« 日本が南鳥島公海での、排他的探査権取得! | トップページ | クソガキも悪くなった!19日東京板橋の切り付けは嘘!) »

昨日の白鵬敗戦は、勝った稀世の里が立派!

2013年07月21日
(昨日の白鵬敗戦は、勝った稀世の里が立派!)

Photo_2 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130721-00000064-spnannex-spo

・いなされても前に落ちず、相手充分な「右四つ」ながら動きを止めずに前に出て、白鵬を寄り倒した稀世の里の相撲は、正に渾身の相撲だった。解説の九重親方(元横綱・千代の富士)が「いい相撲、歴史の残るいい相撲!」と誉めちぎっていたものだ。

・間に「引き分け」や「預り」が無くなった昭和以降の、wikiの連勝記表を,今回の白鵬までをカットして掲載しているが、http本文に有るように、「江戸時代からの長い歴史の中で過去に40連勝以上を複数回記録しているのは谷風、雷電、太刀山、白鵬の4人だけだが、必ずひとつは43で連勝が止まっている」というのが面白い。

・「複数回44連勝の壁」ってか「複数回44連勝の呪い」ってか。白鵬は昨日勝っていれば、日本大相撲史に「只一人の複数回44連勝力士」として燦然と輝くことになったのだが、立会いに1回目は突っかけたり、2回目は待ったしたりして、明らかに平静を欠いていた。本人は敗戦後、「いい夢を見させて貰った」と達観していたようだが。

・ではYAHOOのhttpから、記事を以下。

・「◇大相撲名古屋場所14日目(2013年7月20日・愛知県体育館)・・・すでに26度目の優勝を決めていた横綱・白鵬が大関・稀勢の里に寄り倒しで敗れ、連勝は43でストップ。初場所千秋楽の日馬富士戦以来174日ぶりの黒星を『いい夢見せてくれたんじゃない』とどこか達観した表情と言葉で分析した」

・「大相撲界に『43の呪い』あり。江戸時代からの長い歴史の中で過去に40連勝以上を複数回記録しているのは谷風、雷電、太刀山、白鵬の4人だけだが、必ずひとつは43で連勝が止まっている。谷風は63連勝を達成した4年後の1786年に、雷電は44連勝を達成した2年前の1797年に、太刀山は56連勝を達成した4年前にいずれも連勝が43で止まった」

・「今回の白鵬も63連勝を達成した3年後に『43の呪い』にかかってしまった」(解説:43はみな達成しているのだから、正式には『44の呪い』だと思うが)・・・

« 日本が南鳥島公海での、排他的探査権取得! | トップページ | クソガキも悪くなった!19日東京板橋の切り付けは嘘!) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

稀勢の里、ほんとにいい相撲でした!好きなタイプではないけれど、これから応援します!
今日の一番も頑張れ!

寅どしより様、

コメント有難うございました。折角誉めて、寅どしより様からもご声援戴いたのですが、今日千秋楽は琴奨菊に惨敗でした。解説の北の富士さんによれば、「全く強いのか弱いのか分らない。強いのは〔白鵬〕にだけみたいです」・・・協会は弱い横綱・〔日馬富士〕を作ってしまったので、〔稀世の里〕の昇進には慎重にならざるを得ません。

それにしても本日・千秋楽・横綱対決は、「露骨なモンゴル互助組合」の様子でした。大相撲フアンはみな、シレッとしているのではないでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の白鵬敗戦は、勝った稀世の里が立派!:

« 日本が南鳥島公海での、排他的探査権取得! | トップページ | クソガキも悪くなった!19日東京板橋の切り付けは嘘!) »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
フォト