« 全く同情しない:チャイナの飲み水問題 | トップページ | NYタイムズも馬脚:サヨク学者・玉本偉の暗躍 »

「心・気・体」:キム・ヨナの銀

2014年03月21日
(「心・気・体」:キム・ヨナの銀)

http://news.nifty.com/cs/sports/athleticdetail/kyodo-2014032101001861/1.htm

・柔道も馬鹿集団で野球は棒振りで、相撲はチョンマゲデブだから、いつの頃からか「心・気・体」が「心・技・体」に誤用されたのをそのまま信じている。

・「体」とは体格のことだけでなく、その「体」に叩き込まれた「技」「技巧」も表している。相撲ナンザ、行司が「ハッケヨイ!」ということで分かるだろうに。「ハッケヨイ!」とは「発気良いか?」と言っているのであって、「気力は充満、発しているか?」と言っているのだ。

・気功術、気功道が有るように、「気」は自分を律し、敵を圧するものである。「心」は「風林火山」に例えられるように「不動心」を表し、「体」は体力・技巧を表し、それらを総合して敵に当たる「気」は、格闘技では最も大切なもの=発気である。

・だから「空手道」は正しい。今も「心・気・体」を変わらず教えている。相撲だって、双葉山の頃の写真には、土俵入りの化粧回しは、「心」が双葉山本人、「気」と「体」が露払い・太刀持ちだったと記憶しているが。

・さてその「心・気・体」だ。ソチ五輪女子フィギュア・フリーのあの日、銀のキム・ヨナも銅のカトリーヌ・コストナーも守りに入っており、「発気」が劣っていたように感じている。その点、金のソトニコワは溌剌と天衣無縫で、攻めて攻めて発気して発気して、金メダリストになるのが当然の演技だった。

・コリアンが「己の非を認めたがらず」「ウリジナルで」「OINK」だということは世界中がもう、ウンザリしている。私が「カタリナ・ビットの再来!」とキム・ヨナが好きなように、彼女のファンは世界中に居るだろうに、サウスコリア・コリアンのこの執拗さで、「もう勘弁してくれろ!」とキム・ヨナファンも退いているだろ?

・プーチン大王だって、ここまでしつこくやられたら、ソチ五輪に対する否定のように感じて、面白かろう筈も無かろうて。パックネも、「もう、止めなさい!」くらい言わないと、大統領の威厳に傷がつくぜ?いや、パックネが執拗だから、「反日と執拗は『マンセー!』」なのか?

・ニフティニュースから、共同通信の記事を以下。

・「【韓国、ソチ『銀』に不服申し立て】共同通信 2014年3月21日(金)21時15分配信」

・「【ソウル共同】韓国の大韓体育会は21日、ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子で、韓国のキム・ヨナ選手が銀メダルに終わったことを不服とし、審判団の構成に関する異議を国際スケート連盟(ISU)に申し立て、調査を求めることを決めたと明らかにした」

・「キム選手は開催国ロシアのアデリナ・ソトニコワ選手に敗れた。キム選手自身は判定への不満を口にしていないが、所属事務所を通じ『体育会の(申し立ての)決定を尊重する』とのコメントを出した(解説:何だ?やっぱ嫌な小娘だ!)。韓国では現在でもキム選手が本当の金メダリストだと主張する声がある」・・・

・どんな声が有ろうが、「己の非を認めたがらず」「ウリジナルで」「OINK」な民族であることは世界中に知れ渡っている。そのうちみんな、「付き合いは止めようぜ!」になるぞ!

« 全く同情しない:チャイナの飲み水問題 | トップページ | NYタイムズも馬脚:サヨク学者・玉本偉の暗躍 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「心・気・体」:キム・ヨナの銀:

« 全く同情しない:チャイナの飲み水問題 | トップページ | NYタイムズも馬脚:サヨク学者・玉本偉の暗躍 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト