« 買わないって言ってるのだから売るな! | トップページ | 女衒・人身売買の言葉を復活させよ! »

「困ったちゃん気質」世界1は?

2013年09月06日
(「困ったちゃん気質」世界1は?)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130906/chn13090603030001-n1.htm

・優勝候補だった北京市は、敵の山東省選手のタックルが反則・無効として抗議したが受け入れられず、「不貞腐れの貞子ちゃん」となって「北京市の選手は試合を放棄。選手はフィールドに立ったままプレーをせず」で、結果は71-0だったそうだ。

・本文の一部を借りれば、「思い通りにならないと強硬手段に出るのはスポーツの世界に限らない、(解説:「政治の世界もオンナジだ!」と言いたかったのだろ?)先ずはMSN産経のhttpから、チャイニーズ気質を示す記事を以下。

「71-0。これは現在、中国遼寧省瀋陽で開かれている全国運動会7人制ラグビー女子決勝のスコアである。点差にも驚くが、あきれたのは試合の顛末(てんまつ)だ」

・「北京市と山東省の顔合わせとなった決勝は前半、山東省が2トライを決めリードした。“事件”が起きたのは後半3分、山東省が3つめのトライを決めた後だ。北京市は山東省のタックルを反則と決めつけ、トライの無効を訴えた」

・「判定は覆らず点差が15点に広がると、北京市の選手は試合を放棄。選手はフィールドに立ったままプレーをせず、山東省はノーサイドの笛が鳴るまで次々とトライを重ねていった」

・「北京市は前半終了前に首への危険なタックルで1人が一時退出。後半のキックオフ直後にも、相手がボールをつかむ前に倒して再び警告が出された。退出時間は2分間だから、直接失点につながったわけではない。だが、北京市側は主審の判定が不公平だと不満を募らせていたようだ。絶対的な優勝候補としての“メンツ”が、愚かな行為につながった可能性もある」

・「北京市代表団は試合後、『誤った行為は体育道徳に背き、全国運動会に泥を塗った』などとする謝罪声明を出したが、思い通りにならないと強硬手段に出るのはスポーツの世界に限らない。何とも後味の悪いゲームだった」・・・

・ナニナニ、「困ったちゃん気質」は何もチャイニーズだけではなく、上には上が居る。そう、ご存知「コリアン気質」だ。先のロンドン五輪での「勝ち進める有利なブロックに行くため」、わざと負けようとした無気力試合は有名だが、1.チャイナは素直に謝ったが、2.サウスコリアは認めなかった。

・J-CASTからちょっと古い記事だが、「世界最高・超ド級・困ったちゃん」の記事を再び以下。

http://www.j-cast.com/2012/08/03141855.html?p=all

・「連日熱戦が続くロンドン五輪だが、その裏では誤審の続出や、スポーツ精神に反する無気力プレーが問題視されている。一連のトラブルでは、なぜか韓国人選手が巻き込まれているケースが多い。韓国側は裁定への不満から抗議を連発。無気力試合で失格となったバドミントンでも、『相手が先に仕掛けたのが悪い』と不服を申し立てた」

・「韓国紙は『相次ぐ誤審は欧州国家の横暴』と持論・・・今回の五輪では、誤ったジャッジが頻発している。2012年8月1日に行われたボクシング男子バンタム級2回戦では、清水聡選手の対戦相手が何度もマットに倒れ込みながらレフェリーがダウンとみなさず、判定で清水選手の負けを宣告した。勝利を確信していた清水選手側は国際アマチュアボクシング協会(AIBA)に提訴、これが認められて清水選手は一転8強入りし、レフェリーは大会から追放された」

・「韓国人選手では、フェンシング女子エペ個人の準決勝で申アラム選手が時計に泣かされた。ブリッタ・ハイデマン選手(ドイツ)との対戦で、同点のまま終了間際の残り1秒から時間が進まない」

・「映像を見ると、ハイデマン選手の攻撃が2回繰り返された後、たまらず申選手が『おかしい』とばかりに大きく両手を広げて審判員にアピールしていた。結局、3度目の攻撃を防ぎきれずにポイントを奪われて申選手は敗退。だが場内の表示板は、試合終了後も残り1秒を差したまま止まっていた。収まらない申選手は涙にくれ、抗議の意思を示すためか会場に1時間ほど座り込んだという」

・「水泳や柔道でも『不利な判定』が下されていたこともあり、韓国の世論は沸騰した。有力紙の朝鮮日報(日本語電子版)は8月1日、『タイムキーパーを務めていたのはボランティアの15歳の少女』と報じたうえ、審判の経験不足を批判した」

・「中央日報(日本語電子版)は、『なぜ韓国だけが犠牲になるのか』と疑問を投げかけ、韓国の『スポーツ外交力』の低さを原因に挙げた。(解説:お門違いだぁな。世界中からその我利我利の民族性を嫌われているんだよ!)

・「フェンシングは欧州、水泳は米国やカナダの勢力が強いと解説し、大学教授のコメントを引用して『相次いだ誤審はスポーツ強国を自負する欧州国家の横暴』と持論を展開した」(解説:そんなんは、昔から分っていることではないか?しっかしま、選手自らが抗議することは、ルール違反の『矢口真理』だ!)

・「申選手の判定について、韓国の五輪委員会が所属する大韓体育会(KOC)は国際フェンシング連盟(FIE)に抗議。その結果、申選手にはFIEから『特別メダル』が贈られることになったという」

・「それでも満足できなかったのか、KOCは国際オリンピック委員会(IOC)に対して、申選手に銀メダルを授与するように要請する可能性を、複数の韓国メディアが伝えた。実際は、申選手は3位決定戦にも敗れてメダルを逃している」

・「北京五輪の野球も『無気力試合だった』と強弁・・・誰が見ても明らかな誤審に対しては、抗議も当然だろう。だが、選手が『不正行為』で処罰されたにもかかわらず、強引に覆そうとする姿勢はいただけない」

・「バドミントン女子ダブルスでは、韓国ペア2組が無気力試合を理由に失格処分を受けた。同じく失格となった中国ペアは非を認めて謝罪、チームも裁定に従った。しかし韓国側の対応は違った。国際バドミントン連盟(BWF)に抗議したのだ」

・「8月2日付の中央日報(日本語電子版)はその趣旨について、『中国はこれまで何度か無気力試合をしてきたが、BWFは黙認した』ことを挙げたと説明した。韓国メディアの中には、『先に中国が無気力プレーを仕掛けてきた』と自国の選手を擁護する論調もある。だが試合映像を見ると、韓国ペアもわざとサーブを外したり、シャトルを追わなかったりとベストを尽くしていない様子は明白だ」

・「しかも次の試合で、別の韓国ペアがインドネシアペアとの試合で無気力プレーをしている。少なくともこの試合では中国は何の関係もなく、主張は説得力をもたない。結局、BWFは抗議を却下した。さすがにこの韓国側の姿勢には、日本のインターネット掲示板でも『駄々をこねているだけ』『いいがかりだ』と呆れている様子が見てとれる」

・「ところが火の粉は、日本にも飛んできた。朝鮮日報(日本語電子版)は8月3日、『シドニーや北京でもあった無気力試合』と題した記事を掲載。2008年の北京五輪で行われた野球の予選ラウンド最終戦、日本は米国戦でチームの柱と期待されたダルビッシュ有投手(現テキサス・レンジャース)を2回で交代させ、打者も空振りを繰り返す『無気力試合』を演じたと指摘した」

・「『負ければ決勝トーナメントで、優勝候補だったキューバとの対戦が避けられる』ための措置だったとしている。だがダルビッシュ投手は、予選開始当初から調子が上がっていなかった。決勝トーナメントへ向けての調整登板と考えれば、短いイニングで降板しても不思議はない。打線はもともと貧打が悩みとなっていて、総得点は予選落ちした台湾やカナダと比べても1点多いだけだった。バドミントンのペアのように、どう見ても負けようとしている試合運びと比べるのは無理のように思える」・・・

« 買わないって言ってるのだから売るな! | トップページ | 女衒・人身売買の言葉を復活させよ! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「困ったちゃん気質」世界1は?:

« 買わないって言ってるのだから売るな! | トップページ | 女衒・人身売買の言葉を復活させよ! »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト