« 日本版・海兵隊 | トップページ | 孤立するチャイナは、いつ暴発するか? »

日本サッカー協会、マスコミも変われ!

2014年07月15日
(日本サッカー協会、マスコミも変われ!)

Tyuujyou


http://getnews.jp/archives/621261

・寝不足ってか、体調までガタガタにしてくれた地球の裏側:ブラジルでのW杯も終わってしまった。中盤からの大方の予想通り、「総合力のドイツ」が1-0でアルゼンチンを破り優勝した。私も目覚ましをキチンと午前4時に合わせ、有終の美を味わうことが出来た。

・日本のマスコミや、それに雇われたコメンテータたちが、いかに「いい加減」なことを喚いて、日本国民を煽ったかが、しみじみと分かる。この記事にも有るが、「戦時中の日本の新聞」と何も変わらない「いい加減さ」だった。「サッカーとは肉弾戦」であり、「鉄壁の守りから、一転カウンター攻撃に移る」のが上策であることが良く分かった。

・ゴールキーパーに次ぐ位しか動かず、カウンター攻撃時だけ動くメッシも、所詮は「神の子」ではなかったことも証明された。一段となって動くゲルマン民族=ドイツは、やっぱ強かったわ。それにしてもトットとザッケローニを追い返した「日本サッカー協会」には、「総括」とか「反省」といった気風が無いのか?と怪訝に思っていたら、サッカー記者の大先輩が『喝』を入れてくれた。

・ガジェット通信から、NEWSポストセブンの記事を以下。(写真は、グーグル画像から借用)

・「【W杯惨敗 協会批判できない御用メディアにベテラン記者が喝】NEWSポストセブン 2014.07.13 16:00」

・「ワールドカップでなぜ日本は惨敗を喫したのか。十分な総括も行われないまま、新監督の就任が取り沙汰されている。サッカー取材歴60年、サッカー記者の草分け的存在である中条一雄さんが『喝』を入れる」

・「『日本代表は技術、体力、個人的才能が全部ありませんでした。戦略や戦術を磨いても戦闘力が無かった。具体的にはストライカーがいない。ワントップにするにしても、新聞に載っていた代表OBたちの予想を読んでいたら、大久保嘉人を推す者がいれば、岡崎慎司や大迫勇也を推す者もいた。つまり誰も決め手に欠いていたんだよね」」

・「『メディアは本田圭佑、香川真司をやたらもちあげていたけれど、ヨーロッパにあれぐらいの選手は100人や200人はいると、テレビを見ていた人も十分わかったと思います。サッカージャーナリストたちが知らないはずがないと思うんだけどね。どうも見方が甘い』」

・「『ストライカーがいないとずっと同じ課題を指摘されてて、同じ負け方を繰り返しているのは日本サッカー協会にそれだけ哲学がないということです。ザッケローニ監督の責任だけじゃ無くて、協会の偉い人たちも自分たちがやってきたことを反省してほしい。それが現れていたのが、ザッケローニさんをすぐイタリアに帰しちゃったこと。帰国させる前になぜ4年間の総括を聞かないのか』」

・「『敗れましたが、ザッケローニさんは人柄も良く、イタリア・サッカーの神髄を知る人ですよ。協会内部で聞き取り調査をしたかもしれませんが、公の場でやるべきです。国内の指導者やジャーナリスト、サポーターも招いてシンポジウムのような形でいい。今は新監督人事の話題に移っていますが、まるでザッケローニさんの口封じのよう。いまの日本サッカー協会は風通しが悪いし、いつも自分たちの責任を回避している。これでは同じことをまた繰り返すことになります』」

・「『メディアもそれに荷担している部分がある。ワールドカップの取材パスの関係で、監督の批判は書けても協会の批判はしづらい雰囲気があるのではないか。私が初めてW杯を取材した1974年の西ドイツ大会では、日本から現地取材に行った記者は4、5人でした。FIFAに直接申し込んで取材パスを受けていた。それが1994年アメリカ大会か1998年フランス大会から、日本からの申請者が殺到するようになって、日本サッカー協会がパス申請を受け付けて管理する体制に変わりました』」

・「『私も8大会連続で取材を続けてきたんですが、2006年のドイツ大会で初めてパスが給付されなかった。日本サッカー協会の『審査』に落ちちゃったんですね。理由は明らかにされませんでしたが、周りでパスの給付を受けた人、受けられなかった人をみると、たぶんJ1など国内リーグの取材実績が関係していたと思います』」

・「『つまりW杯の取材パスなのに、W杯の取材実績は関係なくて、日本サッカー協会が描く日本サッカーの普及に協力してたかどうかが問われたんだよね。協会に協力しているメディアに『ご褒美』としてパスを出している。これではまともな評論は育たないし、きちんとした評論無くして日本サッカーの進歩もありません』」

・「『そういう雰囲気だから、メディアも『日本頑張れ』一辺倒の報道で、『日本が優勝するかも知れない』『日本がコロンビアに勝てば予選グルーブ突破も』とか、現実を見ない景気の良い報道ばかりしている。戦争中に軍部をヨイショしていた構図と同じですよ。実際にコロンビアとの対戦を見た人なら、日本が勝てるはずもない相手だとわかったでしょう(笑)』」

・「『しかもまだW杯は続いているのに、貴重な取材パスを持った日本の報道陣が続々と帰国している。これはサッカー記者として本当に恥ずかしい。これで『私はW杯を取材しました』と言えるんですかね』」

・「『今からでも遅くはないので、次の監督選びは慌てず、まず今大会の総括から始めるべきです。フランス人、ブラジル人、イタリア人とか場当たり的に外国人監督ばかり物色してはいけません。日本人だって素晴らしい指導者が育ってきていますよ。もっと広い視野、高い見地から日本が本当にワールドカップで勝てる方法を謙虚に考えてほしいですね。(談)』」

・「■プロフィール 中条一雄(ちゅうじょう・かずお) 1926年生まれ。中高大とサッカー選手。1953年に朝日新聞社に入社し、運動部記者として主にサッカーとオリンピックの取材を手がけた。サッカー取材歴は60年に及ぶ。ワールドカップは1974年の西ドイツ大会から2002年の日韓大会まで8回、現地取材を行った。主な著書に『サッカーこそ我が命 – ワールドカップを楽しむ旅』(朝日新聞社)などがある」・・・

« 日本版・海兵隊 | トップページ | 孤立するチャイナは、いつ暴発するか? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本サッカー協会、マスコミも変われ!:

« 日本版・海兵隊 | トップページ | 孤立するチャイナは、いつ暴発するか? »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト