« サウスコリアサッカーは、ホントに強いのか? | トップページ | 垣間見えるテレビ現場の様子 »

ま、医療行為という衣は着ているが:日本海自艦、ベトナム入港

2014年06月06日
(ま、医療行為という衣は着ているが:日本海自艦、ベトナム入港)

Kunisaki


http://sankei.jp.msn.com/world/news/140606/amr14060619040010-n1.htm

・安倍ちゃんも中々やるじゃん?こういうことはグッダラグッダラ国会論議する話ではない。軍事は先手必勝なのだ。南シナ海で暴虐の限りを尽くすチャイナに対し、1.アメリカ軍、2.オーストラリア軍を乗せて、3.日本が輸送するとはよく考えられている。勿論「医療行為」の衣は着ているが。

・日本では共産党や社民党が火吹き達磨のような顔をして怒り、創価学会婦人部は、公明党の山口を叩きまわしているのではないか?「百日の説法、屁ひとつ」というのは「急激な失望感」をいうが、これはその逆で、「グッダラグッダラ議論している間は無かった!」ということだろ?

・MSN産経ニュースから、記事を以下。

・「【米豪軍乗せた日本海自艦、ベトナム入港 3カ国結束で中国牽制】MSN産経ニュース 2014.6.6 19:04」(写真は6日、ベトナム中部ダナンの港に到着した海上自衛隊の輸送艦「くにさき」(共同))

・「南シナ海に臨むベトナム中部ダナンの港に6日、米軍とオーストラリア軍の隊員計約140人を乗せた海上自衛隊の輸送艦〔くにさき〕(解説:おおすみ型)が入港した。ダナン市内で医療支援と文化交流を行うのが目的だ」(解説:ま、戦闘出来る人数ではないが)

・「南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島海域では中国の石油掘削作業を発端に、中国とベトナムの公船などが衝突を繰り返し緊張が高まっている。ダナン訪問は地域の海洋安全保障に関与を強める日米豪3カ国が結束して中国を牽制(けんせい)する格好となった」

・「活動は米軍が中心となり、アジア太平洋地域で医療活動などを行う『パシフィック・パートナーシップ』の一環。自衛隊は7月15日までの予定でベトナム、カンボジア、フィリピンを訪問する」

・「くにさきには海自の人員約150人と米軍の約130人、オーストラリア軍の約10人が乗り込み、米海軍横須賀基地を5月29日に出航した。海自当局者によると、海自輸送艦が米軍やオーストラリア軍の要員を大規模に運ぶのは初めてという。(共同)」・・・

・「くにさき情報」はwikiから抜書きさせて戴こう。以下。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8F%E3%81%AB%E3%81%95%E3%81%8D_(%E8%BC%B8%E9%80%81%E8%89%A6)

「くにさき」は、中期防衛力整備計画に基づく平成11年度計画8,900トン型輸送艦4113号艦として、日立造船舞鶴工場で2000年(平成12年)9月7日に起工し、2001年(平成13年)12月13日に進水、2003年(平成15年)2月26日に就役の後に自衛艦隊第1輸送隊に配属された。

2004年(平成16年)12月26日に発生したスマトラ沖地震の被災地援助の為、国際緊急援助隊派遣法に基づき護衛艦「くらま」、補給艦「ときわ」とともに派遣された。援助物資のほか、CH-47JAヘリコプター3機、UH-60JAヘリコプター2機を輸送し、海上基地としても利用された。

« サウスコリアサッカーは、ホントに強いのか? | トップページ | 垣間見えるテレビ現場の様子 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ま、医療行為という衣は着ているが:日本海自艦、ベトナム入港:

« サウスコリアサッカーは、ホントに強いのか? | トップページ | 垣間見えるテレビ現場の様子 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト