« コキュ:寝取られ男 | トップページ | 人身売買と誹る前に »

「サウスコリア司法も反日」から数題

2013年07月11日
(「サウスコリア司法も反日」から、数題)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130711/plc13071108000002-n1.htm

・コリアンは何かと「未来志向!」と言うが、やっていることは「過去の日本の抉り出し」だ。そして、過去を清算(ゼニ払え)してではないと、両国間に未来はないと仰るのだ。

・しかもその過去の清算は、倭寇の昔にまで遡る。だから私は、そんな国は1.敵国か、2.敵性国と看做して、相手にすべきではないと言い続けている。敵さんは1.ゴロマキアンチャンか、2.怨霊オバハンなのである。まともに話のし様もない。

・サウスコリアでウンザリするのは、司法までが国民感情を見て、反日に走ってウケを狙うことだ。この国のどこが先進国なのかサッパリわからない。所詮はチャイナという虎の威を借る狐の国(属国)になるべきだと思うよ。先ずはMSN産経から、司法もゴッタ煮のお国事情から。

・「ソウル高裁の10日の判決は、1965年の日韓請求権協定の締結交渉で、日本側が『植民地支配の違法性を認めなかった』ことを問題視した昨年5月の韓国最高裁の判断を踏襲したものだ。歴史認識などをめぐり冷却化した日韓関係の一層の悪化は避けられそうにない」

・「最高裁は、日本が締結交渉で植民地支配の違法性を認めなかったことを理由に、個人請求権の消滅に関しては日韓両国が一致していたとみる十分な根拠がないと判断、請求権は有効とみなした」

・「訴訟は戦前、日本製鉄(新日鉄の前身)での作業に応募し日本に渡った男性(90)らが、約束と異なり過酷な労働を強いられたと訴えたものだ。これに対しソウル高裁は『日本製鉄による募集、強制労働は、日本政府の朝鮮半島の不法な植民地支配と侵略戦争遂行に直結した反人道的な不法行為』と認定した」

・「韓国の裁判所のこうした“反日”傾向が明確になったのは、2011年8月、日本統治時代の慰安婦問題をめぐり『韓国政府が具体的措置を講じてこなかったのは違憲』と憲法裁が判断して以降のことだ」

・「韓国の司法界は、政治状況や社会のムードに敏感だといわれる。日韓関係が好転しない状況下では、このような判決・司法判断が繰り返される可能性が高い。徴用労働者をめぐってはさらに深刻な問題がある。日本政府の調査・試算では、給与が未払いの徴用工は約17万人で、未払い金は当時の額で約2億8千万円に上る」(解説:別の報道では、今回は4人で@880万円だと)

・「韓国のメディアによると、日本企業が賠償の支払いに応じなければ、原告は同社の韓国内の資産差し押さえを裁判所に求めることができる。新日鉄住金は韓国最高裁に上告する方針を示したが、上告しても棄却の可能性が高い」・・・

・サウスコリア鉄鋼大手のポスコが、新日鉄住金の機密事項を多く盗用していた裁判を、一転ポスコ有利に持って行こうとする意図がミエミエだ。

・で、今度は朴槿恵大統領、日本とは当面首脳会談をしない!と出た。簡単に言えば、1.竹島は日本のモノではありません、2.従軍慰安婦には丁重に詫びを入れ、手厚い補償をしますと言わない限り、会談しても仕方が無い!と突っぱねたのだ。安倍ちゃんの当初の、「ラブコール」が今更空しいわ。同じMSN産経から以下。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130711/kor13071111400005-n1.htm

・「韓国の朴槿恵大統領は韓国メディア幹部との10日の昼食会で、日韓首脳会談の実現をめぐり『日本は今も独島(竹島の韓国名)問題や従軍慰安婦問題で韓国国民の傷に触れることを続けている』と指摘、現状では難しいとの考えを示した。聯合ニュースが報じた」

・「朴氏は『会談するとしても、そういう問題で(日本が)未来志向で進むという雰囲気の中で行われるべきだ』と述べた」(解説:日本がツンツルテンになって、初めて未来志向なのかえ?)

・「日韓は1日、ブルネイで外相会談を開催し、日本政府は『首脳会談に向けた布石』(安倍晋三首相)と捉えているが、朴氏自ら日本の前向きな変化が必要と明言したことで、会談実現は当面遠のきそうだ」

・「朴氏は『日本と会談はするべきで、それを排除するわけではない』としながらも、『会談をしたのに独島問題や慰安婦問題がそのままということになれば(日韓関係が)さらに悪化しかねない』と述べた」・・・

・グッタラグッタラと、同じ事ばかりを繰り返して言い募る民族の口から、間違っても「未来志向」などという言葉が出るのは異様である。丁度1年近く前、繰り返されるこの隣国からの「強請り・たかりにブチ切れた私の投稿記事を以下にどうぞ。

---------------------------------------------------------------------------

2012年08月28日
(ならば先ず、17年前に奪った48億円を返せ!)

http://www.j-cast.com/2012/08/28144242.html

・私は8月21日に『慰安婦問題、誤解広げたのは宮沢内閣の河野談話』なるタイトルで投稿した。httpと本文の書き出しは以下である。

http://olii-yuusaku.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-ceed.html

・「分かり易いので今回は、読売のhttpのタイトルを、そのまま弊ブログのタイトルとさせて戴こう。タイトル通りなら、自民党の大失政ではないか?宮澤ヨーダはガリガリに痩せて死んだが、河野洋平は2008年にようやく政界を引退したと聞いているだけで存命の筈だ」

・「ならば何故、国同士が戦争状態になるかも知れないデッチアゲに加担しておいて、河野洋平も自民党も黙っていられるのか?私がイマイチ自民党を全面的に信頼出来ないのは、こういう大問題をばら撒いておいて、今は高みの見物という無責任な態度に対してだ」

・「民主党などと言う、嘘八百を並べ立てて政権を奪った素人集団に、こんな瞬間湯沸かし器のようになった民族とのトラブルの打開策ナンザ無いだろ?現にセンセイ方が悪い頭を寄せ合って、サウスコリアへの抗議文の草稿を練っていただけなのだ」

・「ここは一番、生き残りの河野洋平(総理にならなかったが、自民党の総裁ですぞ!)と、現自民党幹部(うぅん、谷垣・大島・石原の、マンガトリオか?)と、朝日新聞とが正面切って、「当時の報道や談話には大きな誤りが有った!」と世界に発信すべきだろ?」・・・

・同じ思いは政権与党内にも有るようで、8月27日の衆院予算委員会で『松原国家公安委員長』が「慰安婦問題の『河野談話』閣僚で議論すべき」と発言している。J-CASTのhttpから。

http://www.j-cast.com/2012/08/28144242.html

・「2012年8月27日に開かれた衆院予算委員会で、松原仁国家公安委員長は、いわゆる従軍慰安婦問題に関して1993年、当時の河野洋平官房長官が『心からのおわびと反省』を表明した談話について、『政府が発見した資料の中には、軍や官憲による強制連行を直接示す記述は見当たらなかった。閣僚間で議論すべきだと提案することを考えたい』と述べた」

・「一方、野田首相は慰安婦問題について、1965年の日韓基本条約で解決済みであると説明。『河野談話』については、強制連行したとの事実を文書で確認できず、また日本側の証言も確認できなかったとしつつも、歴代の政権が踏襲していることから野田政権でも『基本的に踏襲する』と述べた」・・・

・それ見ろ!ハッキリ否定しないってことは、彼の国、彼の民族からすれば「認めたこと」になるのだ。彼の国、彼の民族の偏執性ってのは、日本人も嫌と言う程見せ付けられて来ただろ?それなのに未だフラフラと韓流スターを追いかけて渡韓するババたちは間違いなく国賊であるし、未だこの期に及んでも韓流ドラマを放映するNHKはじめ民放は売国放送であるし、ノンベンダラリと観ている国民は売国奴である。

・何事も「こう」と決めたらサッと動くのが肝要で、日本のポン助の寄り合いのような政治では、サウスコリアに先を越され、国会で決議採択されてしまった!時事コムのhttpから。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012082800627

・「慰安婦問題で謝罪と賠償要求=30日に国会で決議採択-韓国・・・韓国国会の外交通商統一委員会は28日、旧日本軍の元従軍慰安婦問題に関し、日本政府による被害者への謝罪と損害賠償を求める決議案を可決した」

・「30日の本会議で採択される見通し。本会議までの間に、一部文言が修正される可能性がある。決議案は、日本政府が第2次世界大戦の期間に行った慰安婦動員を人類の普遍的価値に反する犯罪行為と指摘し、日本政府が歴史的責任を受け入れ、正しい歴史教育を行うよう求めている。また、韓国政府に対しても、こうした日本に対する要求が実現するよう、政府間協議、国際社会への問題提起など外交的努力を果たさなければならないと指摘した」・・・

・こ奴らが汚いのは、竹島だけでなく、今度はこの慰安婦問題から対馬領有に至るまで、クソガキの頃から洗脳教育することだ。世界統一教会なんか見てご覧な?あのカワユイ桜田淳子なんざ洗脳されたままババになって行く。洗脳はお得意の国柄なのだ。

・だから昨日だったか一昨日だったかにも書いたが、日本の文科省のブッタルミってか、売国具合が分かる。ニッキョーソの妨害も有るだろうが、そんなん、今や20数%しか居ないんだろ?サウスコリアに対抗して、①竹島や対馬は古来日本の領土、②竹島はサンフランシスコ平和条約で日本の領有が認められながら、その交付までの間隙を突いて李承晩ラインで不法占拠されたもの、③対馬は近年サウスコリアが言い出したことで、彼の国に領有権など全く無い。

・慰安婦問題に関しても、軍や官憲による強制連行を直接示す記述は見当たらなかったものの、朝日新聞の誤報が利敵行為をすることとなった。『アジア女性基金』を通じて、彼の国の要求どおり、当時としては大金の48億円もの謝罪金を相手政府に払っている。・・・そこいらのことを、日本でもクソガキの頃からちゃんと教え込まんかい!

・で、ここにこの爺なりの提案がある。戦後日本の、サウスコリアに対する経済援助は今更言うまい。敵は日本を世界から貶めるため、「慰安婦問題一辺倒」だからだ。だから提案もこれにフォーカスする。
①日本は、(今は河野談話は信ずるに足らないが)1993年の河野談話に従い、
②1995年、『アジア女性基金』を通じて48億円を貴国政府に支払っておる。
③日本は故に、この件は解決済みとしているが、貴国が未だ不足を言われるならば、先ずはこの48億円に国債金利17年分を加えて日本に返納戴きたい。
④その上で、日本は新たな交渉テーブルに着こう!
と言ってやれ!

・どうせ政治家と役人が懐に入れて、被害者と名乗る女性らには届いていないのだろ?サウスコリアも世界第15位の経済大国で、格付け会社によれば、①日本、②チャイナ、③サウスコリアは同格なのだというではないか?

・17年前に日本から奪っておいた48億円には知らんぷりして、騒ぐだけ騒ぐたぁ、まともな国家・国民のすることではないぞ!

« コキュ:寝取られ男 | トップページ | 人身売買と誹る前に »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「サウスコリア司法も反日」から数題:

« コキュ:寝取られ男 | トップページ | 人身売買と誹る前に »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト