« そんな能書き垂れてんなら証人喚問に出ろ!:河野洋平 | トップページ | 未だやってんだ?:社民党大会 »

何度観ても泣ける:真央ちゃん賛歌四度(よたび)

2014年02月23日
(何度観ても泣ける:真央ちゃん賛歌四度(よたび))

http://news.livedoor.com/article/detail/8565875/

・ボサーッとテレビを観ていたら、浅田真央ちゃんのフリーを又(何度でも)やっていた。漫画家の倉田真由美がフリップに、「何度でも泣ける」と漫画入りで描いていたが、「その通りだなぁ」と思いながら観ていたら、大事なことを教えられた。

・以前風邪で高熱を出した男子選手が、「練習が出来てないので無理です」と言うのを佐藤信夫コーチが、「大丈夫だ、やってみろ。若しリンクで倒れたら、俺が助けに行ってやる」と激励し、8位入賞させた話が出て、前夜よく眠れなくて硬い表情の浅田真央ちゃんに同じことを言ったのだという。

・「リンクで倒れたら、先生が助けに行ってやるから大丈夫だ。思い切りやって来なさい」と。言葉は、人と人とのコミュニケーションで大切な手段だ。浅田真央ちゃんはこの言葉で腹が括れ、背中を押されてフリースタイルに挑んだのだと思う。

・真央ちゃんで霞んでしまったが、上村愛子のモーグル4位入賞も、メダルこそ取れなかったが今回の「チームジャパン」にどれだけ力を与えてくれたであろう。ロシアの記者は、「青ざめて」「しかし何度でもトリプルアクセルに挑む」真央ちゃんに「サムライ」を重ねたらしい。とうとう真央ちゃん賛歌も4度目になってしまった!

・ライブドアニュースから、J-CASTニュースの記事を以下。

・「【浅田真央 世界で愛される理由  ピュアな『サムライ魂』に感動】J-CASTニュース 2014年02月23日17時35分」

・「真央ちゃんスマイルに世界がメロメロ ソチ五輪・フィギュアスケート競技は招待選手が参加したエキシビションで幕を閉じた。女子6位入賞の浅田真央選手は、完璧な演技で『うれし涙』を流したフリーから一転、笑顔いっぱいのスケーティングで観衆を魅了した」

・「メダルには届かなかったが日本中、いや世界中に感動をもたらした。ショートプログラムで味わった『どん底』からわずか1日、覚悟をきめてリンクに上がり最高の結果を残した姿に、海外からも『サムライだ』との声が上がった」

・「『笑顔って素晴らしいんだなと伝えたかった』・・・エキシビションで浅田選手が選んだ曲は『スマイル』と『この素晴らしき世界』だった。冒頭から微笑みがあふれ、のびのびとエレガントに、時にコミカルに舞う」

・「滑っている最中は笑顔が絶えない。緊張感が最高潮に達していたショート、フリーの戦いを終えて心からスケートを楽しんでいるように見えた。その後も、仲の良い高橋大輔選手と氷上でダンスを踊ったり、終了後に海外の選手を交えて大勢で撮った記念写真で『変顔』を披露したりと、リラックスムードあふれていた」

・「演技後のインタビューでは、曲名と重ねて『この『スマイル』を、見ている方に伝わればいいなと思いました。くじけそうなときもつらいときも、笑顔って素晴らしいんだなと伝えたかった』と話した。ソチ五輪はどんな大会だったか感想を聞かれると、しばらく考えた後で『バンクーバー(五輪)もソチも、最高の五輪でした』とはっきり答えた」

・「『真央ちゃんスマイル』にハートをつかまれた人は少なくないようだ。エキシビションを見た人たちがツイッターに、『やっぱ、浅田真央は笑顔で楽しそうに伸び伸び滑ってる姿が一番好き』『真央ちゃんの笑顔も演技も大好き』『笑顔が素敵で、のびのびと滑っていましたね』といった書き込みが多く見られた」

・「これほど日本中で愛されるアスリートも珍しいのではないか。2014年2月23日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、浅田選手の『愛される理由』を取り上げた」

・「スポーツジャーナリストの石川顕氏は、小さいころからテレビに出演し、『国民的な娘、孫のような存在』として手放して応援したくなる存在なのだという見方を示した。また23歳の今日までスキャンダルとは程遠く『純粋でピュア』なところも好感度が高いのだという」

・「■中国でも浅田選手を称える書き込みが17万件・・・海外からも、浅田選手のソチでの演技に称賛の声が飛ぶ。ツイッターには『マオ・アサダ大好き。(エキシビションでの)パフォーマンスは満面の笑みだわ』(米国人女性)」

・「『日本のマオ・アサダは五輪出場のフィギュアスケーターの中で最も好き』(英国人)、『マオは最高だった。2018年(の平昌冬季五輪)には戻ってきてほしい』(米国人女性)と、世界にその魅力が広まったようだ。中国では、ミニブログ『微博』に浅田選手を称える書き込みが17万件に上ったとも伝えられた」

・「エキシビションで心からの笑顔を見せられたのは、これまでに幾多の試練に見舞われ、それでも最後の最後で自身も納得できる最高のスケートができたからに違いない」

・「2月22日付の日刊スポーツは、ロシアの地元紙記者が浅田選手について『サムライを見た』との記事を書いたと報じた。誰にもまねのできないトリプルアクセルに挑み続けたスピリットに、メダル競争とは別次元の尊さを見いだしたようだ。『サムライにとって唯一の勲章は不朽の名声だ』と、手放しで喝采を送っていた」・・・

« そんな能書き垂れてんなら証人喚問に出ろ!:河野洋平 | トップページ | 未だやってんだ?:社民党大会 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何度観ても泣ける:真央ちゃん賛歌四度(よたび):

« そんな能書き垂れてんなら証人喚問に出ろ!:河野洋平 | トップページ | 未だやってんだ?:社民党大会 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト