« 在日の後藤氏に、自決の勧めは無理だ | トップページ | さぁ始まったぞ、「日本はもう謝罪するな」:米識者続々 »

40数年来の友逝きて

2015年01月31日
(40数年来の友逝きて)

・家族ぐるみのお付き合いだったコンサルタントの多賀君(〔サブどん〕)が、足元の悪い昨日、大親友の〔ハチどん〕の盛大な葬儀に参列してくれて、今日詳細なメールをくれた。〔ハチどん〕が亡くなったのは27日(火)、パソコンが有る自室。奥様が気がついた時にはもう、冷たかったという。


・「毎日貴兄のブログを楽しませて貰っています!」といつもメールをくれていたので、「そうだ!そうだ!」と同調している時に、不意のお迎えだったのか。心筋梗塞ってか、我らの憧れの「ポックリ病」だったようだ。だから寝顔も安らかで、呼べば起き上がるような風情だったそうな。


・ご両親が始められた新聞配達店を、我らが縁を結んだ会社を辞めた後に継いで、つい2年前まで(創業52年だったか?)盛大にやっていた。静岡県袋井というところは温暖なところだとばっかり思っていたが、10月にはもう炬燵を出していたと言う。その様子を私が漫画にし、ご本人も満足げだったので、旅立ちに送ろう。


Photo_2


・何故バレーボールが炬燵近くにあるか?彼は「仰向け」に寝ると「無呼吸症候群」となる心配が有ったので、医師の勧めで就寝時には、1.バレーボールを入れたリュックを担ぎ、2.横寝のポーズをキープしていたのだ。時々バレーボールリュックの上に伸し上がり仰向きに寝てしまって、「朝方体中が痛い!」とボヤイていたっけ。その断末魔の漫画も有ったのだが、昨年春のXP騒ぎで失われてしまった。


・1.ちょっと頭を仮分数気味に編集し、2.チャイナ風サングラスをかけると「噴出しそうに」面白くなり、3.しかも時代遅れのエンブレムを胸にした上着がいい!4.まして小柄なので、美人で売った〔菅山かおる〕嬢に擦り寄らせたら最高である。生前本人に送ったら激怒し、「貴兄とは絶交する!」と息巻いていたが、一人で逝って絶交されてしまったので、堂々と掲載しよう。


Photo_3


・〔ハチどん〕の勇姿を見たのは、1.2007年正月20,21の箱根(同年12/05に逝った向田も居た)2.同年晩秋の10月27日の名古屋大須大会(2010/2/21に逝った立山も居た)と書いたあと、待て待て、12/05、その逝き立てホヤホヤの向田の枕辺に一緒に居た!と訂正したが、何の何の、2008年3月21日の私の『3次バトル』(肝臓がんと胆嚢の開腹切除)の早朝、袋井から駆け着けてくれ、夜まで詰めていてくれたことを、この文を書きながら思い出した。この2008/3/21が正式に彼を見た最後となったのだ!・・・本が有って良かった!


・葬儀はこの新年も、初詣客に熱い茶をふるまった総代を勤めたばかりの山名神社の禰宜により、神式でしめやかに執り行われたそうだ。中々人の心が読めるインテリだったし、仏式ではないので三途の川も渡らず、それこそ「千の風になって」大阪なんか一跨ぎだろうから、風の強い日は「悪口」を慎まねばならぬ。


【織伊友作のがん患者への応援歌】と、【織伊友作の時事巷談】に同時掲載。

« 在日の後藤氏に、自決の勧めは無理だ | トップページ | さぁ始まったぞ、「日本はもう謝罪するな」:米識者続々 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 40数年来の友逝きて:

« 在日の後藤氏に、自決の勧めは無理だ | トップページ | さぁ始まったぞ、「日本はもう謝罪するな」:米識者続々 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト