« こんな巨大都市の首長を、東京都有権者が決められる危うさ | トップページ | ゆっくりと、偉大な研究者の横顔を »

次から次へ、日本の科学の進歩!

2014年01月29日
(次から次へ、日本の科学の進歩!)

Photo_2

http://apital.asahi.com/article/news/2014012900007.html

・これで決して、山中伸弥京都大教授のips細胞ノーベル賞が翳ることはないのだが、日本人の科学脳は、一体何処まで拡がって行くのだろ?

・ips細胞だって驚異的なものだったのに、今度はそのips細胞より簡単に万能細胞ができるということだ。26日、28日と、がん患者を励ます投稿を続けてきた私だが、これはもう、ホントに「がんは注射か投薬で治る」ことが目前ではないのか?

・がんばろうぜ!全国のがん患者の皆さん!空元気でも掛け声でもなく、日本の科学者、医学者たちはもう、ここまで来てくれている。ここで死んでちゃ、彼らの努力に申し訳が無い。頑張りましょう!

・毎日新聞から理研の記事を以下。

・「【新しい万能細胞作製に成功 iPS細胞より簡易】理研 2014年1月29日」

・「STAP細胞について説明する理研発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子ユニットリーダー」

・「新型万能細胞(STAP細胞とは)・・・理化学研究所などが、まったく新しい『万能細胞』の作製に成功した。マウスの体の細胞に、外部から少し刺激を与えるだけで初期化が起き、どんな細胞にもなれる万能細胞にかわる」

・「いったん役割が定まった体の細胞が、この程度の刺激で初期化することはありえないとされていた。生命科学の常識を覆す画期的な成果だ。29日、英科学誌ネイチャー電子版のトップ記事として掲載された」

・「理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダー(30)らは、新たな万能細胞をSTAP(スタップ)細胞と名付けた。STAPとは『刺激惹起(じゃっき)性多能性獲得』という正式名を英語で表記した頭文字だ」・・・(続く)

・(【織伊友作の時事巷談】【織伊友作のがん患者への応援歌】同時掲載)

« こんな巨大都市の首長を、東京都有権者が決められる危うさ | トップページ | ゆっくりと、偉大な研究者の横顔を »

心と体」カテゴリの記事

コメント

今日朝、寝床でぼんやり見てたTVに突然表れた、素晴らしい話題と若い美人にびっくりして、飛び起きました。彼女は,しののめの空に燦然と輝く、『明けの明星』です、『希望』デス。人跡未踏の大仕事、人類の宝です。    こいつは春から縁起が良いわい!!!

名無し様、

コメント、有難うございました。特級の美人でもなく、おばぁちゃんの割烹着を着ているところが痺れます。何でもない顔をしていますが、彼女こそ2014年のスーパースターです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次から次へ、日本の科学の進歩!:

« こんな巨大都市の首長を、東京都有権者が決められる危うさ | トップページ | ゆっくりと、偉大な研究者の横顔を »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
フォト