« 百叩きの刑が似合い:片山被告 | トップページ | タイ、19回目のクーデター »

なでしこ、チャイナに勝つ:疲れた!

2014年05月22日
(なでしこ、チャイナに勝つ:疲れた!)

Photo_2

http://news.nifty.com/cs/sports/soccerdetail/soccerking-20140522-192086/1.htm

・両軍ヘトヘトだったが、テレビ観戦しているコチトラもヘトヘトだった。「アジアの笛」ってか「チャイナの笛」ってか、審判は買収でもされているのだろう、〔なでしこ〕が倒されようが頭突きされようが、チャイナのファウルは取られない。代わりに〔なでしこ〕のちょっとした体当たりでも、即刻ファウルである。

・とにかく「民族性」なのだろう、汚い遣り口はチャイニーズもコリアンも同じだ。「これはスポーツじゃなかったのか?」と思わせる、「勝つためにはナンデモアリ」の展開だ。男子同様、その内世界中から「対戦拒否」されるのではないか?ボールではなく、顔目掛けて頭突きしてくるんだぜ!怪我させられたら女の子だもん、後が大変だわ。

・私の贔屓の澤穂希選手が、ダイビングヘッドでコースを変えてネットを揺らした1点目は、スロー再生でしか見えなかった!2011年のFIFAワールドカップで、アメリカを倒した時の澤穂希がそこに居た。「よしよし、これで行け行けドンドンだ!」と思ったのが甘かった。気温は30度、湿度はアナウンサーは言わなかったが、恐らく80%以上有ったのではないか?

・結果、120分の激闘の末、宮間選手の絶妙なコーナーキックを岩清水選手が頭で決めて2-1で勝ってくれたが、次の対戦相手=「サウスコリアVs.オーストラリア戦の勝者」には、是非オーストラリアになって欲しいものだ。2試合続けて「汚い相手」では、〔なでしこ〕が可哀相だ。

・それにしても小柄ながら川澄奈穂美選手は本当にタフだ。120分間走り回っていた。尊敬!ニフティニュースから、リアルなサッカーキングの記事を以下。

・「【なでしこ、岩清水の劇的弾で5大会ぶりアジア杯決勝へ…延長120分の激闘制す】サッカーキング 2014年5月22日(木)21時52分配信」(写真は、ボールを奪い合う川澄 [写真]=Getty Images)


・AFC女子アジアカップ ベトナム2014の準決勝が22日に行われ、なでしこジャパンと中国女子代表が対戦した。グループAを首位で通過し、2015年にカナダで開催されるFIFA女子ワールドカップに7大会連続で出場することを決めたなでしこ。5大会ぶりの決勝進出を懸け、グループBを2位で通過した中国との対戦となった」

・「なでしこは開始5分、自陣からのロングボールを相手DFが処理をもたつき、ボールを拾った高瀬愛実が飛び出していたGKの位置を見ながらシュートを打ったが、ゴール右に外れる。26分に中国は右サイドからのボールをペナルティエリア内で収めたリー・インが振り向き様にシュートを打ったが、ゴール右へ飛んだボールはGK福元美穂が右手で弾いた」

・「43分にも中国は、リー・ドンニャが直接FKを狙ったが、枠を捉えられず。なでしこも前半終了間際に川澄奈穂美がミドルシュートを放ったが、枠をわずかに外れた」

・「試合をスコアレスで折り返すと、迎えた51分、左CKを得たなでしこは、宮間あやがニアサイドにボールを送ると、澤穂希がダイビングヘッドでコースを変えてネットを揺らし、先制に成功する」(解説:ホント、目にも留まらぬ斜め打ちのゴールだった!)

・「リードしたなでしこだったが、80分にペナルティエリア内で中島依美がハンドの反則をとられて、PKを与えてしまう。これをリー・ドンニャに決められ、試合は振り出しに戻る。なでしこは吉良知夏と木龍七瀬を立て続けに投入したが、両チームとも勝ち越し点は奪えず90分を終える」

・「延長に入り96分、なでしこは高い位置でボールを奪われてピンチとなるが、角度のないところからのシュートはGK福元が防いだ。延長前半終了間際にも中国の右サイドからのクロスが有吉佐織に当たり、ボールが枠の右隅に飛んだが、福元がバランスを崩しながらもかき出した」(解説:福元、神がかりのガードだった!)

・「延長後半、なでしこは木龍に代えて投入された菅澤優衣香にボールを集める。117分には宮間がフリーでミドルシュートを打つが、GKの正面を突いた。終了間際には阪口夢穂のロングパスを受けた菅澤が、トラップから強烈なシュートを放ったが、枠の上に飛んだボールは相手GKの好守に遭う。しかし試合は終わらない」

・「そのプレーで得たCKを宮間がゴール前へ送ると、岩清水梓がヘディングシュートを決め、値千金の決勝弾。これがラストワンプレーとなり、なでしこが2-1で勝利した。なでしこは、5大会ぶりの決勝進出を決め、初優勝を懸けて25日に決勝戦を戦う」・・・

【スコア】
なでしこジャパン 2-1(延長) 女子中国代表

【得点者】
1-0 51分 澤穂希(なでしこジャパン)
1-1 80分 リー・ドンニャ(中国)
2-1 120分 岩清水梓(なでしこジャパン)

« 百叩きの刑が似合い:片山被告 | トップページ | タイ、19回目のクーデター »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なでしこ、チャイナに勝つ:疲れた!:

« 百叩きの刑が似合い:片山被告 | トップページ | タイ、19回目のクーデター »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト