« 日本新幹線のストロングポイントは「耐震性」 | トップページ | 調子に乗るんじゃネェぞ、アップル! »

イチロー粘れ!

2015年01月09日
(イチロー粘れ!)

http://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A2RACFF0hK9U_ygAqQ4Enf57/RV=2/RE=1420875253/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=O2xZTsnPOdkYMgesb45OxMUjSBM-/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTUwMTA5LTAwMDAwMDEzLW5rZ2VuZGFpLWJhc2UA/RK=0/RS=MgZZc7eSMYeE.4SVHaSLENRvUfU-


・イチロー選手は、「日米通算安打4000本」を既に達成しているが、アメリカでは「ふぅん、そうなんだ?」程度の評価である。そんなことより1.ピート・ローズ(4256本)と、2.タイ・カップ(4191本)の『MLB4000本安打クラブ』が燦然と輝く下に、26人の『MLB3000本安打クラブ』が有る。


・今その『3000本』に迫っているのが、1.アレックス・ロドリゲス(2939本)、2.イチロー(2844本)だ。ロドリゲスはあと61本、イチローはあと156本だ。ニューヨークヤンキースから移籍するに当たり、年俸などの他に、イチローが1.「最低出場試合数」と、2.「最低打席数」の付帯条項を加えたいのは当然である。イチローよ粘れ粘れ!


・YAHOOニュースから、日刊ゲンダイの記事を以下。

・「【交渉長期化の原因か イチローが突きつける移籍の『付帯条項』】日刊ゲンダイ 2015/01/09(金) 9時26分配信」(写真:GOOGLE画像から拝借)

Photo_2


・「★本人と各球団の評価には大きな隔たりが/(C)AP・・・イチロー(41)の移籍先が決まらない。米全国紙『USAトゥデー』のボブ・ナイチンゲール記者が7日(日本時間8日)、自身のツイッターに『オリオールズ、マーリンズに加えてブルージェイズもイチローに興味を示している』と記した」


・「実績抜群で、カネにこだわっているわけでもない。にもかかわらず、代理人が『もう少し時間がかかるかもしれない』と長期戦を視野に入れている理由は、イチロー側が望む『付帯条項』に原因があるといわれる。メジャーリーガーの契約は通常、ベースとなる年俸に加え、成績に応じた出来高払いやトレード拒否権などを盛り込む。イチロー側は今回、この付帯条項に『最低出場試合数』と『最低打席数』をどうしても加えたいというのだ」


・「★米代理人関係者がこう解説する・・・『イチローは残り156本に迫ったメジャー通算3000本安打の今季中の達成に躍起になっています。それで当初はレギュラーを確約してくれる球団を探していたのですが、なにしろ41歳。盛りの過ぎたべテラン外野手に定位置を保証する球団はなく、交渉は不調だった』」


・「『それならと、今度は試合数と打席数の確約を主張しているというのです。一説には昨季の出場試合数(143試合)を上回る150試合出場と、500打席(昨季は計385打席で102安打)を最低条件にしているともいいます』」


・「『150試合』に『500打席』といえば、ほとんどレギュラーに匹敵する数字。あくまでイチローを『4人目の外野手』としか評価しない各球団との隔たりは大きく、簡単に折り合いはつきそうもない」・・・

« 日本新幹線のストロングポイントは「耐震性」 | トップページ | 調子に乗るんじゃネェぞ、アップル! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチロー粘れ!:

« 日本新幹線のストロングポイントは「耐震性」 | トップページ | 調子に乗るんじゃネェぞ、アップル! »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト