« 天才:芦田愛菜ちゃんのこと | トップページ | 北の富士の苦言 »

鶴竜、おめでとう!

2014年03月23日
(鶴竜、おめでとう!)

http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20140323-OYT1T00382.htm

・いやぁ、私の予想に反して、いなし・はたきは無しで、大関・琴奨菊とガップリ四つの「大関相撲」で、鶴竜は見事に初優勝を手にした。白鵬Vs.日馬富士の横綱決戦の取り直しの面白かったが、白鵬も余程右腕が悪いのだろう。取り直し後の一番は、全く戦意が感じられなかった。

・それにしても鶴竜、頑張って良かったね。井筒部屋からの横綱誕生は、実に91年ぶりというから、小部屋からの横綱誕生も併せて祝福したい。これで東西三横綱が全部モンゴリアンになるが、しゃぁない!日本の青少年は「相撲より野球、野球よりサッカー」の時代だから。

・グーグルニュースから、読売新聞の記事を以下。

・「【鶴竜、横綱昇進確実に…71代・外国出身6人目】読売新聞 2014年3月23日19時19分」 

・「大相撲春場所は23日、大阪府立体育会館(ボディメーカーコロシアム:解説:大阪人はなんちゅう名前付けとるんや!)で千秋楽を迎え、モンゴル出身の大関鶴竜(28)(本名マンガラジャラブ・アナンダ、井筒部屋)が14勝1敗で初優勝を飾り、場所後の横綱昇進を確実にした」

・「鶴竜は琴奨菊を寄り切り、初の賜杯獲得。優勝同点の初場所に続く14勝の好成績となった。鶴竜は『一生懸命努力して皆さんに喜んでもらえる相撲を取っていきたい』と語った」

・「日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)は、24日の横綱審議委員会に鶴竜の横綱昇進を諮問する。横審の昇進内規は『2場所連続優勝またはそれに準じる成績』となっている」

・「横審の推薦を受け、26日の夏場所番付編成会議と理事会で昇進が正式に決まり、『第71代横綱鶴竜』が誕生する。新横綱は、2012年秋場所後に昇進した日馬富士以来で、外国出身では6人目となる」(解説:念のため6人とは、1.曙、2.武蔵丸、3.朝青龍、4.白鵬、5.日馬富士、6.鶴竜・・・モンゴリアンでは4人目)

・何にしても努力で、「筋肉増量10kg」の鶴竜の体は凄い!

« 天才:芦田愛菜ちゃんのこと | トップページ | 北の富士の苦言 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴竜、おめでとう!:

« 天才:芦田愛菜ちゃんのこと | トップページ | 北の富士の苦言 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト