« 未だやってるのか?サウスコリアの審判買収 | トップページ | 年が改まっても慰安婦!慰安婦!:パックネ »

勝てば官軍で70年か?:アメリカのジェノサイド

2015年01月12日
(勝てば官軍で70年か?:アメリカのジェノサイド)

http://www.sankei.com/politics/news/150112/plt1501120017-n1.html


・戦争作戦の中に『無辜の民の虐殺』を平然と盛り込んだのはアメリカくらいだろう。だから私は米軍のことを、いつも「最強・最凶」と書く。勿論広島・長崎の原爆投下が象徴的だが、東京・名古屋・大阪の大空襲に代表される無辜の民(非戦闘員)への虐殺(焼き殺し)も凄まじかった。


・しっかしま、日本が黙っているのを良いことに、アメリカはこの70年「知らんプリ」をして来た。あまつさえ「アメリカの朝日新聞」とも言えるNYT(ニューヨーク・タイムズ紙)などは、「日本は歴史を修正しようとしている」と難癖まで付けて来ている。


・敗戦から70年のけじめの年、日本は「言うべきことは言う」という毅然とした態度で立ち上がらなければ、これまでのダンマリはもう通じない。産経ニュース・[阿比留瑠比の視線]から、記事を以下。


・「【米国の傲慢な歴史修正 戦勝国は全てを正当化、敗戦国は我慢…もつわけがない】産経ニュース・[阿比留瑠比の視線] 2015.1.12 14:30」


・「戦後70周年を迎える平成27年は、歴史認識をめぐる『歴史戦』の年になる。米紙ニューヨーク・タイムズなどは早速、日本の保守勢力に『歴史修正主義』のレッテルを貼ってきたが、戦勝国の立場にあぐらをかき、歴史を修正してきたのはどちらか-」


・「そんなことをぼんやり思いながら昨年末の休暇中、高校書道部を舞台にした漫画『とめはねっ!』(河合克敏著)を読んでいて、思わず息をのんだ。作中、見開きで大きく紹介されていた昭和20年3月10日の東京大空襲を題材にした元教師の書家、井上有一氏の書『噫(ああ)横川国民学校】(群馬県立近代美術館所蔵)があまりに衝撃的だったからだ」


・「『アメリカB29夜間東京空襲 闇黒東都忽化火海 江東一帯焦熱地獄』『親は愛児を庇(かば)い子は親に縋(すが)る』『全員一千折り重なり 教室校庭に焼き殺さる』『噫呼何の故あってか無辜(むこ)を殺戮(さつりく)するのか』「倉庫内にて聞きし親子断末魔の声 終生忘るなし』」


・「書幅いっぱいに埋め尽くすように書かれた文字は、積み重なり、苦しみながら焼き殺された人々に見える。自身は一命を取り留めたものの教え子を失った井上氏が、血涙で書いたかのような印象を受けた。約10万人が死亡した東京大空襲は、非戦闘員の殺傷を目的としており、もとより国際法違反である。米田建三・元内閣府副大臣の調査によると、東京大空襲の『作戦任務』(同年3月9日付)の目標は、軍事施設ではなく『東京市街地』と明記されている。最初から一般住民を標的にしていたことは明らかなのだ」


・「また、東京大空襲・戦災資料センターが東京都から寄贈された被害者の名簿3万人分のうち、年齢が分かる人について調べた結果がこの空襲の性質を表している。それによると、被害者の年齢層で最も多いのは0~9歳の20%で、次いで10~19歳の18%だった。実に4割近くが未成年だったのである。これは通常の戦争遂行行為ではなく、米軍による子供の大量虐殺(ジェノサイド)にほかならない」


・「しかも米国は戦後、こうした自らの罪を日本人の目から隠そうとした。明星大戦後教育史研究センターの勝岡寛次氏の著書『抹殺された大東亜戦争 米軍占領下の検閲が歪(ゆが)めたもの』(明成社)によると、連合国軍総司令部(GHQ)は検閲で、例えば米軍の東京大空襲での国際法違反行為を指摘したこんな文章を削除した」


・「『無辜の一般市民に対して行へる無差別的爆撃、都市村邑(そんゆう)の病院、学校、その他文化的保護建物の無斟酌(しんしゃく)の破壊、病院船に対する砲爆撃等、計(かぞ)へ来らば例を挙ぐるの煩に堪へぬほど多々あつた』(信夫淳平氏『我国に於(お)ける国際法の前途』)


・「『米国は原子爆弾と中小都市焼爆で日本全土を荒廃し数百万人の非戦闘員を殺傷せしめた』(石原莞爾氏・宋徳和氏対談「満州事変の真相」)米国は、自分に都合の悪い歴史は堂々と修正し、歴史から抹殺しようとしてきたのである。当時、日本に対する空襲について『史上最も冷酷、野蛮な非戦闘員殺戮の一つ』(ボナー・フェラーズ准将)と自覚していたのは間違いない」


・「焼夷(しょうい)弾を使用した夜間無差別爆撃に踏み切ったカーチス・ルメイ少将の下で、作戦計画作成に当たったロバート・マクナマラ元国防長官は記録映画『フォッグ・オブ・ウォー』(2003年公開)の中でこう赤裸々に証言している。『ルメイも私も戦争犯罪を行ったのだ。もし、負けていればだ』」


・「だが、戦勝国は全部を正当化し、敗戦国はすべてを我慢するなどという状態が70年以上ももつわけがない。米国は傲慢になりすぎない方がいい。(政治部編集委員・あびる るい)」・・・

« 未だやってるのか?サウスコリアの審判買収 | トップページ | 年が改まっても慰安婦!慰安婦!:パックネ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私は江東出身、両親もです。
聞いた話、大空襲の日は、子供だった両親は疎開して無事でした。
母方は両親兄姉計5人なくなり、お墓に骨はありません。
家は丸焼け、商売してたので金庫だけポツンと残ってたそうです。
残った兄姉5人で焼け野はらのなか何とか生き延びました。
当時は国の援助もなく、埼玉の農家まで食べ物をもらいに行ったそうです。
父は家族は無事でしたが、住む家が無いので、家族バラバラになり、父は会ったこともない親戚をたらい回しされ、一年後大分からおにぎり2つ持ち3、4日かけて電車乗り継ぎ帰れたそうです。
中国韓国は勿論、アメリカも基本同じスタンス、まあ自由主義だけマシですが。
今の豊かな暮らしは先代のご苦労あってのもの。
私達は歴史の間違いは正し、後の世代につながなくてはなりません。修正ではなく訂正主義。
長くてごめんなさい。

ゆるこ様、

コメント、有難うございました。ご苦労なさいましたね。私は友人の会社の専務(2歳年長、江戸っ子)から東京大空襲の凄惨さを切々と訊きました。無口な彼を友人は、「アイツは発音がおかしい」と、サンドバッグ代わりに自分の一方的話しかしなかったからです。

「朝日新聞をアサシヒンブン、又はアサシシンブン)」、「商品をヒョウシン、又はヒョウヒン」と言うのは発音がおかしいのではなく、江戸方言なのです。私は知識もあり優しいので、専務は訥々と「東京大空襲」の様子や「親類縁者の大犠牲」のことを話してくれました。

ご苦労なさった貴女に、私の「早期核武装を!」ブログは違和感を覚えられるかも知れませんが、真の専守防衛の条件に核武装は欠かせません。護憲、丸腰はセンチメントな錯覚主義です。


国際社会で「話し合い」など何の威力も有りません。日本の恒久平和を望むなら、アメリカのような凶暴な民族から二度とジェノサイドを受けたくなかったら、軍備増強・核武装は、下着と上着とオンナジです。

私は日本の重武装、独立派です。
中国韓国なんて相手にするのも面倒、アメリカもあんな国だと認識してます。
淡々と自衛して、私達は教養身につけて、日本を続けて行くのです。
いつも楽しい?記事ありがとうございます。

ゆるこ様、

コメント、有難うございました。今更徳川幕府の「鎖国政策」が、日本の1.平和、2.専守防衛、3.独自文化の熟成のためにいかに優れていたかと、尊崇しております。

日本は、凶暴なアングロサクソンに街と無辜の民を焼かれ、人体実験の原爆を2つも落とされながら、そのアメリカの「ポチ」として平和と経済発展だけはモノにしました。しっかしま、敗戦後70年がそうだったからと言って、これからもそうとは限りません。

ノースコリア如きが核武装出来る時代です。松本の大本営移設のための地下壕跡ででも、独自にもう、核開発を始めるべきでしょう。専守防衛の要は、何と言っても「核」しか有りません。レームダックオバマと過ごす2年間で、益々チャイナや南北コリアは図に乗って来ます。日本の独立を守るには、1にも2にも核武装(保有)です。

アメリカが憎くてたまらない二十歳のものです。戦後が終わらない絶望感にいきる気力を奪われています、いつまでも、いつまでも、いつまでも、いつまでも、いつまでも、いつまでも、いつまでも、いつまでも、いつまでも、いつまでも、日本は主張出来ない。
アメリカは死んでしまえ死んでしまえ死んでしまえ死んでしまえ。

あ様、

アメリカ嫌いも日本国民の主張です。コメント有難うございました。只何で2年以上前の記事へのコメントなのか?が不思議です。私は親米家で、その2年の間にナンボでも投稿していますのに。

ギブミーチョコレート!と叫んで、米軍の黒人兵からお菓子を貰って飢えを凌いだことのない貴兄のアメリカ嫌いは、宗教観に似ています。我ら昭和17年生にしたら、恥も外聞も無い必死な毎日でした。パンパンガールをやっていたT君の姉さんが羨ましく感じた頃でした。

我らの世代の多くは、アメリカ一国に占領されたのがラッキーだった!と思っています。北海道はソ連、本州はアメリカ、四国は英国、九州はチャイナの占領下だったら、今日の日本の繁栄は有り得ません。宗教観は勝手ですが、覚醒されますように。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝てば官軍で70年か?:アメリカのジェノサイド:

« 未だやってるのか?サウスコリアの審判買収 | トップページ | 年が改まっても慰安婦!慰安婦!:パックネ »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト