« 自衛隊も、震災復興に向けて闘っている:水没F2×18機 | トップページ | 育児に熱心な男は出世しない:『島耕作』作者・弘兼憲史氏 »

イチロー、『マイアミ・マーリンズ』へ

2015年01月24日
(イチロー、『マイアミ・マーリンズ』へ)

http://www.sankei.com/sports/news/150124/spo1501240007-n1.html


・スポーツ好きなアメリカ国民にとって、バスケ、アメフト、アイスホッケー、マーシャルアーツなどの熱狂フアンを抑えて、やっぱベースボールが「国技」と言っても良いのではないか?中でもMLB(メジャーリーグ・ベースボール)はその頂点に立ち、〔アメリカン・リーグ=アリーグ〕と〔ナショナル・リーグ=ナリーグ〕夫々15球団×2=30球団で構成されているのが凄い。


・日本は〔セリーグ〕〔パリーグ〕夫々6球団×2=12球団でコッツリとしているが、良いところはドラフト制度の浸透で、ようやく各球団が強くなり、どっちのリーグもその人気に遜色が無くなって来ていることだ。ただアメリカは、かつての日本の〔セリーグ〕と同じで、〔アリーグ〕の人気が圧倒している。


・イチローは『マイアミ・マーリンズ』が拾ってくれることになり、〔ナリーグ〕に移るのに残念がる声も有るが、「3000本安打達成」「3000クラブ入会」を目指し、あと156本に迫った安打記録に没頭して欲しい。日本人は「日米通算」を言いたがるが、アメリカ人はそれを認めない。以下、〔アリーグ〕〔ナリーグ〕の球団紹介を。


・〔アメリカンリーグ〕:(東地区)・1.『ボルチモア・オリオールズ』、2.『ボストン・レッドソックス』、3.『ニューヨーク・ヤンキース』、4.『タンパベイ・レイズ』、5.『トロント・ブルージェイズ』、(中地区)・6.『シカゴ・ホワイトソックス』、7.『クリーブランド・インディアンス』、8.『デトロイト・タイガース』、9.『カンザスシティ・ロイヤルズ』、10.『ミネソタ・ツインズ』、(西地区)・11.『ヒューストン・アストロズ』、12.『ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム』、13.『オークランド・アスレチックス』、14.『シアトル・マリナーズ』、15.『テキサス・レンジャーズ』


・〔ナショナルリーグ〕:(東地区)・1.『アトランタ・ブレーブス』、2.『マイアミ・マーリンズ』、3.『ニューヨーク・メッツ』、4.『フィラデルフィア・フィリーズ』、5.『ワシントン・ナショナルズ』、(中地区)・6.『シカゴ・カブス』、7.『シンシナティ・レッズ』、8.『ミルウォーキー・ブルワーズ』、9.『ピッツバーグ・パイレーツ』、10.『セントルイス・カージナルス』、(西地区)11.『アリゾナ・ダイヤモンドバックス』、12.『コロラド・ロッキーズ』、13.『ロサンゼルス・ドジャース』、14.『サンディエゴ・パドレス』、15.『サンフランシスコ・ジャイアンツ』


産経ニュース・[MLB]から、記事を以下。

・「【イチローはマーリンズへ 1年契約、年俸2億4千万円 第4の外野手として 初のナ・リーグ】産経ニュース・[MLB] 2015.1.24 07:56」(写真:イチロー選手・・・ちょっと老けた?)

Photo
 

・「米大リーグ、ヤンキースからフリーエージェント(FA)になったイチロー外野手(41)=本名鈴木一朗=がマーリンズと1年契約で合意したことが米球界関係者への取材で23日に分かった。地元紙マイアミ・ヘラルド(電子版)によると年俸は約200万ドル(約2億4千万円)。15年目となる大リーグでは3球団目で、ナ・リーグ球団に所属するのは初めて」


・「イチローは控えの立場からスタートした昨季、143試合に出場して打率2割8分4厘、1本塁打、22打点、15盗塁の成績だった。マーリンズは第4の外野手として獲得に乗り出していた」


・「2001年にマリナーズ入りしたイチローは、1年目にア・リーグ最優秀選手(MVP)と新人王を同時受賞。04年にシーズン最多安打の大リーグ記録を塗り替える262安打を放ち、10年まで10年連続200安打を達成した。12年7月にヤンキースへ移籍し、13年8月には日米通算4千安打を達成した。大リーグ通算3千安打まであと156本に迫っている。(共同)」・・・

« 自衛隊も、震災復興に向けて闘っている:水没F2×18機 | トップページ | 育児に熱心な男は出世しない:『島耕作』作者・弘兼憲史氏 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチロー、『マイアミ・マーリンズ』へ:

« 自衛隊も、震災復興に向けて闘っている:水没F2×18機 | トップページ | 育児に熱心な男は出世しない:『島耕作』作者・弘兼憲史氏 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト