« オメェらにだけは「三流」と言われたくないわ! | トップページ | 明けましておめでとうございます »

紅白はいつまで続けるの?

2013年12月31日
(紅白はいつまで続けるの?)

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/sponichi-kfuln20131231006004/1.htm

・昭和を彩った大歌手は、みんな死んでしまった。舞台に立つだけで華があった三波春夫、三橋美智也、春日八郎、村田英雄・・・数え上げたらキリが無い。本物の歌手・歌唄い・・・決して「アーチスト」だなんて言わなかった。

・今の歌唄いは、我らのクソガキの頃、「そういう口先だけの喉歌を唄ってはイケマセン!」と、音楽の先生に叱られた唄い方ばかりで、耳が痛くなる。

・そうだなぁ、紅白直前の「レコ大」も一生懸命観ていた時も有ったが、橋幸夫の【霧氷】が大賞を取ってから、その胡散臭さに翌年から観なくなった。1966年だったと思うから47年前、私も24歳のクソガキだった。

。そして自然に紅白の馬鹿祭りも観なくなって40年にはなるなぁ。昔は平面的な舞台の飾り付けで貧乏臭かったが、歌手の歌唱力と華がそれを充分カバーしていた。今のビームとストロボ光線が入り混じる舞台では、「よく転倒などの事故が起きないなぁ?」と感心する。

・で、泉谷しげるだ。NHKもとうとう、こんな輩を出さないと人材も底を突いて来たのか?天然でカワユイ綾瀬はるかが司会をするとか、今年東北を一番元気にした能年玲奈が出るっていうので、ボクシングの合間にチラチラとは観てみたいものだが、それにしても泉谷しげる、歌も上手くないし会話も破綻しているし、何でこんなのを出すんだろ?

・ニフティニュースから、ヌポニチの記事を以下。

・「【泉谷しげる 自身のライブリハでまたイライラ…鉄拳制裁も】スポニチ 2013年12月31日(火)6時0分配信」 

・「歌手泉谷しげる(65)が30日、東京国際フォーラム(千代田区)で女性ゲストとデュエットするライブ『昭和の歌よ、ありがとう』を行った」

・前日29日に紅白歌合戦のリハーサルでサポートドラマーのミスに激怒したことを受け、デュエットした夏木マリ(61)から『二度と使ってもらえるわけない』と諭されると『出るわけない』と約1500人に意固地に宣言。終盤には『聞いた話だけど、俺だけ生であとはみんなテープだってよ』と冗談で明かし、スタッフをヒヤヒヤさせていた」

・「この日も開演前のリハーサルでスタッフに吠えた。『花』を歌った際にデュエット相手の手嶌葵(26)がスピーカーの音量を上げてと依頼。だが、一向に状況が改善されず、業を煮やした泉谷が男性スタッフへ詰め寄り、怒りの鉄拳制裁」

・「午後4時の開場時間が過ぎてもリハが終わらず、所属事務所は『お客さんを待たせて申し訳ないという気持ちがイラ立ちにつながったようです』と説明した」・・・

« オメェらにだけは「三流」と言われたくないわ! | トップページ | 明けましておめでとうございます »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅白はいつまで続けるの?:

« オメェらにだけは「三流」と言われたくないわ! | トップページ | 明けましておめでとうございます »

最近のトラックバック

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト