« 生存率は37.8%だそうな:セウォル号大惨事 | トップページ | 「チョットオバマ」に大きな土産は不要 »

サウスコリアは法治でなく、放置国家である!

2014年04月19日
(サウスコリアは法治でなく、放置国家である!)

Photo


http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140420/scr14042018000001-n1.htm

・表題は記事中からの借用だが、彼の国は正に、〔法治国家〕などではなく、〔放置国家〕と呼ぶのが正しい。読売が少し前に、「憲法の上に、『国民情緒法』があるかのように、司法も国民の声で判断する」と書いていたが、その煽り手は馬鹿マスコミである。

・キム・ヨナの銀メダルで国際スケート連盟に提訴するという暴挙で、頑張って金メダルに輝いたソトニコワ選手を日々傷つけ、恐らくプーチン大王も怒り心頭だと思う。今後暫くは国際スケート連盟に遺恨が残り、キム・ヨナに続くコリアン選手には、逆に手厳しい採点が下されるだろう。

・そして今度は、止せばいいのにFIFAへのゴロマキだ。ここまで続くと、FIFAも「これは狂った民族ではないか?」と思っているだろ?勝ちに拘っての余りのコリアン選手のラフプレー(スパイクで、相手選手の膝下を削りに来る)に、「有望選手を壊されては大変!」と、サッカー有名国はどこもサウスコリア戦はやりたがらない。そのうちに、FIFAから追放されるのではなかろうか?

・今度は旭日旗への因縁である。長友選手の写真を見る限り分からないが、コリアン馬鹿マスコミには、織り柄も何も、みんな旭日旗なのだろ?日本には、1.日の丸と、2.旭日旗が双方とも大切な旗である。中でも旭日旗は「日本人の闘争本能に火を点ける旗」である。チャイニーズがイチャモンを付けるのなら、未だ「戦った相手国」だから気持ちは分かるが、サウスコリアなど「第三国」だったので、イチャモンを付ける資格は無いではないか?

・因縁を付ける、ゴロを撒く、イチャモンをつける、嘘を言う・・・誰かそれでも、コリアンの良いところを見つけてくださいな!MSN産経ニュースから、記事を以下。

・「【今度はFIFAにかみ付く韓国メディア 日本代表ユニホーム販売は“罪”なのか?】MSN産経ニュース 2014.4.19 12:00」(新ユニホームでの記念撮影で笑顔を見せる長友。どこに「旭日旗」があるかお分かりだろうか?(共同))

・「韓国メディアの傍若無人ぶりはとどまるところを知らない。昨年11月にサッカー日本代表の新ユニホームに、日本の軍国主義の象徴と批判する『旭日旗』が描かれていると難癖をつけたばかりだが、今度は6月に開幕するワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場する32カ国のユニホームを公式ホームページで発売している国際サッカー連盟(FIFA)に対し、『日本のユニホームを公然と販売している』ことにかみ付き、『即刻抗議してやめさせるべきだ』と主張する」

・「『反日無罪』を“国是”とするだけに、保守系の国会議員も尻馬に乗り、『FIFAの政治利用だ』と日本への制裁を求める始末だ。韓国メディアは昨年11月、日本代表がオランダとの国際親善試合で着用した新ユニホームに描かれた左胸から伸びる11本の線をとらえて、これが『旭日旗のようだ』と騒ぎ立てた。だが、それだけでは終わらなかった」

・「韓国紙・中央日報(電子版)は3月12日付で『旭日旗デザインの日本サッカー代表ユニホーム…FIFAが公式販売』と題し、『昨年11月に公開されて物議を醸した日本代表のユニホームも88.99ドル(約9万6000ウォン)の代金を決済すれば世界のどこでも購入できる』と皮肉を込めて報じたのだ」

・「言い掛かりは続く。『強い政治的な意味を持つ旭日旗デザインのユニホームは『競技場で政治的な意思表現を禁止する』というFIFA規定に背くという意見が出ている』と主張。一昨年のロンドン五輪で韓国のパク・ジュンウが3位決定戦で日本に勝利した後、『独島はわれらの地』とハングルで書かれた紙を掲げ、FIFAからAマッチ2試合出場停止と罰金の処分を科された自らの無法ぶりを棚に上げて、暗に日本もその対象ではないかと指摘している」

・「そして、FIFAがユニホーム販売サイトで日本代表のユニホームを『昇る太陽から放たれた光線を形象化したデザイン』と説明しているのを受け、『旭日旗と同じ脈絡のデザインであることを認めたのだ』と揚げ足取りともいえない批判を展開している」

・「さらに、3月19日には保守系政党・セヌリ党の国会議員がネットメディアで『あの胸のデザインは誰が見ても旭日旗だ。戦犯国家の日本はFIFAの規定を破ろうとしている。これはW杯の政治利用だ。相応の制裁を与えるべきだ。FIFAが公式サイトで販売している日本代表のユニホームを販売してはならない』と主張し、『韓国政府と大韓サッカー協会も、この問題にふさわしい対応をしなければならない』と突き上げたのだ」

・「『旭日旗』批判は、ロンドン五輪の§独島パフォーマンス』でFIFAから処分された屈辱的事態を受け、ロンドン五輪の日本体操選手の朝日をデザイン化したユニホームを『日本軍国主義を表すものだから政治的行為にあたる』とでっち上げる形で批判。これが反日情緒に乗って急速に広まったものだ」

・「反日情緒が法律や規則より優先される韓国(解説:憲法の上に、国民情緒法が有ると揶揄されている)では、日本を誹謗中傷することに対して『反日無罪』が堂々とまかり通ることを実証する好例だ。産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏は『(韓国は)法治国家ではなく『放置国家』である』と著書で記しているが、まさにその通り」

・「旭日旗は朝日を図案化したものであり、軍国主義の思想はない。だから、国際オリンピック委員会(IOC)やFIFAは政治的表現禁止規定に背くものではないとしている。韓国のネットユーザーは『FIFAのブラッター会長は日本人からまた裏金をもらったんだね』『W杯をボイコットしなきゃ』などと見当違いの批判をする」

・「これに対し、日本のネットユーザーは『最近になって思いついた反日設定を何の疑問もなく主張できちゃうのが凄い』『本当は分かっているけど、退くに退けなくなったんじゃないのか』など呆れるしかない。W杯まであと2カ月。開催が近づけば、この問題はもっと過熱すると懸念する声は多い」・・・

« 生存率は37.8%だそうな:セウォル号大惨事 | トップページ | 「チョットオバマ」に大きな土産は不要 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サウスコリアは法治でなく、放置国家である!:

« 生存率は37.8%だそうな:セウォル号大惨事 | トップページ | 「チョットオバマ」に大きな土産は不要 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト