« 馬鹿親は昔から居た | トップページ | カトちゃん ペ! か? »

どっちが世界から嫌われる民族か?

2014年06月17日
(どっちが世界から嫌われる民族か?)

・W杯で、普段から夜光虫のような生活なのに、私は「夜行性動物」のように進化してしまった!今朝早朝のポルトガル大敗北(ドイツ4-0ポルトガル)なんざ、やっぱクリスチャーノ・ロナウドの怪我・不調に尽きるだろうなぁ?

・日本も「未だ2戦有る!」などとヤサコトバを掛けられているが、決勝トーナメント出場は冷静に見て、「絶望」だろう。ただ「日本のサポーター」の応援の仕方、試合後の観客席ゴミ拾いなど、天晴れ!の一言に尽きる。世界中がこれに学べば良いと思うのだが。そうはイカのキン◯マが現実である。

・では先ず、日本のサポーター達の素晴らしさを、読売新聞の記事から先に。

http://www.yomiuri.co.jp/wcup/2014/etc/20140617-OYT1T50155.html?from=ytop_main5

・「【負けてもゴミ拾い…世界が賞賛、日本サポーター】読売新聞 2014年06月17日 19時19分」

・サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、日本―コートジボワール戦の観戦を終えた日本人サポーターが、客席のごみを片づける画像が世界に広まり、各国の主要メディアから称賛されている。ブラジルの有力紙『フォーリャ・デ・サンパウロ』(電子版)は15日、北東部レシフェで14日行われた試合の終了後に始まったゴミ拾いについて、『日本は初戦を落としたが、礼儀の面では多くのポイントを獲得した〔と報道した」

・「英紙インデペンデント(電子版)は16日、『日本の観衆がワールドカップの会場でゴミを集めたことは他国のサッカーファンにショックを与えた』と伝え、ゴミ拾いの様子の写真2枚も掲載した」

・「韓国の聯合ニュースは16日、日本人サポーターについて『敗北の衝撃に包まれながらも、破壊的な行動をせず、ゴミを拾い始めた』と指摘。画像は、中国のインターネット・ニュースでも伝えられ、国営新華社通信の中国版ツイッター『微博』には、『中日関係は落ち込んでいるが、日本のいい伝統は学ぶ価値がある』などの書き込みがあった」(解説:だったら先ず、唾吐き・痰吐きを止めろ!)

・「サポーターによる観客席のゴミ拾いは、日本がW杯に初出場した1998年フランス大会から行われている取り組みだという。試合中にスタンドで膨らませて応援する青い袋を、試合後はゴミ袋として活用した」(解説:もう16年!これは「良き伝統」と自画自賛して良いだろう!)・・・

・次は、今やチャイナと並んで世界トップ2になった「嫌な民族=サウスコリア」の、執拗ってか偏執的な「旭日旗」ニュースを、中央日報から。

http://japanese.joins.com/article/518/186518.html?servcode=600&sectcode=610 

・「【<W杯サッカー>日本対コートジボワール戦で“旭日旗応援”が登場】中央日報 2014年06月15日11時15分」

・「日本は15日にブラジルのレシフェで行われた予選リーグC組第1戦でコートジボワールと対戦した。この試合に日本は旭日旗ユニフォームを着た。(解説:先ず「どこが?」)

・「ユニフォームには議論となった旭日旗形態のデザインが含まれている。日本サッカー協会(JFA)のエンブレムと日章旗が配置された左胸を中心に11本の光線が広がるデザインは旭日旗を連想させる。旭日旗は日本帝国主義の軍旗として使われたので戦犯旗とも呼ばれる」(解説:例えは違うが、「弱り目に祟り目」って、こういうことじゃないの?)

・「このユニフォームは3月にホームページを通じ販売されて改めて議論を呼んだ。アディダス関係者は、『胸の模様は代表チームを構成する11人の選手が力強く飛び出すイメージ』と釈明した。韓国広報専門家の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授(解説:こ奴は狂人だと思う。こんなのが大学教授ってのが信じられない)が2日にFIFAのブラッターFIFA会長に日本代表ユニフォームに入っている『戦犯旗模様』を削除してほしいという内容の書簡を発送したが日本代表チームの変化はなかった」(解説:アタリマエダだろ?難癖・ゴロマキに付き合ってる暇は無いんだ!)

・「この日の試合には観覧席に戦犯旗模様を描いた服を着た日本のファンが登場した。前半16分に本田圭佑(ACミラン)が先制ゴールを決めた後、中継画面には『闘魂、必勝、覇者』という単語と戦犯旗模様を刻んだボーリングピン形のコスチュームを着た日本人ファンらが大きく歓呼した」・・・

・デザインセンスの無いコリアンに言っておくが、旭日旗を「戦犯旗」などと言っているのは、世界中に、1.南北コリアと、2.チャイナしかない。1.国家の象徴としての日章旗(日の丸)、2.戦いの旗としての旭日旗を2つ持っている日本は、つくづく「先人のセンスの良さ」が感じられてならない。

・本当ならば、スポーツの場では「旭日旗」を振るのが正しい「旗の使い方」である。しっかしま、ノーセンスであり、難癖・ゴロマキ専門のチャイナや南北コリアに気遣って、日本はスポーツの場でも「日章旗」を中心に使っているのだ。

・で、質問が有る。コリアンが「統一教会の旗」を叩かないのは、祟りを恐れてのことだろうが、じゃぁ何故「朝日新聞のロゴ」を叩かない?これは日本では「朝鮮日報」と呼ばれ、従軍慰安婦などと南北コリアに都合の良いデマ記事を拡散してくれているので、叩く訳にも行かないのか?いずれにせよ「セコイぞ!!」

« 馬鹿親は昔から居た | トップページ | カトちゃん ペ! か? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、お久しぶりです。
ほんとうに、中韓の妄想振りはネタがつきませんね・・・
旭日旗を戦犯旗などと、主交戦国の米英すら言ってないのに、ナチス党旗(鉤十字)といっしょくたにして日本たたきをしたいのでしょうが、そんな低劣な行為は日本や外国でもカスリもしませんね、呆れるほどの無駄な行為です---ばかまる出し~(笑う)
韓国てなにか、戦勝国面と戦争被害者面を都合のいいように使い分けて反日に勤しんでいますが(わらう)、もうちょっと歴史を勉強しまようよ・・・

話は変わりますが、本日久しぶりに書店に行きました(最近は通販購入が多い)。
目的はただひとつ、中韓と大東亜戦争の前後にまっわる事実に基づいた本の品揃えを見に行きましたが、出版不況の現在なのに多数の品揃えでした(ニコ、ニコ)
日本ダメ論者や、左翼系の著書数の貧弱さには思わず笑ってしまいました。
反日分子共はこれら本を反中、嫌韓、極右翼本と詐称してますが、事実に基づいたもので、読んだ結果がそうなるのであって、主客転倒もはなはだしです・・・
ネットでは保守系の記事が圧倒的に主流ですが、いまだに反日新聞やテレビの歪曲情報を鵜呑みにしている多数の存在には、書物の活字による真実の情報発信は大事だと思います。
よって日本人覚醒の一助として、なけなしの小遣いでこれらの本を購入してます(まことに微力ですが)
あ、それからなるだけ本は書店で購入しないと、今後は税金をチョロマカス某アマゾンは極力避けます。

時代の主流は保守、民族派の主張、言動です、多くの真実に気づき始めた日本で、もはやこの流れは誰にも止められないと予測してます(楽観と願望)。

八雲さま、

お久しぶりです。コメント、有難うございました。マッカーサーの時限爆弾が徐々に破裂を始めて、やれユトリ教育だの、やれ学級崩壊だのと、日本民族は破滅に向かってまっしぐらでしたが、そこはそれ、イ・ミョンバク、パックネという日本を覚醒させてくれる二大大統領が立て続けにサウスコリアに出現し、更に習近平という、時代錯誤も甚だしい帝国主義・膨張主義のリーダーがチャイナにも同時出現しました。「北のブースカ」の、1.オジを機関銃殺で粉砕し、2.骨片と粉砕肉は火炎放射器で焼くという、鬼畜も怯える残虐さもタイムリーな登場でした。

いくらボサーッとしている平和ボケの日本人でも、ここで目を覚まさなければ、単に馬鹿か「中韓教狂信者」でしょう。江戸幕府の手詰まりによる「不平等条約」も、日清・日露の戦勝という、国が強くなることでリカバリーして来ました。そして軍閥の行き過ぎは、大敗戦でご破算となり、あとはひたすらアメリカの庇護の下、経済力を磨きました。

しっかしま、オバマのヘッピリ腰に代表されるように、そのアメリカ旦那にも落日の影が見えて来ています。均整の取れた超大国ですから、また不死鳥のように復活するやも知れませんが、日本は「自分の国は自分で守る」というアタリマエダのステップを、ようやく登ろうとしています。あの大敗戦から、69年が経っています。全て「外圧」で目を覚ます、日本人の歴史の繰り返しです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どっちが世界から嫌われる民族か?:

« 馬鹿親は昔から居た | トップページ | カトちゃん ペ! か? »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト