殉じる」と大見得を張った。広辞苑によれば【殉』とは「①死者のあとを追って死ぬこと。〔殉死〕。②ある事につくして命を投げだすこと。〔殉職〕〔殉教〕」とある。たかだかジジイの短い余生に纏わりついただけの若い女に、何故『殉愛』などという、激しい言葉を使ったのか?


・先ずは〔百田尚樹〕自身が、「全くモテない人生を送って来た野郎」だと思う。だから女の手練手管が全く見抜けず、「身も心も捧げた献身」だと盲目的に感動し、現在の超売れっ子の高慢も背中を押して『殉愛』などと間抜けなタイトルを冠してまた一儲けを企んだのだろう。


・人間「お里が知れたら」オシメェだ。百田尚樹の終焉は突然やって来たのだ。それこそクッサイクッサイ『殉愛』などというタイトルの本と「殉死」すれば宜しい。しっかしま、一番嘆いているのは、当の「たかじん」だと思うのだが・・・


・ライブドアニュースから、デイリースポーツの記事を以下。

・「【たかじんさん実弟が疎遠報道に怒りあらわ 大阪で一周忌『しのぶ会』】デイリースポーツ 2015年2月4日 6時58分」(写真:大阪市内で「しのぶ会」が開催されたやしきたかじんさん)

Photo_4

・「昨年1月3日に他界した、歌手でタレントのやしきたかじんさんを『しのぶ会』が3日、大阪市内の2カ所で開かれた。一周忌が正月三が日にあたるため、月命日に行われた」


・「同市内のホテルでは『TAKAJIN MEMORIES 2015』と銘打った会合が非公開で行われ、妻のさくらさん、作家の百田尚樹氏(58)、テレビ局関係者ら約150人が集まり、キャスターの辛坊治郎氏(58)が司会を務めた」


・「さくらさんの証言を基に百田氏が著した『殉愛』が訴訟騒動となっているが、出席者によるとさくらさんは『ご心配をおかけして申し訳ありません。本のことは後悔してません』とスピーチ、百田氏も『お騒がせしておりますが、ここでは多くを言うべきではないので』と話したという」


・「たかじんさんが生前利用していたライブハウス『umeda AKASO』では、親族や知人130人がイベントを開催し、たかじんさんの実弟の家舗良行氏(62)があいさつ。両親や兄の入院や葬儀の費用もたかじんさんが出していたと明かし『『なかなか家に帰られへんから、金の面倒はすべて見る』と…。表では疎遠的ですが、非常に親族を大事にしてくれた』と家族の絆を語った」


・「闘病中は直接の連絡ができなかったことや、親族への死去の報告が葬儀終了後だったことなども説明。『言いたかったのは、そんな(冷たい)兄貴と違うということ』と述懐、一部で親族と疎遠だったと報じられたことに『絶対許せない』と声を荒げた。たかじんさんの長女も出席予定だったが、良行氏によると『風邪で来られなかった』という」・・・


・【織伊友作の時事巷談】と、【織伊友作のがん患者への応援歌】に同時掲載。

« ケンチャナヨで平昌五輪危機 | トップページ | 入らん子:「生活のー」NHK『日曜討論』に呼ばれず »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪で『たかじん偲ぶ会』合戦:

« ケンチャナヨで平昌五輪危機 | トップページ | 入らん子:「生活のー」NHK『日曜討論』に呼ばれず »

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ
フォト