« 領海拡げる孝行息子になるか?:小笠原の噴火 | トップページ | キルギス大統領の「見立て」がアホ:サウスコリア議会見学 »

秀吉に朝鮮侵略の意図は無かった!:憲政史研究者・倉山満

2013年11月22日
(秀吉に朝鮮侵略の意図は無かった!:憲政史研究者・倉山満)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131118-00538293-sspa-soci

・作家・津本陽氏の大作=【夢のまた夢】は、秀吉の一代記を書いた傑作だが、ここまで「太閤秀吉となった晩年の栄耀栄華」を詳細に書かれたものは過去に無い。

・その中での朝鮮出兵は、朝鮮交易で食っていた対馬の「宋家」による、多分に「内股膏薬」的な外交に秀吉が乗せられたと感じさせる箇所が多々有る。だから秀吉としては「明国征伐」が主旨であり、「朝鮮は道案内する味方」と感じていたのであろう。

・ところが、朝鮮は明に対する忠誠心が厚く、図らずも「朝鮮侵略」の形勢になって行った記述は、旺盛な取材の賜物であると感じる。だからこの〔憲政史研究者・倉山満〕氏の主張には、素直に頷けるのである。

・YAHOOニュースから、「朝鮮はしょせん中国史の一部」という、また彼の国が発狂して喚き散らすだろう日刊SPA!の記事を以下。

・「【『朝鮮はしょせん中国史の一部』】YAHOOニュース・日刊SPA!・倉山満 11月18日(月)9時21分配信 」

・「前回の記事( http://nikkan-spa.jp/534592 )で『韓国人の歴史観はすべてファンタジー』と切り捨てた憲政史研究者の倉山満氏だが、意外なことに『研究者として朝鮮半島はまったく視界に入っていませんでした。なんの関心を持たなくても、まったく差し障りがなかったからです』と、衝撃的な告白をする」

・「そもそも氏の専門は憲政史であり、史学では政治外交史に分類されるが、当然、周辺諸国のことも知らねばならないはずだ。なぜなのか?」

・「『朝鮮は常に〔場(Theater)〕であっても、〔主体(Actor)〕ではなかったからです。例えば、琉球という〔場〕で日本と中国という二つの〔国(Actor)〕が争うことはあっても、琉球が〔主体〕ではないことと同じ構図です」

・「朝鮮には独自の文化こそあれど、常に『中華様』の属国であり、独立した国ではなかった。日本の東洋史学界でも、朝鮮はしょせん中国史の一部。常に小国で主体性のある『国』ではなく、周辺諸国に蹂躙される『場』でしかなかったからです」

・「倉山氏はその端的な事例として『豊臣秀吉の朝鮮出兵』を挙げる。『戦国時代を統一した秀吉は海外進出を考えます。ポルトガルやスペインの来訪によって大航海時代の実態を知ったからです』」

・「『そこで手始めに『唐陣』つまり中国征伐を開始するのですが、その際に朝鮮はただの通り道でしかありませんでした。秀吉には『朝鮮出兵』を行ったという自覚はなく、本人の意識はあくまで対明征伐であり、朝鮮を対等の敵とは見做していないのです」

・「『〔明〕を宗主国と仰ぐ朝鮮は抵抗して城に立て籠もりますが、軍事大国である当時の日本軍は二時間で落とし、一か月後には首都漢城(ソウル)を攻略しています。その後、朝鮮と明は約二十四万人を動員しますが、総戦死者数は十数万人にのぼります。よく『朝鮮侵略』と言われますが、『秀吉の殺戮』と言い直したほうがいいでしょう』」

・「朝鮮はその後、満州族が建てた〔清〕を宗主国と仰ぎ従属するが、欧米帝国主義の波が東アジアにも押し寄せ、明治初期には日本と清が『1874年の台湾出兵』『1875年の江華島事件(日本と朝鮮による武力衝突)』という二つの事件によって対立する。ここでも〔場〕こそ〔台湾〕と〔朝鮮〕だが、主体はあくまで〔日本〕と〔清〕の二か国だったという」

・「『当時の日本としては安全保障上、朝鮮にはまともな独立国になってもらいたい。いつロシアが南下するとも知れず、早く半島ごと防壁になってほしいのです。そこで、日本は宗主国を名乗る清国に事あるごとに『朝鮮や台湾のやることに責任を持てるのか?』と突きつけてきたわけです』」

・「『清は『朝鮮は我々の属国ではあるが、独自の内政外交を行っているので、責任は負えない』と逃げてしまう。そこで清には朝鮮が独立国だと認めさせる布石にしつつ、現実の朝鮮には力関係を思い知らせる両睨みの交渉として、日朝修好条規という不平等条約を押し付けたわけです』」

・「日本は朝鮮を『主体』に引き上げようとする。しかし、当の朝鮮宮廷は大国に媚びては政敵を倒し、自派を拡充するという内紛に明け暮れ、主張も思想も入れ替わるため、結局『主体』にはなれず、常に日清・日露の代理戦争の〔場〕でしかなかったという」

・「『日清戦争で清が退場するとロシアに媚びるのですが、そのロシアも日露戦争で退場します。朝鮮宮廷はパニックになり、安重根の伊藤博文暗殺が引き金となって日本に併合されます』」

・「『そもそも日本の事情としては、韓国の併合には慎重でした。なぜなら植民地化すれば経済や軍事の負担は重く、日本経済が破綻しかねません。しかし、大韓帝国総理大臣である李完用の政権は心もとなく、親日派は日本への併合を望む団体をつくってまで媚びてきます』」

・「『その一方ではテロが収まる気配もない。そんな緊張関係のなかかで伊藤が即時併合論を抑えていたのに、安重根が伊藤を暗殺し、すべてをぶち壊してしまったのです。安重根が大韓帝国の愛国者であったことは否定しませんが、政治はすべて結果責任です。後先を考えない行動は愚行でしかないのです』」

・「倉山氏の新刊【嘘だらけの日韓近現代史』では、『〔日清戦争は朝鮮の約束違反が招いた〕〔日露戦争はロシアに媚びた朝鮮が招いた〕』と分析し、またその後、日本による韓国の植民地支配が『お人よしすぎたがために、大日本帝国は滅亡してしまう』という実に興味深い指摘をしている。その詳細についてはぜひ、本書で確認していただきたい。<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/岡戸雅樹>」

・「●倉山満 講演会のお知らせ・・・12月5日(木)18時30分~(開場:18時)『扶桑社新書【嘘だらけの日韓近現代史】(扶桑社)刊行記念』を東京・八重洲ブックセンターで開催いたします。※終了後、サイン会を実施予定」

・「申し込み方法は八重洲ブックセンターで新書【嘘だらけの日韓近現代史】(12月2日発売予定)をお買い上げのお客様に、1階にて参加整理券をお渡しいたします。書籍発売前のご予約は1階になります。また、お電話によるご予約も可能です。(電話:03-3281-8201)日刊SPA!」・・・

« 領海拡げる孝行息子になるか?:小笠原の噴火 | トップページ | キルギス大統領の「見立て」がアホ:サウスコリア議会見学 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秀吉に朝鮮侵略の意図は無かった!:憲政史研究者・倉山満:

« 領海拡げる孝行息子になるか?:小笠原の噴火 | トップページ | キルギス大統領の「見立て」がアホ:サウスコリア議会見学 »

最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
フォト