« 馬鹿の言い分:サウスコリアメディア | トップページ | チャイナの大気汚染止まらず »

海洋王国の民が馬鹿民へ

2013年07月10日
(海洋王国の民が馬鹿民へ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130710-00000528-san-soci

・私の父は「海軍さん」である。11歳と8歳年長の兄ら2人は厳しく鍛錬され、当然「泳ぎの達者」になった。しかし末っ子の私は「金槌」のまんま71歳まで来てしまった。疎開していた折、岡山県の大河:旭川の上流で溺れてから水がトラウマになった末っ子に、「海軍さん」は鍛錬をしなかったのだ。

・しかし昔の親は、「夏に海の塩で体を焼いておけば、風邪をひかない」という言い伝えを真面目に信じ、海水浴だけは毎年連れて行かれた記憶が有る。

・その海水浴も、とうとう日本のクソガキらからは敬遠のようだ。海洋民族のクソガキとしては情無い話だが、1.プールの発達、2.海の汚染、3.安全性など、背景は様々に有るようだ。YHAHOOのhttpから記事を以下。

・「日本の代表的レジャーだった海水浴。しかし、平成に入ってからは『海水浴離れ』が進み、子供の『海嫌い』も増えているとみられる。臨海学校を実施する小中学校も少なく、『近くの海』を知らずに育つ子供が増えそうだ」

・「◆安全が確認されても・・・東京都新宿区の会社員、吉池裕美子さん=仮名=は小学5年生の次男(9)を海水浴に連れて行ったことがない。『『車がないから特別』と思っていたが、次男の学習塾でも『半数が海で泳いだことがない』と聞いて、驚いた』」

・「江東区立小学校の校長は『最近の子供は『ベタベタするから』と海が苦手。ハワイや沖縄には行くが、近くの神奈川・三浦半島には行ったことがないという家庭も多いかもしれない』と話す」

・「日本生産性本部(東京都渋谷区)の『レジャー白書』によると、昭和62、63年の海水浴参加人口は年平均約3200万人を超えていたが、平成22年は1480万人と半減」

・「23年は東京電力福島第1原発事故の影響などもあり、激減。千葉県の海水浴場などは『水質検査で安全が確認され、客足は東日本大震災前に戻りつつある』とするが、減少傾向には変化がない」

・「◆公教育も敬遠・・・公教育でも臨海学校を実施する小中学校は少数だ。宿泊体験は林間でのハイキングや田植え、スキー研修などと多様化。近海での海水浴を未経験のまま、大人になるケースが増えているとみられる」

・「小学校関係者に臨海をしない理由を尋ねてみると、肌が弱い子がいる▽7、8人に1人の職員配置が必要で費用負担が大▽臨海の経験がない教員が増え、指導が難しい-など」

・「遠泳を実施するには専門の水難救助員を雇うなど、手厚い態勢ができる私立や公立でも伝統校などに限られるのが実情だ」

・「『海=楽しい』という経験が減ったためか、『海嫌い』も増えている。日本海事センター(千代田区)が5年前から実施する『海に関する国民意識調査』(昨年6月)では、10代の『海は嫌い』は全体(7・7%)の2・5倍の19・1%に上る」

・「『海水浴と日本人』(中央公論新社)などの著者、日本大の畔柳(くろやなぎ)昭雄教授(海洋建築工学)は『室内など手近な娯楽が多く、海水浴に連れて行かない親が増えた。海は快適だが、クラゲやナマコがいたり、肌がチクチクしたりと不快な面もある。それらも含めて自然を体験してほしい』と危機感を募らせる」

・「■親の影響?自然に違和感を持ちやすい・・・ベネッセ教育情報サイトが6月、小学生を持つ保護者約1400人に『子供は海と山、どちらが好きか?』と聞いたところ、約6割が『海』または『どちらかといえば海』と回答した。

・「海が好きでない理由は、『砂がサンダルに入って気持ちが悪い。潮のにおいも嫌い』『しょっぱいから』など。海好きの中でも『山は虫が多いので苦手』と、子供の自然離れがうかがえる」

・「調査担当者は『子供の意思は親から反映されることが多い。都会育ちの親が増え、普通に暮らしていると『リアルな自然』に違和感を持ちやすい。海には海の、山には山の良さがある。意図的に自然の良い面を知る機会をつくったほうがいい』と話している」・・・

・浮き輪に捉まっていても、私は潮騒と海香(うなか)と波が好きだった。海の家で仮眠する時も、家に帰った夜も、体がフワフワと波間を漂う感覚が好きだった。「海で遊ぶ、波と戯れる、海香を胸いっぱいに吸い込む、潮騒を頭の中に駆け巡らせる」・・・文科省は「海洋国の子供の育成」として通達を出してでも小学校を指導すべきだ。

・懐かしい唱歌:【我は海の子】の1番を。「♪我は海の子白浪の さわぐいそべの松原に 煙たなびくとまやこそ 我がなつかしき住家なれ」・・・

« 馬鹿の言い分:サウスコリアメディア | トップページ | チャイナの大気汚染止まらず »

育児」カテゴリの記事

コメント

織伊さま、ただいま(うんこバック&しょんべんバック)を浮き輪代わりに泳ぎ、夜の海水浴から帰りました。日本人は海洋民族であり狩猟民族です。飼い馴らされて、農耕民族化されたのだと思います。       倭寇と言われようが、海賊と言われようが、山賊と言われようが構いません、『野生のタマシイ』を失った日本人など世界の中では『侮り』の対象でしかありません、 『海が好き、嫌い』といふレヴェルの話ではなく、日本人の自由度確保の為には、地球表面の70%を占める海洋を自由に活動出来る『胆力』を世界中に示さなければ成りません!

藤城孝久さま、

コメント有難うございました。私は金槌で海や川はダメですが、野原と樹木さえ有れば、何週間でも遊べたものです。今はディズーニーランドに代表される「遊び?の箱庭」で日本人は飼い馴らされてしまったようです。

特に日本は海洋国です。今時のクソガキに、「サンダルに砂が入って気持ち悪い」と言わせていていいのでしょうか?小学校の頃からの水泳訓練、海軍兵学校並みのカッター訓練などは必須とするべきでしょう。

敵性語だった英語訓練より、「海洋民族訓練」が先ではないかと?敗戦のドサクサに、金槌のまんま71歳になってしまった爺の切なる望みです。

日本の子供達の世界を拡げるには、三才に成ったら、フリー珍の素潜りで沈没させ、海の中には鯛や平目が舞い踊る、乙姫様の龍宮城の在る事を教え、六歳の冬には、餓鬼等を山林に追い込み、山鳥や野兎を罠で捕獲して焼いて喰らう事を教えれば、世界中何処に行っても、エリートで通用します。大切な日本男児のタマゴを小賢しい女の手から開放しなければ、日本に明るい未来はアリマセン!                    藤城

藤城孝久さま、

コメント有難うございました。我らの昔は1.みんな貧乏が平等で、2.子沢山で、自然と子供が自立していましたよね。小賢しい女の手とはあからさまには言えませんが、「雌鳥が時を告げる国は滅びる」と古代チャイナでは言っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海洋王国の民が馬鹿民へ:

« 馬鹿の言い分:サウスコリアメディア | トップページ | チャイナの大気汚染止まらず »

最近のトラックバック

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
フォト