« 真央ちゃんに嬉しい話2つ | トップページ | キム・ヨナは爽やかなのに »

軍曹月収15円、PP姐ちゃん1500円!

2014年02月21日
(軍曹月収15円、PP姐ちゃん1500円!)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131105/plc13110509210006-n1.htm

・GHQ占領時代、日本のパンパン姐ちゃん(以下PP姐ちゃん)の見入りも良かった。親戚にPP姐ちゃんが居ないのが悔しいほど、PP姐ちゃんの遠縁のクソガキからは色んなものを恵んで貰った。

・ハーシーズの板チョコの数欠片で魂は消し飛び、缶入りのピーナッツには、不覚にも左目からポロリと涙さえ出た。日本が朝鮮半島でやった罪というのなら、「強制連行」とか「性奴隷」という敵さんが喚く嘘ではなく、「PP姐ちゃんは儲かる!」ということを教え込んだことではないのか。だって下士官が月収15円なのに、PP姐ちゃんは1500円(ナ、ナント100倍!)だったんだぜ!

・だからこれに味を占めてしまったこの国は、未だに80000人だったかの海外PP姐ちゃんが稼ぎ頭で国のGDPさえ支えている。だから日本が罪深いとしたら、「手っ取り早く儲かるのは、PP姐ちゃん!」を教え込んだことだわ、きっと!

・MSN産経ニュースの記事を以下。

・「【米側資料の慰安婦は『大金稼ぎ欲しいもの買えた』 韓国主張の性奴隷とは異なる風景】MSN産経ニュース 2013.11.5 09:20」

・「根拠なく慰安婦募集の強制性を認めた河野談話が出されて以降、世界で慰安婦イコール性奴隷と流布されているが、現実はどうだったか。過去の米国の資料からは、それとは全く別の慰安婦像が浮かび上がる」

・「米国戦争情報局資料『心理戦チーム報告書』(1944年10月1日)は、米軍がビルマ(現ミャンマー)・ミートキーナ(同ミチナ)で捕らえた朝鮮人慰安婦20人らから尋問した内容をまとめている。それによると慰安所における慰安婦の生活の実態は、次のように記されている」

・「『食事や生活用品はそれほど切り詰められていたわけではなく、彼女らは金を多く持っていたので、欲しいものを買うことができた。兵士からの贈り物に加えて、衣服、靴、たばこ、化粧品を買うことができた』」

・「『ビルマにいる間、彼女らは将兵とともにスポーツを楽しんだりピクニックや娯楽、夕食会に参加した。彼女らは蓄音機を持っており、町に買い物に出ることを許されていた』」(解説:ナント豪勢な!)

・「報告書はまた、『慰安婦は客を断る特権を与えられていた』『(日本人兵士が)結婚を申し込むケースが多くあり、現実に結婚に至ったケースもあった』と書いている。
(解説:しっかしま、「やはり野に置け 蓮華草」だったろうなぁ?)

・「雇用契約に関しては、慰安所経営者と慰安婦の配分率は50%ずつだが、平均月収は1500円だった(当時の下士官の月収は15円前後)」

・「国連人権委員会に96年、慰安婦を性奴隷と位置づける報告書を提出したクマラスワミ特別報告官と会い、慰安婦問題について説明したことがある現代史家の秦郁彦氏は次のように語る」

・「『クマラスワミ氏は、河野談話は『強制連行』とは書いていないが、それを否定していないと解したのだろう。河野談話は日本政府の談話であり、国連などの場で他者を説得するには一番便利だ。また、外国人の感覚では『悪いことをしたから謝るのだろう。やはり強制連行をしたのだ』と受け止めるのも無理はない』」・・・

・ケッ!馬鹿馬鹿しい。河野洋平は国賊中の国賊だから中々出てこないだろうが、副官房長官だった石原信雄は「参考人承知」に応じるらしい。だったらそれが済んだら、河野洋平は、いきなり「証人喚問」で呼び出してやれ!あと生きて何年やら?反省しホントのことを話して、あの世へ旅立った方がエエぞ!

« 真央ちゃんに嬉しい話2つ | トップページ | キム・ヨナは爽やかなのに »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍曹月収15円、PP姐ちゃん1500円!:

« 真央ちゃんに嬉しい話2つ | トップページ | キム・ヨナは爽やかなのに »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ
フォト