« 楽天・三木谷攻撃Part2 | トップページ | ココログのアクセス解析トラブル »

板東英二の嘘泣きに騙されるなよ!

2013年11月10日
(板東英二の嘘泣きに騙されるなよ!)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131110-00000054-dal-ent

・脱税王・板東英二の鉄面皮は、ヘッチャラパイで国税のCMを長く続け、当然CM料も貰いながら脱税を繰り返してきたことで証明されている。「国税の目は節穴!」と、例の毒舌で内内では虚仮にしまくって来たのだろ?

・その板東英二が、今日は「泣き落とし会見」を開いたのだという。「満州からの引き揚げ者」は、何も板東だけではない。みな戦後、辛酸を舐められたことだろうが、それと「脱税」の因果関係は全く無い。

・本日の「泣き落とし」記事を読まれる前に、今年1月の〔女性セブン〕の記事を是非どうぞ。以下。

http://www.news-postseven.com/archives/20130131_169334.html

・「【“失踪説”の板東英二を高級寿司店で目撃 『なんやコラ!』】女性セブン 2013.01.31 16:00」

・「自らが社長を務める個人事務所が、7年間で7500万円もの所得隠しを行っていたことが発覚してから1か月。『世界ふしぎ発見!』(TBS系)などレギュラー番組7本で次々と出演見合わせが発表され、テレビで板東英二(72才)の姿を見ることはなくなった」

・「さらに、名古屋市内の自宅のポストには郵便物がいっぱいで、帰宅した形跡はなく、大阪に所有するマンションにも立ち寄った様子がない。そんなことから“失踪”説が飛び出しているのだが、その板東を、本誌は東京・赤坂で発見した──」

・「1月下旬のこの日は、週末の夜ということもあって街は人でごった返していた。午後7時半を過ぎたころ、板東は女性連れで、ある寿司店を訪れた。この店は、築地はもとより全国の有名市場からネタを仕入れるとあって、平均客単価約2万円という高級店」

・「『午後9時を過ぎたころでした。“いやぁ、食った食った、もうお腹パンパンやわ!”ってお腹をポンポン叩きながら個室から出てきたのが板東さんでした。奥さんとふたりで来ていたみたいですね。板東さんは顔を赤らめ、だいぶお酒も入っているようでした』(居合わせた客)」

・「この日の板東は、脱税事件でレギュラー降板が相次いでいる身とは思えないほど上機嫌だったという。『お会計を待っている間も、“最近ワシ、ゴルフに行けてないんや。そろそろ行かな、腕が鈍ってまうわ~”なんて店主と雑談していました』(前出・居合わせた客)」

・「事件のことなどどこ吹く風、会計の最後には当たり前のようにこう申し出たという。『あ、領収書ちょうだいね』」

・「ちなみに妻のA子さん(77才)は、脱税が発覚した板東の個人事務所『オフィスメイ・ワーク』の取締役。この食事は“打ち合わせ”だったということだろうか。最後には、店主からお土産品までもらい、満面の笑みで店をあとにしたのだった」

・「店から出てきた板東を直撃すると、『なんやコラ!なんや!』と、怒鳴り、慌てて店の中に逃げ込んでしまったが、その手にはまだ領収書が握りしめられたままだった。店に戻った板東が『記者や記者!記者がおったッ!なんやねん、ホンマにもう!』と大変な剣幕でまくしたてている声が、外にまで聞こえてきた」

・「うろたえた板東は店内に籠城。しばらくすると、A子さんを先に帰し、追って本人も裏口から逃げるように退散したのだった」・・・

・以上、女性セブンの記者は、板東英二の本性をよく書いていると思う。特に、1.「あ、領収書ちょうだいね」、2.「なんやコラ!なんや!」、3.「記者や記者!記者がおったッ!なんやねん、ホンマにもう!」がリアルである。

・それでも「年内には記者会見せんとイケン」という打算から、今日の会見になったのだろうが、泣きまくって見せたらしい。「泣くくらいなら、脱税すんなよな!」と怒鳴ってやりたいが、それよか以前に、こ奴って一体、ホントはナニジンなのか?ご面相からすると、1.チャイニーズ?、2.コリアン?、3.モンゴリアン?・・・やったことからしても、4.ジャパニーズではなさそうだが??

・YAHOOニュースから、デイリースポーツの記事を以下。

・「【板東英二 仕事復帰へ執念燃やす理由とは…原体験は幼少期】デイリースポーツ  11月10日(日)17時32分配信」

・「個人事務所が名古屋国税局の調査を受け、約7500万円の申告漏れを指摘されて以後、芸能活動を休業していたタレントの板東英二(73)が10日、大阪市内のホテルで会見し、『ごめんなさい!』と謝罪した。問題発覚から約1年。沈黙を保ってきた板東がこの問題で公式に語るのは初めて」

・「会見中、何度も涙を流し、騒動を謝罪して頭を下げた。騒動によって、計8本のレギュラー番組を降板し“無職状態”にある板東は『あつかましいお願いですが、仕事をするチャンスをください』と懇願し、73歳とは思えぬ仕事への執念を繰り返し語った」

・「復帰にこだわる理由を聞かれた板東は『私は旧満州国から敗戦と同時に母親のもんぺをつかんで5歳の時に引き上げてきました。徳島の収容所に収容されて…それから…食べるものがなんにもなかったんです』」

・「『芋のつるに塩をかけて食べて過ごして参りました。ずっと夢みたのが1日でいいから3度の食事に白いごはんが食べたいなと。そう思いながら毎日、毎日生活していました』と貧しかった幼少時代を振り返った」(解説:それと「所得隠し」と、どう関係が有るんだ?)

・「そのうえで『プロ野球に入って夢かないました。そうしますと、僕はこれを逃してはならないと思い一生懸命やったんですが、解雇されて』と1959年に中日ドラゴンズに入団するも69年に引退したことを残念そうに振り返った」

・「続けて、『貧しかったことを二度としたくない思いで、ただひたすら働いても働いても、その恐怖感で、今日までやってきました』と引退後もタレントとして必死で働き続けた理由を明かした」

・「『今も僕は生活の基本は…年をとっていっても、自分自身で稼いだお金で、自分だけは…それを、まっとうしたい。どなたにも迷惑をかけてはいけない思いを、いまさらながらにしております。ですから一生懸命、まだまだ働こうと思っております』と仕事復帰への思いを語った」

・「会見の最後でも『これからも一生懸命やります』『働くこと以外に能のない男です。(解説:いやいや、脱税という立派な才能をお持ちのようで)仕事ください』と頭を下げた」・・・ケッ!嘘泣き野郎め!

« 楽天・三木谷攻撃Part2 | トップページ | ココログのアクセス解析トラブル »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 板東英二の嘘泣きに騙されるなよ!:

« 楽天・三木谷攻撃Part2 | トップページ | ココログのアクセス解析トラブル »

最近のトラックバック

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
フォト