« 橋下ハッチャク。期待に応えられるのか? | トップページ | コリアンの手による『恥韓論』 »

やっぱ、サッカーもバレーも女の子か?:日本

2014年06月15日
(やっぱ、サッカーもバレーも女の子か?:日本)

Maketa


http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140615-00000016-reut-spo

・いかんじゃん。緒戦に勝ったチーム=80数%、緒戦に負けたチーム=8%が決勝リーグに進出できるというのが、FIFAの冷厳とした統計だ。日本チームが属するグループCには、ハチャメチャに強いコロンビアが居るので、これには勝てないとして、ギリシャとコートジボアールには何とか勝つか分けるかで行かないと、2位通過が苦しくなる。

・FIFAランキングでは、コートジボアールは23位だったか?日本は46位だったかなので、1-2の負けは「前線健闘」と言っても良いが、緒戦敗退では、日本チームは一度に不利になって来た。72歳になっても男は男だから、やっぱ負けても女の子の方に共鳴してしまうなぁ?

・「【W杯=日本は初戦逆転負け、主将長谷部『非常に厳しい敗戦』】ロイター 6月15日(日)12時0分配信」

・「6月14日、サッカーのW杯ブラジル大会は各地で一次リーグの試合を行い、C組の日本はコートジボワールに1─2で逆転負けし、黒星スタートとなった。写真は試合後、スタジアムから去る日本代表選手ら(2014年 ロイター/Ruben Sprich)」
 

・「『レシフェ(ブラジル) 14日 ロイター』 - サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は14日、各地で一次リーグの試合を行い、C組の日本はコートジボワールに1─2で逆転負けし、黒星スタートとなった」

・「日本は試合開始16分、本田圭佑が左足を振りぬいて先制ゴール。その後、ファウルから直接FKを与える場面もあったが、リードを守ったまま前半を終えた」

・「後半8分から日本は、チーム最年長の遠藤保仁が長谷部誠と交代して出場。一方で、コートジボワールは同16分にエースのドログバを投入してから動きが良くなり、その3分後にボニのゴールで同点に追いつき、立て続けにジェルビーニョのヘディングシュートで逆転した。ボール支配率はコートジボワールが58%、日本が42%だった」(解説:やっぱりランキングは正しい)

・「日本のザッケローニ監督は試合後、『今日よりも良いプレーをして次の2試合は勝ちちたい』とコメント。また、主将の長谷部は『非常に厳しい敗戦。自分たちのサッカーを表現できなかった』と語り、次のギリシャ戦に向けては『もう一度最高の準備をして、チーム一丸となって切り替えていきたい』と語った」

・「C組ではこのほか、コロンビアがギリシャに3─0で快勝した」・・・

« 橋下ハッチャク。期待に応えられるのか? | トップページ | コリアンの手による『恥韓論』 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ、サッカーもバレーも女の子か?:日本:

« 橋下ハッチャク。期待に応えられるのか? | トップページ | コリアンの手による『恥韓論』 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト