« こいつは春から、縁起の良い話だが | トップページ | 共産党の真の姿:血で血を洗う粛清 »

国民健康保険高額療養費の還付のお役所仕事

2015年01月14日
(国民健康保険高額療養費の還付のお役所仕事)


・昨年は9000円チョイの還付葉書が来たので、1.当該葉書、2.医療機関からの領収書の束、3.振込み先銀行のカードコピー、4.国民健康保険証、5.印鑑を揃えていそいそと自転車を漕いで区役所まで行った。「何で3ヶ月も前の分の知らせなのか」と訊いたら、「医療機関から市に来るのが3ヶ月くらいかかるんです」という返事だった。


・ガッツイている病院やクリニックが、そんなチンタラしている筈がない、恐らく大阪市福祉局保険年金課の「チンタラペース」がそんなものだろ?と思ったが、役人と口論しても時間の無駄なのでハイハイと手続きした。「で、振込みはいつ?」と訊いたら、「これから市に戻し、何で2円違うのかなどチェックしますから、3ヵ月半か4ヶ月あとになります」「おいおい、俺が払った領収書がエビデンス(証憑)だ。医療機関と役人の討論会は、金払ってからユックリしてくれろ。そんなに先なら、俺はもう死んどるわ!」と毒づいて帰ったが、昨日の窓口ネエチャンは、「6ヶ月かかります」と断言した。ヒェーッ!


・腹が立つのでさっき市役所の福祉局保険年金課に電話をした。役人はチャッカリ「医療機関からの請求が、3ヶ月くらいかかるので」と言った。「そりゃあんた、詭弁だろ?医療機関から市役所(福祉局保険年金課)に請求が届いたから、葉書を発行してるんじゃないか?6ヶ月の中にその3ヶ月は入れたらイケンだろうに」「済みません、聞き間違えました」(ホントかな?)


・「区役所の窓口の、昨年のニイチャンは、2円だの15円だの違いのチェックも含めて市に書類を戻すと言ったが」「いえ、市役所から区役所へ行って手続きされた書類が、また市に戻って来ることはありません。それと窓口でのお支払いは10円単位、医療機関からの請求は1円単位なので、差は出ます」


・「貴方は正直だし、分かりやすくて宜しい。じゃぁ『お手玉』するのは区役所だな?」「『お手玉』とは言えませんが、お振込みまでは区役所の仕事になります」「じゃぁ区役所を締め上げる。担当窓口の電話番号を教えてくれろ」


・区役所に電話。「いやぁ、余裕は戴いていますが、6ヶ月というのは戴き過ぎです」「じゃぁ誰が昨日のネエチャンに教え込んだんだ?」「さぁ、それは分かりませんが」「大体この区役所は、行くたんびにコロコロと違うことを言う。こんなんあんなん・・・」「わざわざ市まで電話して戴いて申し訳ありません」「疑問が生じたら、上へ上へが原則だ。橋下市長にだってメール入れるのが市民として当然だ」


・さ、こんだけ気合を入れておいたから、「年度末の3月末(2ヵ月半)までには入るだろ」・・・因みに5月分が4092円、8月分が3315円、計7407円のショボイ話だが。ただ役人への「喝入れ」は、定期的にやらにゃぁイケン。


・【織伊友作の時事巷談】と、【織伊友作のがん患者への応援歌】に同時掲載。

« こいつは春から、縁起の良い話だが | トップページ | 共産党の真の姿:血で血を洗う粛清 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民健康保険高額療養費の還付のお役所仕事:

« こいつは春から、縁起の良い話だが | トップページ | 共産党の真の姿:血で血を洗う粛清 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト