« お蔭様で、50万アクセス達成! | トップページ | 反日!反日!で国は立ち行くのか? »

満喫した!:エレーナ・イシンバエワ劇場

2013年08月14日
(満喫した!:エレーナ・イシンバエワ劇場)

Photo_2

http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20130814/spo1308141207002-n1.htm

・いやぁ、これほど大観衆にってより、世界中に愛されているアスリートが他に居るのだろうか?どこまでもひたむきに、猛禽類に似た眼差しでポールを掲げて高飛びのバーに向って走る姿は、いつ観ても感動させられる。

・更に今回の世界陸上で引退という報道が流れていたので、この爺も明け方まで一生懸命応援した。会場も殆ど帰ろうとしていなかった。そこは正に、「エレーナ・イシンバエワ劇場」だった。ZAKZAKのhttpから、記事を以下。

・「女子棒高跳びで5メートル06の世界記録を持つ31歳のエレーナ・イシンバエワ(ロシア)が4メートル89で3大会ぶり3度目の優勝。地元で復活Vを果たし、2008年北京五輪以来の女王に返り咲いた」

・「『きょうのメダルが一番いとおしい。これまで、たくさんの負けを経験したから』・・・ロンドン五輪女王のサー(米国)と今季世界1位の4メートル90をマークしているシルバ(キューバ)との争い。真っ先に4メートル82を跳び、4メートル89は1回でクリアして重圧をかけた」

・「優勝が決まるとスタンドに駆け寄って喜びを爆発させた。大観衆が見守る中、5メートル07に挑戦。通算29度目の世界記録更新はならなかったが、『エレーナ』と連呼する大歓声で場内の興奮は最高潮に達した。『みんなが背中を押してくれた。気持ちよく跳べた』と感謝した」

・「大会前の引退報道はあらためて否定。『子供が欲しい。1年8カ月あれば復帰できる。リオデジャネイロ五輪には間に合う』。当面は休養した上で競技を続けるつもりでいる」・・・

・ロシアの国旗を掲げながら、スタンドの観衆に何度も側転をして見せたイシンバエワ。元々が体操選手で、「背が高すぎる」という理由で棒高跳びに転向している。優勝後の側転もだが、バーを飛び越える瞬間の身のこなしに、「元体操選手」の優雅な体の使い方が垣間見える。

・ママさんになっても頑張って貰いたい「美神」である。写真は、桐山弘太氏の映像を拝借。

« お蔭様で、50万アクセス達成! | トップページ | 反日!反日!で国は立ち行くのか? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満喫した!:エレーナ・イシンバエワ劇場:

« お蔭様で、50万アクセス達成! | トップページ | 反日!反日!で国は立ち行くのか? »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト