« 安倍ちゃん靖国参拝 | トップページ | 細野よ、早く離党しろ!:売国民主に明日は無い »

田中マー君からキックバック

2013年12月26日
(田中マー君からキックバック)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00000006-sanspo-base

・あのドケチで有名な楽天・三木谷オーナーが、こんなにスンナリと田中マー君のMLB行きを容認する筈もないと思っていたら、「田中マー君が手にする金からの寄付」で渋々容認したようだ。

・恐らくポスティングで、「50億円は堅い!」と踏んでいたであろう三木谷は、新ポスティングシステムで「20億8000万円が上限」と聞かされて仰天したと思う。しっかしま、その新ポスティングシステムは、選手にとってはパラダイスだ。

・田中マー君は、「100億円は手にするだろう」と米紙が騒いでいる。とすれば1.ヤンキースか、2.ドジャースか?私は高額選手でアップアップのヤンキースより、ドジャースが有利と読んでいるが?

・で、田中マー君の「寄付」ってか「キックバック」の額だ。1億や5億ではなく、私は「20億円ではないか?」と思っている。三木谷としてはそれで約50億円弱の金になる。そこで「楽天市場人気」のためにも、放出決断したのではないか?あくまで「下衆の勘ぐり」だが。

・YAHOOニュースから、サンケイスポーツの記事を以下。

・「【楽天苦渋の決断に…男気マー君『寄付』で恩返し】サンケイスポーツ 12月26日(木)7時0分配信」 

・「楽天は、レギュラーシーズン24勝無敗のエースを米大リーグへ放出する決断を下した。16日までに容認の球団方針を固めていたが、立花陽三球団社長(42)は、上限2000万ドル(約20億8000万円)に定められた譲渡金への不満を表明。利害関係者を納得させるための説得材料を求めてきた。同社長は、田中自身から寄付の申し入れがあったことを明かした」

・「正午過ぎ、報道陣であふれかえる会見場に立花球団社長は姿を見せた。手にした紙を読み上げるその神妙な表情に、今回の決断が球団にとっていかに重く、そして苦しかったかが表れていた」

・「『日本一はもちろん、入団以来7年間の田中将大投手の貢献を球団は高く評価しております。こういった点を十分に考慮し、三木谷浩史オーナーは今回の田中選手のメジャー挑戦の希望を容認し、ポスティングシステムの申請を行うことを決定いたしました』」

・「日米間で新制度に合意したのが17日。球団ではその時点で、田中の移籍容認の方針を固めていた。だが譲渡金の上限が2000万ドル(約20億8000万円)に設定され、納得できない点も増えた。ステークホルダー(利害関係者)の間にも、不利な条件で絶対的エースを失うことへの抵抗感も渦巻いた」

・「立花社長は、球団スポンサーや楽天本社の株主などのステークホルダーを説得し、同意を取り付けることに奔走。『(制度の合意から)引っ張った、というよりは、むしろ早い決断ではないかという風にご理解いただけたら』と強調した。その上で『万が一、交渉が不調に終わった際にも当球団は田中投手をいつでも受け入れる準備をしてあることをお伝えさせていただきました』と“未練”ものぞかせた」

・「譲渡金で球場改修や、選手の環境整備を進める方針だ。さらに会談では田中から『できるかぎりの協力や寄付をしたい』と申し出があったことを明かした。球団では田中の意向をくんで球場改修や、仙台、東北への地域貢献などを進める」

・「『俺は最終的に行けると信じていたし、行かしてやりたいという気持ちだった。俺が一番、現場の立場として大変なんだから。それでもいい。チャレンジさせていい。俺は楽しみ。良かった、良かった』。星野監督も球団を通じてコメントした。球団にとっては苦渋の決断となったが、評価する声が多いのも確かだ」・・・

« 安倍ちゃん靖国参拝 | トップページ | 細野よ、早く離党しろ!:売国民主に明日は無い »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

[兼六坂ランダムウォーク ~ 弁護士 山岸陽平 Weblog ~]様、

TB,有難うございました。やっぱドジャースは競り負けたのですね。しっかしま、マー君にとってもヤンキースが良いに決まっています。ただマー君にいくら男心が有っても、楽天球団にキックバックすることは禁じられているようで残念です。

風邪で臥せっていて、お返事がおくれました、すみません。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田中マー君からキックバック:

» 楽天・田中将大 ヤンキースと7年契約 [兼六坂ランダムウォーク ~ 弁護士 山岸陽平 Weblog ~]
楽天・田中将大 ヤンキースと7年契約 大リーグへの移籍を目指していたプロ野球・楽天の田中将大投手が、ヤンキースと7年契約を結びました。 契約の詳細は明らかにしていませんが、アメリカのメディアは年俸の総額は1億5500万ドル(日本円でおよそ161億5000万円)に上ると伝えています。 田中投手は先月、楽天に大リーグ挑戦の希望を伝えました。 それを認めた楽天は、先月25日にポスティングシステムの利用を申請し、日本時間の25日の朝まで、獲得を希望するすべての球団と交渉できることになっていました。 交渉の最... [続きを読む]

« 安倍ちゃん靖国参拝 | トップページ | 細野よ、早く離党しろ!:売国民主に明日は無い »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト